美顔器が気になる年頃・・

若い頃は気にならないけど、加齢ととももに美容グッズの需要が増します。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アロマオイルで虫除けスプレー

2009-02-23 14:28:31 | Weblog
とにかく薬が嫌いな私ですが、虫除けもなるべくハーブ系の虫除けスプレーを使ってきました。ですが、どうもあのシューッとした時に吸い込みむせることが嫌でした。
そして試行錯誤した結果、虫除け効能のあるアロマオイルを使って虫除けスプレーも作ってしまおう、と考えました。
しかしどのエッセンスを組み合わせればベストなのか実験もしてみました。蚊が嫌う成分には、やはり殺菌作用の強いティーツリーです。
ティーツリーには種類がありますので、レモンセントティーツリーが効能としてお勧めです。このアロマオイルにネロリーナを混ぜると良いです。
ネロリーナははだに優しいので安心できます。ただティーツリーは薬くさいと言われることが多いのですが、甘い香りに蚊が寄ってきても困ってしまいますしね。
その他、ミントやユーカリもお勧めです。こちらはスーッとした香りで虫除けになります。
最近、ディートという虫除け成分の中心的な化学物質が注目されました。このディートは毒性・危険性があるということで危険性物質扱いをされています。
しかしながら、最近の再評価により危険視されたことになりますので、今まで使用していた我々は安全だったのかと疑問も出てきます。
このようにまだまだ危険な物質を含む製品が売られています。私たちはそれを安全なものだと信じて使っていますが、そうでない場合もあります。
個々で勉強をしていかないと、アレルギーになったり肌荒れしてしまったりといったトラブルも出てこないとも限りません。
虫除けスプレーをひとつのきっかけとして、家庭の中の化学製品を見直すチャンスかもしれませんね。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

美顔器でターンオーバーを整える

2008-06-04 14:38:00 | Weblog
シミができる一番の原因はみなさんご存じの通り紫外線です。
なるべく避けたい紫外線ですが、なかなか避けられないのが現状です。
しかし紫外線によるシミは、美顔器で消すことができるのです。
今回はシミを消す美顔器ケアについてお話します。

お肌のターンオーバーが整っていれば、メラニン色素は必ず排出されます。
つまり、シミができやすいお肌というのは、ターンオーバーが整っていないお肌ということなのです。
美顔器を使わなくてもできることがあります。
ターンオーバーを整えるにはまずストレスや疲労をためないこと、寝不足だったり不規則な生活をやめて新陳代謝を活発にすることが大切です。
これはみなさんご存知だと思いますが、夜10時から深夜2時の間は新陳代謝が活発なので、古い細胞を新しく生まれ変わらせるためにも、この時間はしっかりと睡眠をとるようにしてください。
そしてたばこが健康だけでなくお肌にも悪いということはご存じでしょうか。
たばこはビタミンCを破壊してしまいます。
いくらビタミンCをとっていてもたばこを吸っていては無駄になってしまいますので、美白効果を激減させないためにもたばこはやめましょう。

美顔器でターンオーバーを整える場合ですが、結論を言ってしまえば、どの種類の美顔器でも正しく使えばターンオーバーを整えることはできます。
このターンオーバーさえ整えばシミとなるメラニンは排出されるので、シミの予備軍は消すことができますし、シミになってしまった後のメラニンも少しずつですが薄くすることが可能なのです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イオン導入に最適な美容液を選ぶ

2008-06-04 14:37:34 | Weblog

イオン導入美顔器を使う際にビタミンC誘導体が使うのはもうご存じですよね。
ではイオン導入美顔器にふさわしい美容液とは一体どんなものなのでしょうか?

ビタミンC誘導体は大きく分けると「リン酸型」と「グルコシド型」の二種類です。
この二つのうち、イオン導入に最適なのは「リン酸型」です。
ですが、ビタミンCが含まれている化粧品のおよそ六割がグルコシド型のビタミンC誘導体が使われているのです。
どうしてかというと、グルコシド型の方はリン酸型に比べて価格が安いからなのです。
リン酸型のものは価格が高いのでリン酸型のビタミンC誘導体を使っている美容液はどうしても価格が高くなってしまうのです。
そしてよく耳にするヒアルロン酸やアスコルビン酸はイオン導入により肌に浸透することはないのでご注意ください。

せっかく本格的にイオン導入するのなら、イオン導入に最適な美容液を選ぶようにしてください。
エステサロンと同じお手入れをするからこそ美肌を実感できるのですから、しっかりとした知識をつけましょう。

美容液を選ぶときに、「ビタミンC入り」と書いてあればイオン導入器にふさわしいと考えてはいけません。
成分を確認しないまま購入しても、イオン導入美顔器の機能を生かしきれないのです。
ふさわしいビタミンC誘導体の種類としては、表示名に「リン酸」という文字があるものを選べば間違いないでしょう。
美顔器の種類にこだわらなくても正しい美容液を選べば効果は充分に期待できるので、がんばってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イオン導入美顔器

2008-06-04 14:36:25 | Weblog
イオン導入美顔器を使う際にビタミンC誘導体が使うのはもうご存じですよね。
ではイオン導入美顔器にふさわしい美容液とは一体どんなものなのでしょうか?

ビタミンC誘導体は大きく分けると「リン酸型」と「グルコシド型」の二種類です。
この二つのうち、イオン導入に最適なのは「リン酸型」です。
ですが、ビタミンCが含まれている化粧品のおよそ六割がグルコシド型のビタミンC誘導体が使われているのです。
どうしてかというと、グルコシド型の方はリン酸型に比べて価格が安いからなのです。
リン酸型のものは価格が高いのでリン酸型のビタミンC誘導体を使っている美容液はどうしても価格が高くなってしまうのです。
そしてよく耳にするヒアルロン酸やアスコルビン酸はイオン導入により肌に浸透することはないのでご注意ください。

せっかく本格的にイオン導入するのなら、イオン導入に最適な美容液を選ぶようにしてください。
エステサロンと同じお手入れをするからこそ美肌を実感できるのですから、しっかりとした知識をつけましょう。

美容液を選ぶときに、「ビタミンC入り」と書いてあればイオン導入器にふさわしいと考えてはいけません。
成分を確認しないまま購入しても、イオン導入美顔器の機能を生かしきれないのです。
ふさわしいビタミンC誘導体の種類としては、表示名に「リン酸」という文字があるものを選べば間違いないでしょう。
美顔器の種類にこだわらなくても正しい美容液を選べば効果は充分に期待できるので、がんばってください。


<script type="text/javascript" src="http://x5.yu-yake.com/ufo/067415402"></script>
<noscript>

[PR] 住宅</noscript>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加