電脳オヤヂの悪戦苦闘記(goo版)

中途半端な知識と旺盛な好奇心ゆえに悪戦苦闘する日々・・・小さなIT端末と競艇とタイガースを愛する五十路親父です。

熱対策は???

2017-06-13 12:24:08 | ハードウェア
その一点が確立されているのであれば、いいですね。

モバイルバッテリーからチャージしてるときは、
本体側もバッテリー側も発熱する。
しかも、スマホ側を電源OFFしているならまだしも、
使いながら・・・・だと、かなりの熱が発生するはずだ。




<DIGIMONO!>
■スマホで使うよね?それならモバイルバッテリーもスマホサイズにしようよ【実は知らないバッテリーの秘密】
https://www.digimonostation.jp/0000098214/


***これより一部転載***

ひとり1台のスマホが当たり前になりつつある今、いつでもどこでも充電切れを回避できるモバイルバッテリーにも、さまざまなモデルが登場している。そんな中、本当に選ぶべきは?

スマホと同時持ちできるサイズか?
スマホの充電残量が少なくなると、バッテリーをつなぎながらスマホを操作することになるが、長いケーブルでバッテリーをぶら下げるのは取り回ししにくい上、見た目にもスマートからはほど遠い。スマホと一体化するタイプなら、そんな悩みも無用だ。

(以下略)
***ここまで転載***




吸盤を使って隙間を開けている・・・のかもしれないですが、
そこまで熱を逃がすことはできないでしょう。
そして、バッテリー側はそれなりの処理をしているのかもしれないが、
スマホ側はそこまでは考えていないのではないでしょうか??

とにかく、熱処理がうまくいかないと、
クロックを下げてスピードが落ちる
熱暴走して再起動を余儀なくされる。
果ては、熱による変形、故障、あるいはやけどまで
ありえるのだが・・・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NO.1 D6 を鍛える ~07~ | トップ | やらかしてるなぁ・・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL