足利市 こども食堂を開催しています。「がじゅまるの家」11:30~15:00 JR足利駅北口徒歩2分 

メイン料理のご注文で、テーブル惣菜&サラダ等が食べ放題!
ワンコインでOK!
こども食堂を開催しているお店です!

本日、こども食堂開催日です\(^o^)/

2016年10月20日 07時01分22秒 | 日記
今日は、朝から天気が良いです♪

予報によると、季節外れに暑くなるようです。

予想では、25度を超えるとか。暖かい日、寒い日、繰り返し

季節は変わっていきます。今年の冬は、どれくらい寒くなるのかな。

そうそう、北海道では、雪の予報が出されていました!

沖縄では、気温が20度を超えてるというのに。

体調を崩さないよう、ご自愛ください。


さて、本日は


「足利市 こども食堂開催」の日です\(^o^)/


いつもより、30分繰り上げてオープン致します(^^)

17:30から20:00まで実施いたします。


どなたでもご利用いただけます!お気軽に、お越し下さい。


こども・・・無料(15歳未満)

おとな・・・500円(次回開催の資金とさせていただきます。)



※駐車場は、足利銀行様にご協力を頂いております。ご足労ですが、

 足利銀行様の駐車場をご利用ください。


昨日、フードバンクへの物資のご提供と、こども食堂へのお心遣いを頂きました。

ありがとうございました。

~お願い~

フードバンクに物資のご提供を頂ける方、是非、ご一報ください。

こちらから取りに伺います。勿論、がじゅまるの家にお持込み頂いても結構です。

とにかく、物資が足りません。ご提供いただける物は、何でも結構です。

(但し、お引き受け出来ない物もございます。)

090-5443-0860

こども食堂 実施責任者 カヤマ まで、お願い致しいます。



~F様へ~


「これから、二人の子どもと死のうと思います。もう生きていく自信がありません。」


深夜1時過ぎ、そんな強烈な電話が入りました。

「その前に、お話を聞かせて下さい。いま、どちらにいらっしゃるのですか。」

私が訪問していた場所から、車で1時間くらいの距離にいらっしゃる様子。

泣きながら答えてくれました。

「身体を壊し、会社を辞めました。頼りどころも無く、人生を終わりにしたいです。」


ご相談者は、39歳男性。8才の女の子と3歳の男の子を抱え、人生を終えようと、

模索していたと。奥様とは1年前に死別。自死。それから体調を崩し、育児にも疲れたと。

「お子さんの為に生きて下さい。」

1時間後、相談者の方のところに到着して、相談者と二人のかわいいお子さんに会いました。

とても真面目な男性です。誰にも頼らず、懸命に働いて、お子さんの為に全うしてきた男性。

私の前でボロボロと涙を流し、お子さんたちに謝り続けました。

「情けない、ダメなパパでごめんね・・・。」と。

お子さんと共に死のうとした事を、悔んだようです。


「どうやって生きたら良いでしょうか。」


そう言って来た男性に、


「これからお子さんの未来を、一緒に考えていきましょう。」


暫くは、この親子と、関わっていけそうです(^-^)




生きたくても、生きられない方は、たくさんおります。

授かった命。自ら断つ事だけはやめて下さい。

必ず、誰かが手を差し伸べてくれます。


一生懸命がんばっているあなた。

少しくらい休んでも、誰もあなたを責めません。

たまにはリフレッシュして下さい。

必ず、誰かが手を差し伸べてくれます。

私も、その一人となります。
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月19日(水)お休みです | トップ | 第4回 足利市 こども食堂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。