足利市 こども食堂を開催しています。「がじゅまるの家」11:30~15:00 JR足利駅北口徒歩2分 

メイン料理のご注文で、テーブル惣菜&サラダ等が食べ放題!
ワンコインでOK!
こども食堂を開催しているお店です!

食べられなかったお弁当の想い出

2016年12月10日 07時35分57秒 | 日記
今日は陽も眩しく、とてもスッキリした朝ですね。

冬の朝は、寒さを強く感じますが、私は好きな季節です。朝焼け、夕焼け、綺麗ですよね。


皆さんはお弁当の想い出ってありますか。私は、今でも記憶に残るお弁当があります。

それは、高校受験の時のお弁当です。


受験当日、親に朝から作って貰ったお弁当を持参して、試験会場に入りました。

会場にはたくさんのライバルがいて、とても緊張していました。目の前の敵と闘う為に、

ずっと準備をして来たので、自信満々で会場に入ったのですが、やはり、場の雰囲気に

やられ、とても緊張していました。

それでも、何とか午前の試験をクリアして、昼食タイムに。母親に用意して貰ったお弁当を

取り出した瞬間、あるメモ書きが目にとまりました。


そこには、「がんばれ」 の一言だけ、書かれていました。母のメッセージでした。


それを見たとたん、私はお弁当の蓋も開けず、食べないまま、しまい込んだのです。

理由は、 「恥ずかしい」 と思ってしまったのです。誰かに母からのメッセージを見られた訳

でもなく、お弁当の中身が、年甲斐もないキャラ弁だった訳でもなかったのですが・・・。

結局、昼食を摂らずに、午後の試験の為に昼休みを利用して、準備をしました。

そして、試験を無事に終え、帰路についたのですが、緊張から解放されたせいなのか、急にお腹

が空きました。電車に乗りながら、お弁当を食べていなかった事を思い出し、電車を降りてから

自宅に帰るまでの間に、母に申し訳ないので、食べようと思いました。途中の公園に立ちお寄

り、お弁当を開いたら、中身は小学校1年生の遠足の時に、初めてお弁当を作って貰った頃の物

と、なにも変わらない物ばかりでした。ハンバーグ、ウインナー、から揚げなど、全て手作りで

す。ご飯は海苔を醤油で味付けし、表と中間に挟んだ二層。

試験会場では食せなかったお弁当を、帰宅途中の公園で、小学校入学した時の事を思い出しなが

ら食べました。その時に、 「安心感」 が漂ってきた事を、記憶しています。

その意図を母に確認していませんが、きっと母は、その安心感を私に与え、「あなたと共に闘っ

ているよ。」 と、云いたかったのだと思います。


後日、発表された試験結果は、 「合格」 でした。


この時期、中学3年生、或いは、高校3年生は、受験勉強等で、なにかと大切な時です。

でも、リラックスする為にも、外の空気を吸う事も必要ですね。それと、栄養です。


受験生の皆さん!

最後の追い込みで大変だと思いますが、自身の将来の為にも、いまを耐えて、頑張って下さい!


今日も一日がんばりましょう\(^o^)/

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が子を想う親のこころ。 | トップ | 足利市 こども食堂 12月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。