旅すれば又、旅2

・・・・・旅それぞれに・・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山と海の旅2泊3日②

2017-04-24 | 愛知県

 

2017年4月24日・月

朝、思っていたほど気温が下がることもなく気持ちの良い朝でした。
今日は一度、高山の中心部へ行きガソリンを入れて高速で知多半島へ向かいます。

 

ホテルを出て少し行くと水芭蕉の花が咲いていました。

 

 

今日も良いお天気なので高山市内からはアルプスが綺麗に見えていました。
この日、高山市内の桜は満開でした。



知多半島最先端の旅館 ≪活魚の美舟≫

 

此方のお宿、宿泊するのは初めてですが随分昔、昼食を食べに来たことがあります。
鯛のお刺身がとても美味しかった記憶があるので、此方の宿に決めました。
残念ながら宿は天然温泉ではなく、「人工ラドン温泉」です。
が!今日のお目当ては活魚。美味しい魚を目当てです。

 

 

部屋は勿論オーシャンビュー。伊勢湾が一望できます。


左に見えるのが渥美半島伊良湖(愛知県)、
右手の島が三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となった神島 (三重県鳥羽市)です。

 

 

漁船にフェリー、貨物船と船の往来があり海をず~っと眺めていても飽きません。


食事の前に大浴場へ人工ラドン温泉ですが、良く温まるお湯でした。
そして何より露天風呂からの海の眺めも良かったです。

 

食事は、お食事処「小波」でいただきました。


 

 

楽しみしていた「鯛姿造り」まだ、動いています。残酷ですがやっぱり美味しかったです。
小舟の刺身盛り合わせはこれで一人前。お刺身だけでお腹いっぱいになりました。

 

刺身用の醤油、コチジャン、ポン酢。
刺身を飽きないで食べられるようにという事なのでしょうね。
醤油味に飽きたらコチジャンで!これが刺身と良く合うんです。

 

 

河豚の唐揚げとしらすのサラダ。知多半島もしらす漁が盛んにおこなわれているようです。

 

 

ご飯はたこ釜飯、一人用の御釜でテーブルで炊き上げます。
さざえの刺身が残ったので、内緒で釜飯に入れました。美味しかったです。

 

お魚でお腹いっぱい、もう何も入りません、、、、。

 

 

2017年4月25日・火


雲の多い朝でした。
よく見ると道路が濡れていました。寝て居る間に雨が降ったようです。

 

 

 

朝食も昨夜と同じ食事処でいただきました。

 

 

つづく




 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山と海の旅2泊3日① | トップ | 山と海の旅2泊3日③ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よし坊)
2017-05-05 19:41:00
北に南にと行動範囲の広い事!!ビックリします。
「刺身だけでお腹いっぱい」は僕のセリフですね。美味しそうなおかずを前に食べられなくて口惜しい思いをする僕の姿が想像出来ます。
最近小食でホントに困って居ます。
まぁ~❢ (パンジー)
2017-05-06 14:23:31
いつものことでしょうが、フットワークの軽いこと❢
我が家は「行くよ、行くね…」からが長い(笑)
それにひきかえ、なんとまぁ~❢です。
高山には来週行くことになりました。
言い出してから2週間かかったかしら?
高原の名残の桜を期待してましたが、新緑になりました。
「美味しいお魚」と聞くと、海が恋しくなって、困ったものです。
よし坊様 (ニャン)
2017-05-06 17:10:47
私も自分では食が細くなっている自覚はないのですが
美味しい料理が食べきれないと悲しくなります^^;
夫は、確実に食事の量は減っています。
でも、甘いものの量は減ることはありません(笑)
今年は、年明けから海へ行くことが多いです。
ブログも美味しつかないまま、幾つもの旅行記をアップできずにいます。
食より根気と集中力が落ちてきています、、、^^;
パンジー様 (ニャン)
2017-05-06 17:15:05
来週、高山へ行かれるのですね。
新緑も綺麗ですよね。
開田高原、今、コブシ満開、桜満開。
カラマツの新緑も始まったようです。^^
桜は間に合うかも???
いづれにしても、気候の良いとき、いっぱい楽しんできてください。^^
木曽馬の子供も見られると思います。♪

コメントを投稿

愛知県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。