ブラック企業だけど頑張るお!→辞めたったwwww

ブラック企業しか内定もらえなかったお!でもそこで頑張るお!
→やっぱりキツイから辞めたわ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

薬剤師業務>処方せん

2016-11-07 04:53:48 | CBT誤解答集(実務)
時間あるのでもう1単元やります。

問:適応症により投与期間の制限が異なる内服薬はどれか。

1. フルニトラゼパム
2. ロキソプロフェンナトリウム水和物
3. プラバスタチンナトリウム
4. オメプラゾール
5. アテノロール






正答: オメプラゾール
※オメプラゾールは適応症により投与期間が異なる。1日1回20mgの場合、十二指腸潰瘍は6週間まで、胃潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎は8週間まで投与できる。


問:フルニトラゼパム錠の高齢者に対する薬用量の上限として適切なのはどれか。

1. 1回1mgまで
2. 1回2mgまで
3. 1回3mgまで
4. 1回4mgまで
5. 1回5mgまで






正答: 1回1mgまで
※フルニトラゼパムは、通常成人1回、0.5~2mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、高齢者には1回1mgまでとする。
※フルニトラゼパム:ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤





問:1日の最高投与量が6 mgの経口糖尿病用薬はどれか。

1. グリベンクラミド
2. グリクラジド
3. ピオグリタゾン 不正解
4. アカルボース
5. グリメピリド







正答: グリメピリド
※グリメピリドは、通常、成人にはグリメピリドとして1 mgより開始し、1日1~2回朝又は朝夕、食前又は食後に経口投与する。多量に服用すると低血糖をおこすおそれがあるため、1日最高投与量は6 mgとする。
※グリメピリドは6mgまで、グリベンクラミドは10mgまで、グリクラジドは160mgまで


問:透析療法を受けている患者に対して禁忌である薬物はどれか。

1. スクラルファート水和物
2. ニフェジピン
3. リドカイン塩酸塩
4. エリスロマイシンステアリン酸塩
5. フェニトイン





正答: スクラルファート水和物
※スクラルファート水和物は、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症等があらわれることがあるため、透析療法を受けている患者には禁忌となっている。リドカイン塩酸塩、エリスロマイシンステアリン酸塩、フェニトイン、ニフェジピンは肝代謝型薬物である。
※スクラルファート:粘膜保護薬のひとつ。ショ糖硫酸エステルアルミニウム塩であり、胃や十二指腸における潰瘍表面のタンパク質と結合して被膜を形成する。スクラルファートはH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ拮抗薬などの胃酸抑制薬による治療後の再発防止を目的として使用されるアルミニウム化合物。このアルミニウムは腎機能が低下していると体内に蓄積するので、透析患者への使用は禁忌とされている。


問:グリベンクラミドの1日最高投与量はどれか。

1. 0.25 mg
2. 6 mg
3. 10 mg
4. 160 mg
5. 2,000 mg







正答: 10 mg
※グリベンクラミドの1日最高投与量は10mgである。


問:高齢者におけるエチゾラムの制限量はどれか。

1. 0.25mg/日まで
2. 0.5mg/日まで
3. 1.0mg/日まで
4. 1.5mg/日まで
5. 2.0mg/日まで






正答: 1.5mg/日まで
※エチゾラムの成人薬用量は、神経症・うつ病の場合は1日3mg、心身症・頚椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛の場合は1日1.5mg、睡眠障害の場合は1日1~3mgであるが、高齢者ではいずれの場合も1日1.5mgまでとなっている。
※エチゾラム:チエノトリアゾロジアゼピン系に属する抗不安薬、睡眠導入剤であり、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を持つ。


問:処方せんの記載事項として、必要でないものはどれか。

1. 患者の氏名
2. 発行年月日
3. 薬局の所在地
4. 用量
5. 処方医の記名押印又は署名







正答: 薬局の所在地
※処方せんに薬局の所在地は必要ない。処方せんの記載事項は、①患者の氏名、②年齢、③薬名、④分量、⑤用法・用量、⑥発行年月日、⑦使用期間、⑧病院もしくは診療所の名称及び所在地、⑨処方医の記名押印又は署名、である。




グリメピリド、グリベンクラミド、グリクラジドの用量の上限はすぐ忘れてしまうので気を付けたいです・・・・
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬剤師業務>薬剤師業務の基礎 | TOP | 薬剤師業務>疑義照会 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | CBT誤解答集(実務)