蟷螂の独白

世に背を向けた蟷螂です。´17年1月に僧帽弁閉鎖不全と診断され、2月末にニューハートで弁形成の手術を受けました。

心エコー

2016-12-28 00:25:46 | 弁膜日記

同居人の掛かり付け医はめちゃくちゃに混んでいた。インフルエンザ患者もいて身構えていた。約80分後に診察。概要を話して聴診してもらう。『すぐに心エコーとらないと』。でも年末だ。医療機関も休みにはいる。蟷螂が調べたところによると、どうも歯医者のレーザーが原因ではないかといいえ結論に至った。明日、心エコーのとれる医療機関を探して駆け込む他に手はなさそうだ。薬局では、アムロジビンかシムビコートが臭いといっていたが、それまで気にもならなかった胸が苦しく感じられる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心雑音 | トップ | 憂鬱な年越し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

弁膜日記」カテゴリの最新記事