BIGFIELD

季節の風景写真をご覧ください♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美山・かやぶきの里の雪景色♪

2009年01月17日 22時19分46秒 | Weblog


あけましておめでとうございます
ってもう17日も経ってしまいましたが…。ボ~っとしておりました。すいません
ここ数日は大変寒い日が続いておりましたが、今日の昼頃から寒波も弱まってきて、暫くは温い日が続くそうです

年末は30日に故郷(兵庫県三田市)に帰りまして、京都には1月4日に戻ってまいりました。相変わらすですが、今年もほとんど家から出ずに飲んで食っての毎日でした。何歳になっても親というものは有り難いものです。母親は数年前に脳出血で右半身をやや不自由にしているので、魚をさばいたり野菜の皮をむいたりなどというややこしい作業は父親がやっております。私はゴロゴロしてテレビを見たりしていても、両親二人がかりで作った料理が出てきます。京都での一人暮らしを考えると極楽のような日々であります。有り難いもんでございます。
4日に京都に戻ってきまして早速京都競馬場に行ってきました。例年ならJRAの年明け1回目の開催は1月5日と決まっているのですが、今年は4日が日曜日だったので4日からの開幕となりました。例年の5日開幕というのは、他の公営ギャンブル(地方競馬・競輪・競艇・オートレース)との兼ね合いのためです。結果は完敗
5~6日はカラオケビデオのロケのため高松へ。行くときには我家まで迎えにきてもらったのですが、時間はなんと午前4時半。4時起きで待ってましたが、迎えに来てくれたスタッフはなんと3時に起きたそうです。金毘羅に9時集合だったのですが、本来なら現地で前日から泊まりにして欲しいですわ。で、この日は夜の9時頃まで撮影してグッタリ。温泉に入ってすぐに就寝。6日は高松の風景を撮りながら京都に帰ってきました。めっちゃ疲れたロケでした。その後、なんやかんやしている内に今日になってしまった次第です

そして、だいぶん経ちましたが去年の有馬記念のお話。とにかくダイワスカーレットの強さが際立ったレースでした。私は京都競馬場で見ていたのですが、パドックからして違いましたね。あの2cm差でウオッカに負けた天皇賞はパドックの時点でかなりテンションが高かったようです。今回は落ち着いていました。しかも、馬体重がマイナス4kg。完璧に仕上げていました。心配されたのは14頭立ての12番枠という外枠だけでした。そしてレースはと言うと、ダイワスカーレット鞍上の安藤勝己の思惑通りのレースでした。前半はやや早めの展開で中盤はスローに落とし残り800mぐらいからはまたペースを上げて行きました。それに着いて行った先行馬は全滅。GⅠ2勝のカワカミプリンセス、GⅠ4勝のメイショウサムソン、菊花賞馬のアサクサキングス(アサクサキングスは最下位)、そして今年のジャパンカップに勝ったスクリーンヒーローも直線前からダイワスカーレットを負かしに行きましたが、もう力は残っておらずズルズルと下がって行きました。ダイワスカーレットはそのままどの馬にも影も踏ませずに快勝でした。2着以下は結局後方に居て直線だけの末足勝負に出た馬達が入りました。特に2着には最後方をのんびり走っていて直線を大外に出して突っ込んできた最低人気馬のアドマイヤモナーク。3着には中段やや後方にいた10番人気のエアシェイディ、4着には後から2頭目を走っていたドリームジャーニーが入り5着はスクリーンヒーローが入る大波乱。3連単で985,580円でした。去年の覇者で2番人気だったマツリダゴッホはスタートして他馬とぶつかり、後方になってしまって見せ場も無く12着に敗れました。
馬券の方はダイワスカーレットは勝つと思っていましたが、マツリダゴッホが大誤算。3着のエアシェイディ、4着のドリームジャーニー、5着のスクリーンヒーローは勝っていましたが、2着のアドマイヤモナークは買っていませんでした。前走のジャパンカップと前々走の天皇賞が共に12着。これではなかなか買えません。しかしアドマイヤモナークは東京競馬場のような左回りの競馬場はあまり得意ではないのです。3走前の京都大賞典では2着に来ていますので、しっかり考えればここまで人気を落とすほどの馬では無かったです。主戦ジョッキーの岩田騎手が騎乗停止になり、乗り代わりで騎手を務めた川田将雅騎手は大仕事をやってのけました。とにかく驚きました。競馬は難しい…
ダイワスカーレットはこの後はドバイワールドカップを目指して今年前半はダート路線を歩みます。日本国内でのフェブラリーステークスGⅠをステップにしてドバイに行くようです。頑張って欲しいですね~

今日のお写真
1月14日と16日と2日間にかけて京都府南丹市美山町にある「かやぶきの里」に行ってきました。かやぶきの里は現在50戸中38戸がかやぶき屋根の建築の集落で、かやぶき建築数は岐阜県白川村荻町・福島県下郷村大内宿に次ぐ全国で3番目の多さです。そして平成5年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けました。
ここに至るまでいろんな出来事がありました。「13日頃から京都府北部は大雪になるでしょう」と天気予報で行ってましたので、かやぶきの里の雪景色を撮ろうと決断しました。ところがノーマルタイヤしか履いていない私の車では無理ですので、なんと初めてタイヤチェーンを買うことにしました。実は数年前にノーマルタイヤのみで湖東三山の雪景色を撮りに行って大変なことになってしまった経験がありましたので、さすがにチェーン無しでは無理だと思っておりました。チェーンを買うのが初めてだったのでよく知りませんでしたが、チェーンは鎖型と非金属型があります。で、今回は5倍も丈夫ということで非金属型の方を買いました。非金属型のチェーンはゴムのチェーンにスパイクが付いているものです。しかし、これが大変でした。売場の取り付け説明ビデオでは女性の方が割りと簡単に取り付けていましたが、店員さんの話によりますと「かなり大変ですよ」とのことでした。「大変たってたいしたことないやろ~」と思って帰って試しに付けてみるとこれが大変で、両方つけるのに2時間もかかってしまいました。とにかく硬い。3方からフックをかけて付けるのですが、思いっきりひっぱってもかかりません。こんなに硬いもんだとは思いませんでした。翌日は両腕は筋肉痛で腰も痛かったです。でも、1回付けると2回目からは楽に付けられると書いてありましたので安心しておりました。
早朝に行くと道路状況がどうなっているかわかりませんので、13日の夕方に行って美山で車泊して朝から撮ろう目論んで出発しました。国道162号線(周山街道)を北に北に。京北のあたりから雪が降ってきて深見峠の手前で大雪になってきてしかも雪道になってきました。それでこの後はチェーンを付けて行こうかと思って付け始めましたが、これが付かない。2回目は簡単に付くと書いてありましたが全然無理です。さすがにノーマルタイヤで深見峠を越えるのは無理と判断し、この日は泣く泣く帰ることにしました。もうガッカリ。それで晩の内にチェーンを付けて15日の早朝に出発することにしました。帰ってきてすぐにチェーンを付けて(また結構な時間がかかりました)すぐに就寝。
14日は午前4時に起きて出発出発。また162号線を北に向かっていると「深見峠・大雪と倒木のため通行止め」と電光掲示板が出ていました。ガーン。もう気力も萎えそうになりましたが、気を取り直して国道9号線から行くことにしました。嵯峨野から嵐山に抜けて物集女街道通って千代原口から9号線に。高いですが京都縦貫自動車道を通って国道27号線から南丹市へ入りました。もう大変な大雪です。京都市内はひとかけらも雪は無いのに凄いです。そして「かやぶきの里」に到着。それはそれは凄い豪雪で感動しました。そこからは一心不乱に撮影しました。ある程度撮影も出来たところでデジカメのバッテリーが無くなりました。そこで予備ののバッテリーに変えようとカメラバッグから出そうと思い探しましたがどこを探しても見当たらない。ガーン。忘れてきた。デジカメはデジタル写真を撮るのもそうですが、フィルムカメラの露出計も兼ねているので、デジカメがないとフィルムでも撮ることもできない。ま~、ある程度は撮れていましたので帰ることことに。それで日吉温泉にでも入って帰ろうと南下。一山超えて日吉温泉に到着するとなんと「本日休業」の文字。ガーン。もう気力も体力も無くなりました。それで以前写真サークルのメンバーだったしんちゃんのカフェに行き、写真サークル仲間のふーみんとお茶することにしました(私は昼食ですが…)。ふーみんお薦めのチーズハンバーグは感動的に美味しかったです。ダーツもあってお洒落なお店です。場所は国道27号線と国道9号線の分岐を27号線の方を北に行って、石井食品工場のまん前です。是非どうぞ。
まだ話は続きます(長い!)。15日の天気予報で「美山でまた30cmほど雪が積もりました」と言っているではありませんか。しかも16日の天気予報は晴れ。実は14日行った時は晴れてはいましたが、ちょっと雲が出ていて真っ青な青空では無かったのでした。それで、もう一度懲りずに行ってみることにしました。この日は午前5時起きで、深見峠が開通していましたので162号線を一気に北上。この日はとても寒い日でした。深見峠を越える頃には車の温度計がマイナス8度を示していました。この車の温度計では史上最低気温ではないでしょうか。それで、かやぶきの里には7時頃到着。その時は空に靄がかかっていましたが、晴れて来ると真っ青な青空が出てきました。来た甲斐がありました。その後は常照皇寺に行って雪景色を撮って、いのししラーメンで有名なラーメン屋「キャプテン」に寄って帰りました。その模様はまた後日・・・。
えっらい長くなりましたが、それでは「かやぶきの里」の雪景色をご覧ください













いかがでしたでしょうか
またご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

コメント (20)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年末のご挨拶♪

2008年12月30日 08時58分27秒 | Weblog
みなさん、年末の慌しい季節ですが、いかがお過ごしですか

今年1年、このブログをご覧頂きましてありがとうございました
みなさまのご声援があったからこそ、私も頑張ってこれたと存じます。
2009年もこの「BIGFIELD」をご覧頂ければ嬉しいです。

本日30日に帰省いたしますので、今年の更新はこれで終了です。

ちなみに有馬記念は取れませんでした。
ちょっと惜しかったですが…
詳しくは来年1回目の記事をお楽しみに


みなさまにとって2009年が素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その8♪

2008年12月24日 13時38分33秒 | Weblog
みなさん、メリークリスマス~

クリスマスイブ、いかがお過ごしですか~?例年この次期はディナーショーなどの撮影が多くて忙しいはずなのですが、今年は全然暇暇でございます。先週の京都産業大学の吹奏楽部定期演奏会の撮影が今年最後の仕事なようです。21日にて仕事が終わるとは、厳しい年末であります。来年はいい年になりますように…

ちょっと悲しいお話を2つ…
アイスホッケーの名門チームの西武プリンスラビッツが今シーズン限りで活動終了することになりました。私はスポーツはなんでも好きなのですが、アイスホッケーは冬のスポーツの中でもお気に入りの1つでした。最近は観る機会が少なくなってしまったのですが、子供の頃は大好きで特に西武鉄道のファンだったのです。当時は西武鉄道・国土計画・王子製紙が3強で、ワクワクして観ていたもんです。もともと西武鉄道と国土計画は同じ西武グループなのでその後合併し西武プリンスラビッツになりました。当時は日本リーグで戦っていましたが、雪印などが撤退してチームが減少し日本ではリーグ戦が成立できなくなり、今は日本・韓国・中国の3ヶ国6チームでアジアリーグを展開しています。これで5チームになってしまいますし、他にも撤退するチームが出ないとも限りません。リーグ存続にも影響が出そうです。寂しいニュースでした。
もう一つはJRグループからの発表ですが、来年の3月のダイヤ改正で東京発着のブルートレインが全てなくなるそうです。という私は今まで一度もブルートレインに乗ったことがありませんが…。スピードの時代に合ってこなくなってきたのでしょうか。「はやぶさ」とか「さくら」とか懐かしいですね。スローな楽しみもあるんですがね~。これも寂しいニュースでした

今日のお写真
「錦秋の京都」シリーズもどんどん来て今回で8回目です。どうぞご覧ください

12月5日は幼稚園での生活発表会の収録でした。撮影は午前中で終わったのですが、この日は悪天候で終わった後しばらく家で待機していました。すると雨が上がり風も無くなってきましたので、東福寺近辺に出掛けました。



こちらは京都市東山区東福寺塔頭・光明院庭園の散紅葉です。こちらは数ある東福寺塔頭の中でも紅葉の美しさで有名は寺院です。庭園は三脚禁止なので息を止めて撮るのが大変でした。12月5日撮影



こちらは光明院の門前の紅葉です。いつも遅れて色付くのですが、毎年際立って紅く色付きます。今年もほんとに真っ赤な紅葉が素晴らしかったです。12月5日撮影




こちらは本山・東福寺の外壁沿いの紅葉です。中の有名な通天橋はとても大勢の観光客が押し寄せますので、最近は中には入ったことはありません。外周りでも綺麗な紅葉はいっぱいあります。ここは本堂のちょうど東ぐらいにあって、塔頭の東光院の前あたりから撮影したものです。12月5日撮影
この日はここで日が暮れましたので撮影終了




5日は日が暮れて撮影出来なかったのですが、東福寺塔頭の荘厳院前の紅葉が綺麗でしたので6日の早朝にまた来てしまいました。この日は1日快晴との予報でしたので、暗い内からやってきました。夜が明けてから日の出までが勝負ですから。風があったので苦労しました12月6日撮影




こちらも同じく荘厳院の総門と南天です。この後お日さんが出てきて日光が当たってきたので撮影は終了。12月6日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

その9に続く

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

石光寺の「寒ぼたん」と當麻寺の「冬ぼたん」

2008年12月22日 17時03分08秒 | Weblog
今年もあと10日になってしまいましたね~。みなさま、素晴らしいクリスマス&年末年始をお迎えください

昨日は「第40回京都産業大学吹奏楽部定期演奏会」の収録でした。1部はクラシックで2部はポップス、3部はマーチングでした。マーチングは舞台狭しと動き回るので撮影は大変。でも、撮影は大変でしたがとても楽しかったです

昨日は今年の2歳ナンバー1を決める一戦、「第60回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ(芝1600m)」が中山競馬場で行われました。先週同様、資金不足と仕事があったので馬券は買いませんでしたが、来年のクラシックを占う一線でしたので注目はしていました。でも、近年ではこのレースはクラシックには直結していないんですが…。レースは2番人気のセイウンワンダーが内から指し切って快勝。2着には5番人気のフィフスペトルが外から突っ込んできて、3着は1番人気のブレイクランアウトが入りました。
実はレース前には、新潟2歳ステークスを勝ったセイウンワンダーが1600m前後では1番強い、と密かに思っていました。ただ、アクシデントがあって3ヶ月半ぶりになってしまったので、実際に馬券を買っていたらこのセイウンワンダーを買っていたかはわかりません。リーチザクラウンなどクラシック候補はまだまだいますので、春に向けて楽しみは山盛りです。
今週はいよいよグランプリ有馬記念。ウオッカやディープスカイが出ないのは残念ですが、楽しみなメンバーが揃いました。今のところ本命はダイワスカーレット、対抗はマツリダゴッホです。これから予想が楽しみです

ニコンからえらいカメラが発売になりました。「Nikon D3x」。D3の後継機種がもう出てきたという印象です。有効画素数2450万画素でニコンFXフォーマット(35mmフルサイズ)ですから中版デジタルカメラの域を超えてしまいました。凄いですわ。キャノンを意識していますね~。画素数戦争はどこまでいくのでしょうか。それでも私はフィルムが好きなのだ~

今日のお写真
12月18日に奈良県葛城市の石光寺に「寒ぼたん」、當麻寺に「冬ぼたん」を撮影してきました。「寒ぼたん」と「冬ぼたん」は一見同じように思われますが、じつは全然違うものです。寒ぼたんは冬になったら自然に咲く品種で、寒さ対策のためか茎が短くて葉はほとんど出ません。冬ぼたんは普通の春ぼたんを冷蔵庫と温室を使って人工的に気候調整して咲かせたもので、立派な茎、大きな花、葉が特色です。それではご覧ください







こちらは奈良県葛城市染野・石光寺(せっこうじ)にさく「寒ぼたん」です。実は石光寺さんのホームページで「寒ぼたん見頃」と出ていたので来てみました。ただ、2~3日前が一番見頃だったような感じでした。蕾も多かったのでまだまだこれから咲いてくるようです。機会があったらまた訪れてみたいです。







こちらは奈良県葛城市當麻・當麻寺(たいまでら)奥院に咲く「冬ぼたん」です。1枚目は阿弥陀堂前の冬ぼたんです。そして3枚目は冬ぼたんの後に當麻寺のシンボル東塔と西塔の2つの三重塔が見えます。

いかがでしたでしょうか

「錦秋の京都」は新作がなければ次回にお送りします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その7♪

2008年12月16日 14時27分07秒 | Weblog
みなさん、こんにちは。昨日・今日と大変いいお天気の京都です

先週の日曜日は今年の2歳牝馬ナンバー1を決める「第60回阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ(芝1600m)」が阪神競馬場で行われました。今回は仕事があったのと競馬に全然当たってなかったので、競馬はお休みしていたので新聞などはあんまり詳しくは見ていませんでした。でも、このレースは来年の牝馬クラシックに直結するレースですから無視するわけにはいきません。去年のこのレースの勝ち馬・トールポピーもオークスに勝っていますから。
結果は1番人気で安藤勝己騎手騎乗のブエナビスタが快勝。2年連続で抽選で選ばれた1勝馬が勝ちました。そして母のビワハイジに続いて母娘2代制覇になりました。ビワハイジがこのレースに勝った時の2着馬はエアグルーブなんですよね。ビワハイジの産駒では、京成杯を勝ち、菊花賞ではディープインパクトの2着になったアドマイヤジャパンや、シンザン記念や弥生賞を勝ったアドマイヤオーラなどがいます。来年デビューのディープインパクトとの産駒が楽しみです。今回勝ったブエナビスタは父がスペシャルウィーク。血統的にも距離が伸びても大丈夫ですから、桜花賞・オークスと楽しみです。現時点では来年のクラシック候補断トツのナンバー1。このまま順調に来年を迎えて欲しいです

今日のお写真
「錦秋の京都」シリーズもいろいろやっている内に7回目になりました。今年はいろいろ行きましたね~。それではどうぞご覧ください



こちらは京都府乙訓郡大山崎町・宝積寺の紅葉です。11月30日にも行きましたがフィルムを忘れていましたので再訪しました。この日仕事があったので、仕事前の夜明けから日の出までが勝負なので暗いころから出発しました。参道の白い塀と紅葉の紅さが素晴らしかったです。時代劇の一場面みたいですね。この後、幼稚園の生活発表会の撮影に行きました。12月3日撮影




こちらは京都市右京区・厭離庵(えんりあん)の紅葉です。厭離庵は藤原定家の小倉山荘跡で、定家が百人一首を撰したところと言われています。
幼稚園での生活発表会の撮影がお昼過ぎに終わり、夕方になるのを待って厭離庵に来ました。この日は快晴だったのですが、嵯峨野はこの季節は15時にぐらいになると西の山に陰ってきます。日差しがあると難しいので、日が陰るのを待ってから撮影しました。
ここもよくこのブログでは登場します。紅葉の紅さも素晴らしいのですが、苔の庭園に積もる散紅葉が素敵です。去年は来るのが遅かったために紅葉がほとんど散ってしまっていたので、今年は木にも残っている内に来たいと思っていました。いい雰囲気で撮影できたと思います。12月3日撮影




こちらも京都市右京区・清涼寺(嵯峨釈迦堂)の太子堂と紅葉です。こちらも毎年来ています。厭離庵の後で来たものですから、ほとんど日が暮れていましたので数カットしか撮影できませんでした。暗い中、長時間露光で撮ると肉眼で見る以上に真っ赤に仕上がります。それでも綺麗な紅色に撮影できました。12月3日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

その8に続く
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その6♪

2008年12月12日 18時17分26秒 | Weblog
日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ「2008年・今年の漢字」に「変」が選ばれました。恒例ですが、清水寺で森清範貫主が「変」という字を書いてはりました。やっぱりオバマ次期アメリカ合衆国大統領が「チェンジ・チェンジ」と叫んでいたのが影響したのでしょうか。来年は良いように変わって欲しいですな~

ハンマー投げの室伏選手の北京オリンピックでの銅メダルが決まりましたね。2~3位だったベラルーシ選手のドーピング違反による失格のため、また繰上げでのメダル獲得となりました。なんにしても喜ばしいことであります。いつも言っておりますが、一応私も陸上競技・投てき種目の選手でありました。投てき種目において世界で争える日本人選手が登場するなんて、私が競技している頃は考えられないことでした。明らかに体力差がありましたからね~。凄いことですよ。おめでとうございます

一昨日・昨日とパーティーでのディナーショーの中継の仕事でした。中継といってもテレビ関連ではなく、ホテルの大宴会場はとても広く場所によって不公平感が出てはいけないので、会場に大きなスクリーンを立ててそこにライブの模様を撮影して上映する仕事なのです。
一昨日は大津のBホテルで京都にある信用金庫のパーティー。メインゲストは横山たかし・ひろし師匠。関西以外の方には馴染みがないかも知れませんが、金色のスーツを着て赤いハンカチを口にくわえて「金持ちのおぼっちゃまじゃ~」とか「笑えよ~」とか「すまんの~」などのギャグを連呼するのが横山たかし師匠で、五木ひろしさんのモノマネが得意なのが横山ひろし師匠です。面白かったですね~。仕事を忘れて笑ってしまいましたわ。
昨日は京都ホテルOで美容関係の会社のパーティー。ゲストはなんと尾崎亜美さん。懐かしいですね~。尾崎亜美さんって京都出身だったんですね。あのほんわかした雰囲気はやっぱり京都のお方でした。リハーサルが終わったところでご挨拶にいったら気軽にお話をして頂きました。少しですが会話が出来ましたよ~ん。
ライブは元レベッカのギタリストや元サディスティック・ミカ・バンドのベーシスト(この方は尾崎亜美さんのご主人さん)など、なかなか豪華なメンバーでした。ライブはほんとに素晴らしかったです。私もいろいろとディナーショーの仕事をしてきましたが、今までで一番良かったです。特に「オリビアを聴きながら」はグッと来るものがありました。透明感のあるお声がスーッと心に染み入るのような感じでした。仕事とは言え、至福の時間を過ごさせて頂きました。良かったっす

今日のお写真
「錦秋の京都」シリーズもなんやかんやで6回目です。みなさん、楽しんで頂いているでしょうか。あんまりそうでもないようですが、頑張って続けております。それではご覧ください



こちらは京都府乙訓郡大山崎町・観音寺(山崎聖天)のイチョウの落葉です。山崎聖天さんにはイチョウの大木が何本かあるのですが、ここは立入禁止にしてあるので誰にも踏まれていない綺麗なイチョウの落葉が見られます。見事な黄色が目に眩しいです。11月30日撮影




こちらも京都府乙訓郡大山崎町・宝積寺の紅葉です。地元では大黒天さんで親しまれています。春は三重塔付近や参道の桜が綺麗で、そころは何回か来たことがありますが紅葉の季節は初めてきました。桜にも負けない素敵な紅葉がここにはありました。しかし…なんといつものカメラバッグにフィルムが入っていない。冷蔵庫から出すのを忘れていてガックリ。フィルムは諦めてデジカメだけで撮影して退散。11月30日撮影






こちらは京都市上京区・京都御苑の紅葉です。紅葉の季節に京都御苑に来たのも初めてです。広い敷地内には数多くの楓の木があります。素晴らしかったのは京都迎賓館の北側にある「母と子の森」にある紅葉です。1枚目はその母と子の森の西側にあるベンチと紅葉をヨーロッパ調に撮ってみました。2枚目はその母と子の森の紅葉を逆光気味に撮ってみました。後に見えるのが京都迎賓館です。チョー快晴の元、紅葉の紅さが鮮やかでした。12月2日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

その7に続く
コメント (5)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その5♪

2008年12月08日 21時19分09秒 | Weblog
寒い寒い京都であります

昨日は東映太秦映画村でカラオケ大会&歌謡ショーの収録でした。ほぼ休憩無しで約7時間連続で撮影で、チョー疲れました。今日もまだ腰と肩と首が痛いです
そして昨日は阪神競馬場で「第9回ジャパンカップダートGⅠ(ダート1800m)」が行われました。よくぞ関西開催にやって来てくれたという気持ちで嬉しいです。
馬券は、国内GⅠ6連勝中のヴァーミリアンとダートでは6戦5勝2着1回のサクセスブロッケンの2頭軸で3連複の流しで勝負しました。
結果はなんとカネヒキリが勝ち、2着はメイショウトウコンで3着がヴァーミリアンでした。1着のカネヒキリは3年前のこのレースの勝ち馬で、当時は「ダート界のディープインパクト」と言われたぐらいの強さだった馬です。しかし、競走馬にとっては不治の病と言われた「屈腱炎」のかかり引退の危機もありました。しかし、スタッフの懸命の努力で復帰し、2年4ヶ月ぶりに出走した武蔵野ステークスで9着。今回はルメール騎手騎乗で見事に復活しました。
1着~4着までは馬券を持っていましたが、期待のサクセスブロッケンが8着で撃沈。3歳の若さが出て掛かり気味で行ってしまいました。ただ、これからもどんどん強くなって行きますから応援して行きます。しばらくは2歳のGⅠが続きますので、有馬記念まで休憩します

今日のお写真
「錦秋の京都」シリーズも5回目。佳境に入ってまいりました。それではご覧ください



こちらは京都市右京区・仁和寺の国宝の金堂と桜の紅葉です。仁和寺の金堂横には見事に紅に染まる楓があるのですが、それはまだ紅くなる前の黒ずんだ状態でした。この日最高に紅く染まっていたのはこの桜の紅葉でした。この日は風が強くかなりの葉っぱが散ってしまいましたが、それでも綺麗な色付きの葉っぱが残っておりました。11月25日撮影




こちらも同じく仁和寺の重要文化財の鐘楼と紅葉です。こちらは若木の紅葉です。仁和寺は御室桜で有名ですが、秋にも見事な紅葉が見られます。しかも、この時期は無料で入られます。参道の紅葉も見頃後半でしたが、綺麗な色付きをしておりました。この若木も数年後には立派な成木になっていることでしょう。11月25日撮影




こちらは京都市右京区・護法堂弁財天の祠と紅葉です。こちらには2005年の秋以来3年ぶりに訪れました。今回も見事な紅色の染まっておりました。とにかくここの紅葉は葉っぱが紅くて大きいのです。境内が燃え上がるような光景です。2005年にここの写真を掲載した時は、masakoさんが歌舞伎の八百屋お七の話に準えて表現して頂きました。今回も強烈な紅さに目が眩むようでした。素晴らしい。11月25日撮影




そして最後は京都市右京区・愛宕念仏寺の羅漢さんと紅葉です。もうこちらは見頃後半になっておりまして、すでに散り紅葉となっておりました。この日も風雨が強く、ハラハラと落葉が進んでいました。その散り風景もとても美しく、もう日も暮れかけていましたのでとても幻想的な世界でした。
この日は早朝から走り回ってきましたが、ここ愛宕念仏寺で終了しました。大変有意義な1日でありました。11月25日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

その6に続く
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その4♪

2008年12月05日 22時50分02秒 | Weblog
今日は午前中にえらい雨が降りました。雷ゴロゴロでこの時期にしては豪雨でした

今日は午前中は幼稚園で生活発表会の収録でした。子供達が一所懸命踊ったり演じたり歌ったりと、あまりに可愛いので微笑んでしまいました。子供達は無邪気でよろし
撮影自体は午前中に終わりまして雨も小降りになって来ましたので、終い紅葉を求めて東福寺に行ってきました。この模様はまた後ほど

今週末には「第9回ジャパンカップダートGⅠ(ダート1800m)」が阪神競馬場で行われます。実はこのジャパンカップダートは去年までは東京競馬場で行われていて、ジャパンカップの前日の土曜日に行われていました。今年からジャパンカップの翌週に実施になり阪神競馬場にやってきました。大歓迎です。秋の阪神競馬場はジュベナイルフィリーズしかなかったので、秋にも楽しみが増えて楽しみです。
枠順が発表されました。私が応援しているサクセスブロッケンは7番に入りました。ラッキーセブンで良いんじゃないでしょうか。JBCクラシックのようにヴァーミリアンと一騎打ちになるのでしょうか。アメリカの三冠ベルモントステークスに挑戦し(結果は出走取り消しになりました)ブリーダーズカップにも出走したカジノドライヴや地方交流競走GⅠ7勝のブルーコンコルドなど今の日本ダート界を代表する馬達が揃いました。そこに地方馬・外国馬が揃って、楽しみなレースです。ダートはは少し地味なイメージがありますが、世界で賞金の一番高いレースはダートのレースなのです。アメリカでは競馬の中心はダートですし、これからダート界にも注目してください

今日のお写真
「錦秋の京都」シリーズも4回目になりました。今年は去年に比べてかなりたくさんの紅葉写真を撮っております。素敵な風景にも数多く出会えれて、とても嬉しいです。それではご覧ください



こちらは京都市北区・常照寺の吉野門と紅葉です。この吉野門は島原の吉野太夫が寄進したと伝えられている朱塗りの山門です。散り具合もそろそろ綺麗になってきたところでした。11月25日撮影




こちらは京都市北区・西方寺の塀沿いの紅葉です。実はこの日も来てしまいました。前日に来た時は境内の散紅葉を撮影しましたが、雨がきつかったので外では撮影しませんでした。それで雨が上がったこの日も来てしまったのです。こちらの紅葉は以前に掲載した時にもお伝えしましたが、紅・ピンク・オレンジ・黄・緑のまぜまぜのグラデーションが美しい紅葉になっております。車で行くと、離れたところからこの紅葉が見え出すのですが、近づくに連れてワクワクしてきます。観光地化されないことを望みます。11月25日撮影




こちらは京都市北区・神光院の蓮月庵と紅葉です。前回掲載した真っ赤な紅葉は蓮月庵の奥に見える紅葉です。今回は逆の方向からの撮影です。黄色の紅葉に逆光気味に光が当たってキラキラと光っていました。まさに黄金色に輝いておりましたよ~ん。こちらも観光地化されないことを望みます。11月25日撮影




こちらは京都市北区・正伝寺の山門と紅葉です。当寺は小堀遠州作と伝えられ、比叡山を借景とした白砂の枯山水の庭園「獅子の児渡しの庭」があります。庭園の紅葉は見頃前の状況でしたが、山門と駐車場の紅葉は見頃でした。こちらも観光地化されないことを望みます。11月25日撮影




こちらは正伝寺の千両です。正伝寺は南天も有名なのですが、晴れて日が差していたので南天の撮影は諦めて、陰になっていた千両を狙ってみました。なぜか横に置いてあった信楽焼きのたぬきさんが可愛かったです。もちろん11月25日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その3♪

2008年12月02日 19時39分50秒 | Weblog
なんやかんやでもう12月になってしまいました。ほんまに早い。今年も残り1ヶ月を切ってしまいました。お正月まで一気に進んでしまいそうです。みなさん頑張りましょう

10月26日に中国楽団オーケストラのコンサートの収録がありまして、その編集でこの1ヶ月は空いている時間はほとんどその編集に時間を費やしていました。一昨日にやっとOKが出まして終了しました。頑張って編集しましたので出来上がりにはとても満足です。約100人の楽団と約300人のコーラスと2000人の観客、コンサートは大迫力で素晴らしかったです。これで夜ものんびりできます

先週の日曜日には東京競馬場で「第28回ジャパンカップGⅠ(芝2400m)」が行われました。このレースは史上初、今年と去年と一昨年のダービー馬3頭が顔を揃えるという豪華な顔ぶれでした。しかも去年の有馬記念馬、去年と今年の菊花賞馬も出走と凄いメンバーでした。私は激走の天皇賞組より別路線の馬がいいと思いトーホウアランを軸に馬券を買いました。結果は9番人気の伏兵・スクリーンヒーロー(ミルコ・デムーロ騎乗)が勝ちました。驚きましたね~。私は京都競馬場のターフビジョンのまん前で見ていましたが、何が来たのか分からなかったぐらいです。デムーロマジックが出ましたね~。デムーロと言えばなんと言ってもネオユニバースで2冠を取ったことを思い出します。日本語もよく勉強していて、その愛くるしい顔立ちからファンが多いです。私も好きなジョッキーの1人です。それにしても前走はGⅡのアルゼンチン共和国杯を勝ったとはいえ、その時の斤量が53kgでした。少し気になる存在ではありましたが、さすがにそこまで馬券は回らなかったです。完敗です。今秋はジャパンカップダートGⅠが初めて阪神競馬場で開催されます。私の大好きなサクセスブロッケンが登場です。ダートの王者・ヴァーミリアンが強いとは思いますが、3歳馬の成長で頑張って欲しいです

今日のお写真
前回に引き続きまして、「錦秋の京都」の第3弾をお送りします。どうぞご覧ください





こちらは京都府京田辺市にある酬恩庵の紅葉です。当寺はとんちでお馴染みの一休禅師が再興しここで生涯を送られたことから「一休寺」として名が通っています。
この日は午後から雨という予報でしたので、「酬恩庵に居る内に雨が降ったらいいな~」と思っていましたら、意外に早く10時頃から雨が降り出しました。1枚目はその雨を待って撮った本堂前庭園の紅葉です。本堂から入り口を見た写真になっております。雨で紅葉も苔もとても綺麗でした。雨を待って良かったです。
実はこの日は一休禅師の命日でした。法要が行われていた、たくさんのお坊さんが来られてました。その食事会が行われていたのが江庵でした。そこは一般人は立入禁止になっていましたが、その江庵前の紅葉がとても色付きが良く大変綺麗でした。門の外から一所懸命撮影をしていたら、その食事会のお世話をしていたおばさんが中に入れてくれました。それが2枚目の写真です。強烈な紅い紅葉が目に焼きついています。ほんとに嬉しかったです。感謝、感謝です。11月21日撮影






こちらは京都府木津川市加茂町にある浄瑠璃寺の紅葉です。当寺は京都府の南部で奈良県との境にあるお寺です。一休寺を出るのが遅くなってしまったので、「まだ開いているかな~」と心配しながら行きました。でも、17時閉山だったのでゆっくり撮影できました。1枚目は国宝の三重塔と紅葉です。こちらの三重塔は少し高台にあって、しかも小振りで可愛い塔なのです。2枚目はその三重塔の下にある色付きの素晴らしい紅葉で、向こう側にはやはり国宝の本堂が見えます。この紅葉も酬恩庵・江庵前の紅葉と同様で素晴らしい色付きで、この時点ではこの秋の1番でした。来て良かったです。11月21日撮影




こちらは京都市北区にある神光院の紅葉です。後に見えるのは蓮月庵です。こちらは東寺・仁和寺と共に「京都3大弘法」で有名です。この日は雨模様だったのですが、雨に濡れて紅葉の紅が際立って輝いてました。11月24日撮影




こちらは京都市北区にある西方寺の紅葉です。お盆に行われる「五山送り火」の一つ「船形」は、唐からの帰路に暴風雨にあった西方寺の開祖・慈覚大師円仁が「南無阿弥陀仏」と名号を唱えたところ無事到着できたという故事にちなむらしいです。送り火が終わるとこの西方寺では六斎念仏が行われます。毎年、素晴らしい紅葉を見せてくれる西方寺ですが、観光寺院ではないのでゆっくり紅葉観賞ができます。雨が降っていましたのと境内の散り紅葉が素敵だったので、いつもの塀沿いの紅葉よりこちらを頑張って撮影していました。11月24日撮影

今回は以上です
また、ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その2♪

2008年11月28日 19時51分30秒 | Weblog
秋から冬の装いに変わってきましたね。来週はもう12月。早いっす

先週末は京都競馬場で「第25回マイルチャンピオンシップGⅠ(芝1600m)」が行われました。この日は時間があまり無かったので、1番人気スーパーホーネットから3連単1着固定で5頭に流して馬券を購入しました。最後の直線でスーパーホーネットが指しきったかと思いましたが、内からブルーメンブラッドが伸びてきて惜しくも2着。3着のファイングレインも買っていただけに悔しいです。いつものように3連複にしていれば取れたんですが、今となっては後の祭です。もうちょっと精査して買えば良かったです。
武豊騎手はまたまた落馬してしまいました。23日の5レースで落馬したもので、これでジャパンカップやジャパンカップダートの騎乗が出来なくなりました。ジャパンカップではメイショウサムソンに騎乗予定でしたが、なんと元々騎乗していた石橋守騎手が騎乗することになりました。これには驚きました。外国人ジョッキーになるかと思っておりました。頑張って欲しいですね~

前回に引き続きまして、錦秋の京都・第2弾を掲載致します。どうぞご覧ください



前回、神護寺までご紹介しましたが、その後清滝川沿いを清滝まで歩いて降りてきました。このあたりは「錦雲渓」と呼ばれ東海自然歩道になっております。その錦雲渓にも素晴らしい紅葉があります。その中でのお気に入りの1枚です。岩にこびりついている苔の緑も綺麗でした。11月18日撮影




こちらはその清滝の紅葉です。橋の名前は忘れてしまいましたが、清滝川にかかる赤くて綺麗な橋です。初めて秋の清滝に行きましたが、とても癒される風景でした。11月18日撮影




この後、清滝から嵐山まで歩いて降りてきました。途中、鳥居本や化野念仏寺付近の紅葉を眺めつつ(もうほとんど日が暮れていましたので見ただけです)嵐電・嵐山駅に到着。そこから嵐電に乗って北野白梅町へ。そこからJRバスに乗って再び高雄に戻りました。なんでこんなに非効率的な動きをしているかと言うと、実は車を高尾の駐車場に置いてきたからです。ただ、高雄に戻った時に神護寺の参道でライトアップをしていることを思い出しました。それで急遽またまた神護寺の大変な参道を登ることにしました。でも、この写真はバス停「山城高雄」から神護寺に向かってまず下る階段のライトアップされた紅葉です。その後、参道を登って山門まで行って写真もいろいろと撮りましたが、この写真が一番良かったのでこれを掲載致しました。それにしてもこんなに人の少ない紅葉のライトアップは初めてでした。会った人は10人ぐらいでした。11月18日撮影




こちらは西京区・善峯寺の紅葉です。この日は「曇り時々晴れ」という天気予報でしたが、実際には雲一つ無いカンカン照りの天気になってしまいました。晴れの紅葉撮影は苦手です。青空バックや逆光の紅葉写真をいろいろ撮りましたが、あまり気に入ったものが撮れませんでした。それで結局西山に日が沈むまで待って、柔らかい光になったところで撮ったのがこれです。これは阿弥陀堂に登る石段の紅葉です。この後、「片岡鶴太郎特別展」がありましたので、日本一の鯉の襖絵・游鯉龍門圖(ゆうりりゅうもんず)を見てきました。とてもカラフルな襖絵で良かったです。結局、開門の8時から閉門の17時までいました。途中何も食べなかったのでお腹は激減りで下山しました。丸1日、善峯寺にいたのは初めてでした。良いお寺です11月19日撮影




こちらは西京区・大原野神社の紅葉です。この日は昼から仕事だったので、早朝に行って来ました。ここは本殿前の鳥居付近です。ほんとは参道を撮りたかったのですが、たこ焼き屋さんの屋台がありましたので断念。いくら商売とは言え、何とかして欲しい心境でした。紅葉のグラデーションと赤い鳥居の柱をお楽しみください。11月20日撮影




こちらは西京区・勝持寺の紅葉です。大原野神社から長~い石段を登って行くと勝持寺があります。最近、紅葉の美しさが際立っていましたが、今年は少しムラがあったようです。ちなみに不動堂は工事をしておりました。こちらは鐘楼をバックに逆行気味に紅葉を狙ってみました。晴れの時の撮影はこういうふうになってしまいますね。紅葉自体は紅・黄・緑と美しいグラデーションを醸し出しておりました。11月20日撮影

本日は以上です
ご感想をお聞かせ頂ければ嬉しいです
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

錦秋の京都・その1♪

2008年11月22日 09時38分30秒 | Weblog
みなさま、ご無沙汰過ぎでした

今、私の友人で癌と戦っておられる方がいらっしゃいます。
とても明るくユーモアもたっぷりな方で大好きです。
これをご覧になった方、お時間のある時で結構ですので青森に向かってパワーを送ってあげてください。
「よしさん、頑張れ~。おりゃ~!」
よろしくお願い致します。


ところで…
実は例年に比べてそんなに忙しくないのですが、締め切りに追われて気ぜわしくて更新する気力が失われていました

今は仕事の合間を縫って紅葉を撮りに行きまくっております。去年は4日しか行けなかった反動でしょうか。だいぶん溜まってきましたので、少し枚数が多いですがとりあえずご紹介します

ちなみに、この秋のGⅠは全敗です



こちらは相楽郡和束町・正法寺(しょうぼうじ)の紅葉です。この日は撮影仲間達と撮影に行ってきました。チョー穴場のお寺で、日曜日にもかかわらず見物客はほとんどいませんでした。11月16日撮影




こちらは東山区・今熊野観音寺の紅葉です。本堂前の1本が素晴らしい色付きでした。境内は紅葉祭の準備で大忙しでした。11月17日撮影




こちらは東山区・泉涌寺御座所庭園の紅葉です。ここは毎年早くから色付くことで有名ですが、今年も見事な色付きです。特に、紅と黄色のコントラスト美しいです。午前中は逆光なので午後から来たら良かったと反省です。11月17日撮影




こちらは東山区・智積院金堂前の紅葉です。最近、庭園に紅葉が増えてきて名所になりつつあるお寺ですが、まだまだ紅葉としてのお寺としては認知されていないので穴場です。鐘楼付近はまだ青葉でしたので、これからが見頃でしょう。11月17日撮影




こちらは東山区・南禅寺塔頭天授庵の紅葉です。こちらは枯山水の東庭の紅葉です。池泉回遊式の南庭の紅葉も美しかったのですが、時間が無くて撮影できませんでした。来年に頑張ります。11月17日撮影




こちらは右京区・西明寺の紅葉です。毎年、鐘楼横の紅葉が特に紅く綺麗のですが、今年はすでに散り初めていました。でも、散り紅葉も綺麗ですよね。燈籠の苔がお気に入りです。11月18日撮影




こちらは右京区・神護寺の紅葉です。ご存知高雄の紅葉であります。これは金堂前から見た大階段越しの五大堂・毘沙門堂をバックにした定番の写真です。見頃後半でしたが、この1本は綺麗な色付きでした。11月18日撮影

いかがでしたでしょうか
良かったらご感想をお聞かせください
続きはまた後程
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

般若寺に咲くコスモス♪

2008年10月18日 23時44分06秒 | Weblog
ここ数日は気持ちの良い青空が続いている京都であります。まさに秋晴れ

先週あたりから忙しくなってきました。先週の3連休は全部撮影でした。
11日は幼稚園の運動会の撮影でした。早朝まで大雨であるのかないのか大変でしたが、結局1時間遅れの11時から行われました。その後は快晴になりましたが、グランドはドロドロで靴は泥まみれになってしまいました。園児達は可愛くて良かったですが疲れました。
12日は婚礼の撮影で、終わって夜に愛知県の大府に移動して宿泊。夜中の12時半に着いて翌日は6時半起きでしたので、寝た感覚はほとんでなかったです。
13日はその大府で発表会に撮影。帰りに名古屋市内に行って味噌カツの名店「矢場とん」で夕食。さすがの美味しさでした。
14日はこのブログにコメントをよく書き込んで頂いている新緑大好きさんが京都に来られていましたので、京都を少しだけご案内致しました。当日は残念ながら雨降りでしたが、雨の妙覚寺や蓮華寺の庭園は風情がありました。昼食はご馳走になりましてありがとうございました。焼き胡麻豆腐は絶品でした。
17日からは5日間連続撮影中です。昨日は京都では大きい企業のM製作所のレクレーションパーティーの撮影で今日は不動産セミナーの撮影でした。明日は婚礼の撮影です。頑張ります

明日は京都競馬場で「第13回秋華賞GⅠ」が行われます。3歳牝馬のGⅠの最終戦です。春のクラシック戦線で活躍した馬達が挙って出てきます。去年の2歳女王で今年のオークス馬・トールポピー、桜花賞馬・レジネッタなど18頭が出走します。私の注目はトールポピー。去年の冬から追っかけていますが、この秋華賞も本命です。どうゆう買い方をするかはこれから考えます。楽しみだ~

今日のお写真
おとついの16日にコスモスの花を撮りに奈良市の般若寺に行ってきました。こちらは今年の2月に「水仙」でご紹介したお寺です。四季折々のお花が見られるお寺で有名です。特に秋のコスモスは有名です。この日も境内に咲き乱れていました。コスモスは私にとっては数少ない「晴れ」が似合うお花です。この日も見事な秋晴れで、白やピンクや紅色のコスモスが青空の元で気持ち良さそうに揺れていました。どうぞご覧ください。撮影日は2008年10月16日です









いかがでしたでしょうか
良かったらご感想をお聞かせください

クライマックスシリーズ・ファーストステージ…阪神タイガースは中日ドラゴンズに破れました
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

迎称寺に咲く萩♪

2008年10月09日 16時50分15秒 | Weblog
今日の京都は穏やかに晴れ上がり、ちょっと暑いくらいです

昨日は巨人vs阪神の今期最終戦、同率首位で迎えた首位攻防の天王山が東京ドームで行われました。結果は巨人が3対1で阪神に勝利して、巨人にマジック2が点灯しました。最大13ゲーム差もあったのに、遂にひっくり返されてしまいました。これでほぼ巨人の優勝が決まりました。阪神は残り試合が3試合、これを全部勝ったとして巨人が残り1勝2敗でいったら阪神が優勝します。しかし、これはほとんど無いですね。可能性が無いわけではないですが、限りなくゼロに近いです。
世間(特に関西)では「クライマックスシリーズに行けるから、ええやん」という声も多いですが、私はそうは思っておりません。1年の目標はセントラル・リーグで優勝することなのです。昔から「日本シリーズはおまけ」と思っております。もちろん、日本シリーズで優勝しても嬉しいことは嬉しいのですが、それはあくまでセ・リーグで優勝した後の出来事なのです。144試合をして鎬を削って優勝を勝ち取って、たった7試合で決める日本シリーズにさほどの意味があるとは思えないのです。もし、阪神がクライマックスシリーズで勝ち残って日本シリーズに出て優勝したとしてもあんまり嬉しくないです。やっぱりリーグで優勝したチームが日本シリーズに出て欲しいです。リーグ後半の緊迫感がやや薄れてしまう今のシステムは面白くないです。阪神は残り3試合を全部勝って、巨人にプレッシャーをかけて意地を見せて欲しいです。それならクライマックスシリーズで負けてもいいです。とにかく残り3試合は一所懸命応援します。頑張れ、阪神タイガース

そう言えば凱旋門賞についての記事がまだでしたね。10月5日の深夜(日本時間)にフランス・パリ郊外のロンシャン競馬場で「第87回凱旋門賞GⅠ」が開催されました。昨年までの賞金総額200万ユーロから今年は400万ユーロに増額され、賞金面でも芝では世界最高のレースとなりました。
メイショウサムソンは4番枠からスタートになりましたが、スタート直後に前をカットされて位置取りが後方になってしまいました。直線では伸びるかと思いましたが、結局止まってしまって10着でした。勝ったのは6戦6勝で1番人気の3歳牝馬ザルカヴァでした。期待してましたが残念な結果になってしまいました。来年以降に期待しましょう。
今年のダービー馬でNHKマイルカップとの変則2冠を達成したディープスカイの次走は天皇賞(秋)に決まりました。菊花賞と天皇賞のどちらかになるだろうと思われていましたが、東京競馬場での適正を考えて天皇賞に決まったようです。凱旋門賞に出走したメイショウサムソンも天皇賞に出走する計画もあるようで、もしそうなれば一昨年のダービー馬メイショウサムソン、去年のダービー馬ウオッカ、今年のダービー馬ディープスカイと3頭のダービー馬が揃いそうになってきました。これも楽しみであります。その前に秋華賞や菊花賞もあります。これから競馬も盛り上がっていくぞ

今日のお写真
先日の書き込みで新緑大好きさんから「私は萩の花が大好きなのですが、萩は撮らないんですか?」というお問い合わせがありました。それで、大乗寺に行った後に迎称寺(こうしょうじ)にも寄ってみました。こちらは土塀前に萩が咲くお寺で有名です。見頃としてはかなり後半でしたが、部分的には綺麗に咲いていました。迎称寺はなかなか最盛期に行けていないのですよね~。少しだけですが撮ってきましたので、どうぞご覧ください。撮影日は2008年10月6日です





ところで、10月3日の掲載のショック2で善峯寺での写真の失敗を報告しましたが、その帰りの田んぼの風景がどうしてもちゃんと撮りたかったので5日の早朝に行ってきました。5日は婚礼の撮影でしたが昼からでした。風景との出会いは一期一会、この風景とまた出会えるとは限りませんので、頑張って行ってきました。それがこれです



「なんや、たいしたことないやん」何かこんな声が聞こえてきそうですが、私としてはこんな風景が大好きです。寺院や神社に咲くお花も好きですが、こういう「里の風景」が実は大好きなのです。この写真は気に入っております。フィルムの出来上がり楽しみです。
この後はさすがに時間が無くなってきましたので、善峯寺に行けませんでした。一重の秋明菊はまた来年です。

いかがでしたでしょうか
よかったらご感想をお聞かせください
コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大乗寺に咲く酔芙蓉♪

2008年10月07日 23時57分01秒 | Weblog
京都はここ3日間は天気が悪くて雨模様です。秋は晴れと雨を繰り返しながら冬に向かっていくもんですから、いつもの秋が進行中ですね。明日からは天気が良くなってくるようです

10月5日は秋のGⅠシリーズ第1弾「第42回スプリンターズステークス(芝1200m)」が中山競馬場で行われました。以前は冬に開催されていましたが、今は秋のこの時期に開催されるようになりました。この時期なので夏に力を付けてきた馬と、以前から短距離で活躍して夏は休養に当ててきた馬との対決の形になっていて、とても面白い図式になっています。近年は夏に「サマースプリントシリーズ」も開催していますので、特にこの図式が面白くなっています。今年の夏の最大の上がり馬は、ダートから芝に転向しその間4連勝で6連続連対中のスリープレスナイト、サマースプリントシリーズの優勝馬カノヤザクラなどなど。そしてスズカフェニックスやファイングレインのGⅠ馬。キンシャサノキセキなどの実績馬の対決であります。1番人気は4連勝中のスリープレスナイトでした。
レースは絶好の14番枠に入ったスリープレスナイトが最高のスタート切りました。その後、逃げ宣言をしていたウェスタンビーナスが出鞭を入れて先頭に立ち、エムオーウィナーやビービーガルダンなどの先行馬が前に行き、1番人気スリープレスナイトは4~5番手。もっとハイペースになるかと思いましたが、隊列が決まってしまいましたので以外にも平均ペースになりました。直線に入って内から伸びてくるビービーガルダン、外から差してきたスリープレスナイトとキンシャサノキセキ。でも伸び足はスリープレスナイトが際立っていましたので、そのまま差し切って優勝。2着にはその外から伸びてきたキンシャサノキセキ、3着は内で粘ったビービーガルダンでした。平均ペースになったので追い込み馬には辛い展開で、GⅠ馬のスズカフェニックスでも4着がやっとでした。
この勝ったスリープレスナイトに騎乗していたのが上村洋行騎手。GⅠは初勝利です。彼は92年にデビュー、この年40勝しJRA賞最多勝利新人騎手を受賞するなど華々しいデビューしました。しかし2003年に「黄斑上ぶどう膜炎」という目の病気を発症。視界が白く濁り視力が落ちていく日々に引退を考えたそうです。3回の手術はうまく行かなかったが、4度目の手術が成功し騎手に復帰しました。しかし騎乗機会は激減、伸び悩みました。その時、上村騎手に手を差し伸べたのが橋口調教師でした。そして、このスリープレスナイトは橋口調教師の管理馬で、この日はなんと橋口調教師の誕生日でありました。レース前から上村騎手は「橋口先生のために勝ちたい」と言っていましたので、なにかドラマの結末のような出来事になりました。レースが終わって下馬した上村騎手と橋口調教師が抱きついていましたし、その後も後藤騎手や桜花賞で一足早くGⅠを初勝利した小牧騎手などいっぱいのジョッキーから祝福されていました。この光景は涙が出ました。
馬券の方は、北九州記念を勝ったときから本命と決めていたスリープレスナイトが勝ちましたが、2着に入ったキンシャサノキセキを買っていませんでしたので完敗です。でも、上村騎手が勝ったので、馬券は取れませんでしたが嬉しい気分になりました。良かったです。
スリープレスナイトは1200mではほぼ国内無敵になりましたし年内は1200mの大きなレースがありませんので、今後は香港スプリントから来年はドバイに目標を置くそうです。これからも上村騎手共々応援して行きたいと思います
スプリンターズステークスではもう一つ話題がありました。新人の三浦皇成騎手がこのレースでGⅠ初騎乗(プレミアムボックス)を達成しました。実はGⅠに騎乗するには50勝が必要なのです。三浦騎手は先週までで54勝、武豊騎手の新人最多記録69勝(1987年)を更新する勢いです。競馬学校出身の新人としては、1996年10月20日の秋華賞に騎乗した福永騎手を上回り、最速のG1騎乗となりました。結果は14着でほろ苦いGⅠ初騎乗になりましたが、ここからのスタートです。ジョッキー界に新しいスターの誕生です。若い人がGⅠ初騎乗を果たし、苦労人がGⅠを初制覇をする。記憶に残るレースになりました
今週は秋の天皇賞につながる毎日王冠(GⅡ・芝1800m・東京競馬場)と京都大賞典(GⅡ・芝2400m・京都競馬場)が行われます。いよいよ地元京都での開催になります。これから2ヶ月間は淀は盛り上がりま~す

我が阪神タイガースも大変なことになってきました。昨日の東京ヤクルトスワローズ戦に破れ、また読売ジャイアンツと同率で並んでしまいました。実は先日知ったのですが最終的に同率で並んだ場合、当該チームでの対戦成績で決まるということです。つまり今年の阪神対巨人は今のところで10勝13敗で巨人が勝ち越しを決めています。ということは数字では今は並んでいますが、実質的には巨人が1ゲーム差をつけているということです。不利であることには間違いありませんが、もう勝つしかしかありません。明日はいよいよ巨人vs阪神の最終戦が東京ドームで行われます。阪神タイガースファンのみなさん、一緒に祈りましょう

今日のお写真
昨日、「酔芙蓉」が満開ということですので山科区の大乗寺に行ってきました。今年2回目の訪問です。本当の見頃は1週間ほど前だったようですが、この日も「これでもか!」っていうぐらい咲いていました。酔芙蓉の説明は不要かと思いますが…。酔芙蓉は芙蓉の仲間ですが、朝の内は純白で午後になるとピンクになっていって夜のは紅色になって行きます。お酒を飲むと顔が徐々に赤くなって行くような様に似ていることからこの名前が付いたと言われています。
では、どうぞご覧ください。撮影日は2008年10月6日です



こちらは入り口に咲いている酔芙蓉の大木です。



こちらは本堂前に大きな器に飾ってあった酔芙蓉です。水に浮かせてあります。



こちらは境内奥にある十三重の卒塔婆と酔芙蓉です。このあたりが一番咲いていました。



こちらは酔芙蓉のアップショット。右側に咲いているのは、たまに現れるまだらに咲いた酔芙蓉です。これがなかなか可愛いのです。



こちらは駐車場側の酔芙蓉です。

いかがでしたでしょうか
よかったらご感想をお聞かせください

長い書き込みですいません


コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トリプルショック(+_+)

2008年10月03日 23時04分50秒 | Weblog
みなさん、おこんばんは~~~

今日は大変ショックなことが3発も起こってしまいました。

ショックその1
今朝起きて新聞を見ました。すると金曜日なので「ロト6」の結果が発表されていました。実は私はロト6は毎週買っています。1口づつですが…。それは私と父と母と姉と甥と姪の誕生日の6つの数字を買う買い方をしていました。今日の結果を見てみるとなんと6つのうち4つ当たっているではありませんか。でも、今週だけは買い忘れていたのです。ま~、当選金は5300円ですが、今の激貧の私には大きい5300円なんですよ。ガックリ

ショックその2
今日は快晴との天気予報でしたが、そこそこ雲っていたので写真を撮りに出掛けました。ネットで見てみると善峯寺の秋明菊が見頃とのこと。行ってみると一重の白の秋明菊が見頃でした。ご機嫌で撮影して下山。帰りに大原野で稲刈りが終わった面白い田んぼがあったので、こちらでもご機嫌で撮影。その後、嵐山の正覚寺の行くと小紫が実っていたので、こちらでもご機嫌で撮影。ご機嫌で帰宅して画像をパソコンにコピーをして、写真をよくよく見てみると何かが違う。写真にシャープさが無い。背筋が寒くなる感覚でデジカメを見てみると、なななんとISOが400になっているではありませんか。ガーン。で、話はこれでは終わりません。私のデジカメの使い方は、もちろん写真を撮ることも1つですが、フィルムで撮る時の露出計代わりにしているのです。デジカメの適正露出から1絞り開けて撮ると、フィルムの方は適正になります。こうやって撮ってきたのです。ということは、フィルムで撮った今日の写真はすべて2絞り分アンダーの写真が出来上がるということです。今日撮影したブローニー4本(約5000円分)がパーになってしまいました。今日一日はなんだったんでしょうか。でも、確認しなかった私が悪い。全て私の責任であります。それは分かっていますがショックでした。ガックリ

ショックその3
今日の阪神タイガース。ヤクルトスワローズ相手に7回の表まで5-0で勝っていたのに、7回裏に4点、8回の裏に3点を取られて逆転負け。これでまたまた読売ジャイアンツに同率で並ばれ、マジックもまたまた消えてしまいました。残り試合を全部勝つとは思いませんが、5-0からの逆転負けは大ショック。ガックリ

これだけショックなことが続けば、あさってのGⅠは勝てるような気がします

すいません、コメントを頂いた方へのお返事は後日にさせて頂きます

土日は婚礼の撮影。もう寝ます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加