蟷螂の独白

世に背を向けた太目の蟷螂のつぶやきを文字にしています。斜に構えた団塊世代の健康、政治経済、文学談などがメインになります。

ボブディラン

2016年10月13日 03時13分24秒 | 徒然
今回のノーベル文学賞は、笑えた。村上は落ちて当然で、思想も主張も哲学もなく、ただあまっちょろく青臭い、ライトノベルやコミックの原作のような、小説とも言えない本がもてはやされているうちは、日本に文学賞は来ないと考えて間違いない。メディアはそろそろあの薄気味悪いハルキストの溜まり場を、この時期に放送するのはやめたらどうだろうか?蟷螂は、来年こそは丸山健二にノーベル文学賞のオファーをしたらどうだろうか?ボブディランは文句のつけようのない受賞だが、それだったらポールマッカートニーやリンゴスターだって表現者だし、そもそも芸術分野を文学というカテゴリーに絞っていること自体が不自然で、アートはなにも文学だけではないはずだ。これまで音楽や絵画の分野からノーベル賞が出なかったことが、おかしかったのだ。蟷螂に言わせれば、月に行った人全員にノーベル賞を授与するべきだ。冒険分野のノーベル賞もない。写真の分野もないし、スポーツの分野もない。文学だけが他の芸術より秀でているはずはないのだ。蟷螂は丸山健二のノーベル賞を夢見てそろそろ眠りにつく。あ、小泉純一郎に平和賞はないのかな。息子は尖っているが、オヤジは大分丸くなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一念発起 | トップ | 祝杯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL