電脳オヤヂの悪戦苦闘記(goo版)

中途半端な知識と旺盛な好奇心ゆえに悪戦苦闘する日々・・・小さなIT端末と競艇とタイガースを愛する五十路親父です。

日本語が使えれば・・・

2017-05-12 16:28:41 | 日記

そう・・・
せめて日本語が使えれば、
HyperCardでいろいろとやってみたいものですねぇ・・・・

先の日記でも書いたが、
今でも、Macintosh Classic がオブジェと化しているのですが、

この記事に載っているソフトウェア、
使ってたものがいっぱいあるなぁ・・・・

Classic には、フライトシミュレーターは入ってなかったが、
「VETTE!」で遊んでた。



<engadget>
1984年発売のMac用アプリ多数が無償公開。ブラウザ上エミュレータで環境ごと提供

http://japanese.engadget.com/2017/04/18/1984-macintosh/?ncid=jpMixiEN


***これより転載***

インターネット・デジタルメディアのアーカイブを運営するInternet Archiveが、1984年に発売されたアップル・マッキントッシュのソフトウェアコレクションを公開しました。ライブラリーではSystem 7.0.1やMicrosoft BASIC 2.0、ウィザードリィといった当時のシステムやアプリケーション、ゲームをブラウザー上でエミュレーション操作できます。

コレクション内容は1984~1989年にかけて40数本のソフトウェアを自由にブラウザー上で実行することができます。なかにはウィザードリィ、ロードランナーやスペースインベーダーといった定番ゲーム、Microsoft フライトシミュレーターなどもあり、モノクロ画面にくっきりと見えるピクセルを見て懐かしさがこみ上げる人もいるかもしれません。

アプリケーションではHypercardやMicrosoft BASIC、MacWriteなど。いくつか同じアプリケーションが並んでいるのはバージョン違いです。

Macintoshで動くMicrosoft Basic。

なお、現在は45本のシステム、アプリケーション、ゲームがあるだけですが、これらは順次追加されていくはず。いまライブラリーに懐かしのソフトウェアがなかったとしても、しばらく経ってからまた覗いてみる価値はありそうです。一方で当時を知らない新しい世代の人々も、いちどこうしたレトロなコンピューター環境を触ってみれば、なにかしら新しい発見が得られるかもしれません。

***ここまで転載***



「鉄アレイ」代わりにも出来るほどの重さの
「実践HyperCard」も、スタンバってますよぉ 笑


同じ内容を、mixiの日記にも書きました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Macintosh Classicがオブジェ... | トップ | いやいや・・・「色っぽい」と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL