ひとり言 ひとつふたつ詩集

沖縄から詩をつぶやきます。

じゅーぐや(旧暦の十五夜)

2016-10-17 21:14:00 | 日記

                           じゅーぐや(旧暦十五夜)



              満月の夜
              明るい闇に
              白い雲         
              白い花が浮かんでいる



              あたりは墨絵
              

                 
                  71年前
                  小禄の小高い丘の上
                  傷を負った娘の母が
                  壕から這い出して
                  観ていた
                  金色の丸い月




                  突然
                  壕の中で炸裂する
                  背中できいた爆発音
                  突き抜けた痛みは
                  わからない



                  それから
                  キビ畑を坊主頭で逃げまどい
                  そして
                  月に照らされた白い畦道を
                  帰り
                  赤ん坊を迎えた胸は
                  穴ぼこで
                  泣きだしそうな痩せた笑顔の写真が
                  痛々しい




         
              月は
              昨日の月
              向こうからやってきた月
              71年前の月の光が
              眼の中で
              ひかっている                  

                  
              
          
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もりぞう | トップ | どじんどす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。