ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ

現代Country Musicのガイド・サイト。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Becky Schlegel 「For All the World to See」

2008-11-25 | カントリー(女性)
 カントリー・ゴールド(22日のBS放送、見られました?)やCMAアワードなどのイベントも終わり、ビッグ・ネームのニュー・アルバムもひととおりリリースされ、カントリー界はひと段落。ということで、知名度は二の次にして、そういう華やかな喧騒とは離れて、真にカントリー的に楽しめる作品をご紹介したいと思います。

 ミネソタのブルーグラス・シーンから登場した歌姫、Becky Schlegel(ベッキー・シュレーゲル)の、幾分ナイーブな心和むアコースティック・アルバム、今年2008年6月のリリースです。90年代末からミネソタでブルーグラス・バンドの一員として活動を開始。アルバムもリリースし続けており、ローカル・レベルでは確固たる地位を築いていた彼女。満を持しての全米デビュー作となります。その声は甘い輝きにみちたソプラノ・ボイス、癒し系の極地です。アリソン・クラウスのようなカリスマ性とまではいかないかもしれませんが、Claire Lynchに匹敵するくらいのクオリティと実力と、そしてClaire以上にカントリーへクロスオーバーする親しみやすい資質を持つタレントと思います。

 

 オープニングのタイトル曲、"For All the World to See"のイントロ、鈍いブルーな響きから一転、彼女がおもむろに歌い出す輝きの瞬間が素晴らしい。このアルバム全体を支配するメランコリックなトーンが織り込まれたアップ・テンポ曲で、期待を持たせます。ここで感じられた手触りは、アルバムのキーとなるスロー曲"Why Maybe"、"Jenny"、ささやくようなボーカルに引き込まれる"Lonely"にも一貫して感じられて、Beckyの唯一無二の個性となっているのです。ブルーグラッサーとしてのルーツは、"Best time of the day"や"99%"などのアップ・テンポ曲でアピールされますが、その声はあくまで洗練されマイルドです。そして、カントリー目線で見たハイライトが、ポップな輝きが染み込んだ"I Need Your Love"。穏やかですが弾むようなリズムが素晴らしい、心がウキウキするようなミディアム・チューンです。

 

 サウス・ダコタで育った彼女が、最初マスターした楽器はピアノでした。5歳からはじめ、13年間もの間、母のバンドThe Country Bendersでプレイ。そこで彼女は、トラディショナルなカントリーにドップリと浸かると共に、パフォーマーとしての極意も習得したようです。「The Country Bendersとのショーで、私は本当にたくさんの物を学んだ。観客の心を読むこと、つまり、彼らの表情や感情を良く見る事は、良いパフォーマーにになる良い手助けになるわ」1993年にミネソタに移り、ここでピアノをギターに持ち替えるのです。「ギグにはギターの方がずっと持っていきやすいから」と彼女。そこで多くの優秀なプレイヤーと出会い、 ブルーグラス・バンドTrue Blueを結成。Minnesota Music Academyから、1998年に早くもBluegrass Recording of the Yearにノミネートされるのです。そして2000年にBluegrass/Old-Time Group of the Yearを獲得、Becky個人としても、2001年にBluegrass/Old-Time Artist of the Yearに輝きます。2002年には初のソロ・アルバム「Red Leaf」をリリース、そして結婚と出産を挟んで2005年には2枚目"Drifter Like Me"をリリース、ファンや批評家の賞賛を浴びるのです。こうした着実なローカル・レベルの成功を経て、この素晴らしい「For All the World to See」が生まれたのでした。

 ●BeckyのMySpaceサイトはコチラ
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Brad Paisley ブラッド・ペ... | トップ | Little Big Town 「A Place ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カントリー(女性)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。