TOKYO BAY AREA 

Sunset hills

byサントス

帰省

2017-01-03 19:41:02 | Talk to myself 2017

いつものように故郷へと戻る。

仕事を忘れられる唯一の時間かもしれない。

帰りの新幹線は混むこともなく席に余裕がある程の状態で、

新横浜で満席状態でした。

帰省の一日目は伊丹のイオンで待ち合わせ、

姪っ子たちと映画を観ることにした。

「君の名は。」http://www.kiminona.com/index.html

アニメと言うこともあって少し観るのに勇気もあったが、

どんどんその世界にのめり込んでしまう。

ストーリーの重なりがとてもよく描かれていて

なんかこういうこともあっていいなと思いつつ

うっすらと涙しながら楽しませてもらった。

 

翌日は京都の河原町まで行って四條通りを

松尾大社・嵐山まで3時間ほど散歩する。

体は元気だがすることもない。

ただ一日を無為に過ごしたくもなく

カメラを持って出かけたのだったが、

風景を写すこともなく帰ってきてしまった。

京都へ出かけるのなら下田調べしておくべきだったと思う。

 

お正月はというと午前中に35年来の友人に一年ぶりにあう。

練馬まつりの動画やお会式の写真をメディアで観てもらうことに。

午後からは家族でおせち料理などを楽しむ。

だんだんとおチビさんたちが大きくなり、

成長に伴ってどんどんと離れていく。

仕方のないことである。

ただ子供たちのパワーはすごいもので

こちらも元気をいただく。

 

昨日はお昼過ぎに家を出て東京まで戻ってくる。

この日の午前中に父親とともに旧家のあった土地を尋ねる。

父親の育った家はもうなく、新しく高速道路ができる。

子供のころに何度か見た風景もすっかり変わり果ててしまう。

今年の9月に開通予定である。

この道ができると慢性的に混んでいる宝塚から

西宮周辺の高速道路の渋滞が緩和されるとおもう。

 

子供のころに連れてきてもらったことがある素戔嗚神社である。

ひっそりとした小さな神社ではあるが、

元々は旧家のあった場所よりさらに山の方にあったようで、

移設の碑に祖父や曾祖父の名が刻まれていた。

だんじりや神輿こそないが、今でも村に太鼓があり

祭りの時には笛鐘太鼓が鳴り響いたそうである。

そして昔は土俵があり、村で相撲をとった話を聞かせてもらった。

どうりで心が和み落ち着く場所である。

狛犬の後ろに百度参りの石が建てられ、

昔の風習を感じることができる。

 

 

 

 

 

 

家に戻り一服したら、駅まで送ってもらいそのまんま帰る。

午後2時頃というのに川西池田駅はいつもより混んでいた。

新大阪まで混雑していたので新幹線は予想通りである。

ほぼ1時間待って新大阪始発に乗り込む。

無事に座ることも出来たのだが、

発車までの間に通路もいっぱいになる。

エアコンが効きすぎて室温が高い。

京都駅で汗だくになる。

品川までこの状態だった。

6時間かけてようやく家に着く。

今日はゴロゴロとテレビ三昧である。

溜め撮りビデオを朝からチェックする。

明日から仕事かな。

普段の日常に戻るのであった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹賀新年 | トップ | バックカメラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Talk to myself 2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。