旅すれば又、旅2

・・・・・旅それぞれに・・・・・

気比の松原⇒山中温泉

2017-08-09 | 石川県

 

2017年6月12日(月)晴れ

今日も何の用事もないので、ドライブに出かけます。
あまり遠くなくって、行ったことがないところ・・・。

そういえば、福井県敦賀の「気比の松原」へは、私は行ったことがありません。
夫は高校生の時、陸上部の合宿で「気比の松原」へ行ったことがあるそうです。
先週は、夫の行ったことがない名古屋城へ行きましたので、今回は私の行ったことがない
「気比の松原」へ行くことにしました。

 

側は何度も通っているのですが来たことのない「気比の松原」です。

 

此方は夏には海水浴場として賑わうようで、海の家が建設中でした。(6月時点)
夏休みの今、浜は海水浴のお客さんで賑わっている事でしょう。

 

松越しに見る海も良いものですね。



気比の松原から敦賀半島をドライブ。
敦賀半島の少し沖にある無人島「水島」が見えるところまで来ました。
写真ではわかりにくいのですが、水島の海の色はコバルトブルー、
白砂とのコントラストが美しい島です。

 

敦賀半島から越前海岸をドライブ。
昼食は何時もの「樽海」さんで新鮮なお刺身と「あら汁」を食べました。


 

越前海岸から次に向かったのが石川県「山中温泉」です。
宿は、此方もお馴染みの吉祥やまなかに宿泊します。
眼下に大聖寺川が一望できます。

此方の宿のおもてなし(無料サービス)結構、充実しています。
★ロビーラウンジでは加賀棒茶、珈琲、紅茶をセルフサービスで提供 
★鉄板焼きレストランではアフタヌーンティー(焼きたてのパンケーキ)
★湯上りサービス、ロビーラウンジで 麦茶・夕方からはビール1杯・郷土料理べろべろ
 朝はトコロテン
★伝統芸能「山中節の夕べ」山中芸妓衆による舞唄を鑑賞
いづれのサービスも時間帯が決まっています。

 

大浴場からも大聖寺川が一望できます。温泉の後は、食事処で夕食です。

 

 

 

 

こんな感じのお料理です。特別感はありませんがそこそこ満足できるお料理です。
プランなどにより、もっとグレードの高い食事もできます。

 

2017年6月13日(月)晴れのち曇り

 

朝食も同じ食事処でいただきまました。鯵の干物がとても脂がのっていて美味しかったです。

 

今日は福井県立恐竜博物館を見学します。
つづく

 

 

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋城 | トップ | 恐竜博物館 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よし坊)
2017-08-10 16:20:04
あっ\(◎o◎)/!又山中温泉ですね!
気楽にスッと行ってしまうのがとても羨ましいです。
家は樽海で昼飯を食べてしまうと夕食が食べられなく成ってしまうほど胃袋が小さいのが残念なんです。
懐かしい❢ (パンジー)
2017-08-11 09:40:08
私が嫁いだ後、両親は敦賀に引っ越しました。
気比の松原は、我が子達の海水浴場でもありました。
懐かしい景色をありがとうございました。
今度は山中温泉ですか…❢
主人と、「いいねぇ~」と、指くわえております(笑)
よし坊様 (ニャン)
2017-08-11 18:05:10
加賀温泉郷は我が家から気軽に行ける(近い)温泉地です。^^
ただ、加賀温泉郷は少々、お値段が高めかと思われるのですが
此方の「吉祥やまなか」さんは、サービスなどを考えるとお得感があり利用する機会が多い宿です。
実は、この時は宿泊の予定なしに出かけ、途中で当日予約しました。
ですので昼食は樽海さんで新鮮な刺身を食べるて帰る予定だったのです。
宿泊するなら、我が家も樽海さんはパスしていたと思います。^^;
相変わらず計画性のない我が家です。
パンジー様 (ニャン)
2017-08-11 18:11:35
気比の松原は思い出の場所なんですね。^^
海水浴場としても有名な気比の松原。
私はこの浜で泳いだことがないのですが、きっと夏は海水浴のお客さんで混むのでしょうね。
人の少ない気比の松原も良かったです。
海も綺麗ですし。^^
パンジー様がお子様と海水浴を楽しまれていた頃は
きっと、もっともっと海のが綺麗だったのでは?と想像できます。
敦賀の近くに住むようになり、敦賀の良さを少しずつ感じています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。