蟷螂の独白

世に背を向けた蟷螂です。´17年1月に感染性心内膜炎と診断されて2月末の手術となり、その闘病の記録を綴っています。

意を決して歯医者へ行く

2017-03-20 13:22:10 | 弁膜日記
祝日も診察している歯科へ行きました。僧帽弁閉鎖不全の手術を3週間前に行っている旨伝え、朝のイグザレルトも服用しないできたと言いました。なかなか良心的な歯科医で、抗生剤を服用していることも伝えました。ざっと診て、ブリッジの当たる部分を研磨し、少し歯周の手入れをして終わりました。痛みは大分引いてきています。次は木曜日だそうですが、必ずいきます。一時はブリッジを外す覚悟をしましたが、、このまま使えれば、それに越したことはありません。なにしろ競馬で当てた大金を投じて入れた、金4本分のブリッジなので。8年前にバカなことをしたものです。ただ、抗生剤はセフェム系の弱いものだったのが残念です。ロキソブルフェンも頓服で3錠でした。それにしても僧帽弁閉鎖不全の手術後の歯科受診、勇気が要りました。昨夜は退院後、始めてAM2時過ぎまで眠れませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯痛2 | トップ | う〜む »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL