蟷螂の独白

世に背を向けた蟷螂です。´17年1月に僧帽弁閉鎖不全と診断され、2月末にニューハートで弁形成の手術を受けました。

豊洲と原発

2016-09-19 15:45:38 | 徒然

豊洲新市場と原発再稼働は酷似している。危険性が指摘され、利用者が眉をひそめているにもかかわらず、強引にことを進めようとしているところがだ。そもそも地下空間に水が湧き出ていることが異常で、湧き出た水に有害成分が含まれていなかったからといって安全性が担保されたわけではない。原発も同様で。もし東日本大震災で津波が起きなかったら、いまだに日本は原発がフル稼働していただろう。そして将来東南海地震で原発が被災し、東名高速道路や新幹線がストップし、日本は東西に分断される事態に陥ったかもしれないのだ。豊洲も同様で、引っ越した当初は問題がなくても、将来地下空間が湧き出た地下水で満水になり、衛星を云々するどころではなくなる可能性もある。かかる事態を事前に予測して、市場がパニックに陥ることを防ぐことは東京都としては責任のある態度で臨むべきだろう。ことは都民の食の問題にかかわることなので、まずは豊洲への移転は無期延期とし、豊洲の有効利用を議会で検討するべきだ。豊洲カジノ案も捨てたものではないのだ。豊洲カジノが稼働すれば、膨大な建設コストもあっという間にペイできるだろう。もっともオリンピックの選手村近くにカジノができるのは問題があることや、選手村の跡地が高層住宅になると別の問題が発生するが・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲市場はカジノに流用 | トップ | 秋きたりなば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL