ひとり言 ひとつふたつ詩集

沖縄から詩をつぶやきます。

しろい8月

2017-08-10 21:51:50 | 日記

                  しろい8月




             まぶしい光が射し込み
             真っ白なシャツが
             風に
             はためく
             風景が
             飛び込んだ
             輝いて



             8月のある日
             白く透き通った母が
             洗濯物を干している


             白い思い出
           


             白い砂利道
             


             ひかりが満ちて
             あちこちざわめいている
             


             これから
             生きようとした日々
             生きてきた
             母の
             白い涙を知らず



             予防注射を嫌がって
             母の腕にかみついた
             負けず嫌いの幼子
             は
             いまだに
             青白い
             さざ波を
             だきしめ
             戸惑っている




                          
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼失の八月 | トップ | 夏の終わりには »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。