シガナイ介護士は初心者かめらまん 北の四季田舎暮しブログ

医者から『こりゃ~、70歳代の体だわ。』と爆弾発言を浴びた50男は、ド田舎で日々精進。
味噌ラーメン大好きでっせ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彩夏との初デートは動物園。

2017年03月15日 19時30分18秒 | 北のポエム・北海道発のエッセー
 先に駅前で待っていて彩夏は、江ノ島のカフェで見たときより化粧が派手になっていた。
「連絡くれないから、ふられたと思ったわ。」と彩夏は口をツンとさせた。「ごめん、ごめん、あれから仕事で覚える事が
結構あってさ。」「気には、なっていたんだけど、ついつい後回しになってしまったんだ。」と目をそらしながら弁解した。
「車運転するんだね。」美也は、ビックリした様に問いかけた。「もう三年ぐらい運転してるわ。」と彩夏は得意そうに、
言い切った。「彩夏さんは、いくつなの?」と少し遠慮気味に聞いてみた。帰ってきた答えは、「女性に年聞くなんて、まだ
未成年のお坊ちゃまねぇ。」だった。美也は、少しむっとなった。。沈黙の時間がながれ彩夏が切り出した。「ごめんね、
冗談通じなかったみたいね。私は6月で23歳になるの。あなたより4つお姉さんかなぁ。」美也は、彩夏がもう少し若いと
思っていた。同じ年か、1つ上ぐらいに見えたのだ。実は彩夏も、美也の年を聞くまでは、23~24才ぐらいに思っていた。

「さ~て、では動物園まで行きましょうか。」「ねえ、ねえ助手席に乗って。」と彩夏が催促した。美也はおもむろに、ドアを
あけて車に乗り込んだ。車の中は、エグザイルの曲が流れていた。彩夏は音楽に合わせて軽快なハンドルさばきで車を走らせる。
「北石さんは、車の運転するの?」と聞いてきたので「3月に免許取ったばかりのペーパードライバー。今は、仕事でリフトの運転してるよ。」
「リフトの運転は難しい?」「私にも出来るかなぁ。」と聞いてきたので、「多分できるよ。」と話し、「あの~、美也といってくれない。」
「何か、{北石さん}じゃ、変でない。」と彩夏の顔を見て言った。すると彩夏は「そっか、わかった美也くんて言ってもいい?」と言ったので
「いいよ、別に」と返した。「ねえねえ、私のことは、{あやか}って呼び捨てで言ってほしいなぁ。」と彩夏が運転しながら美也の顔を覗き見
して言って来た。「年上だけどそれでいいの。」と美也が聞いた。「彩夏って、呼ばれたほうが、私の方があなたより若くなった感じがするでしょう。」
「だから、それでいいの」と彩夏はうれしそうにニコニコしている。

 20分ほどで、金沢動物園の正面駐車場に着いた。
「入場料は、割り勘ね。いいでしょ。」と彩夏がいい、それぞれ500円づつ支払い中に入った。彩夏は張り切っていて、目が輝いていた。
「ここ、久しぶりなんだよね、中学の時遠足で来て以来。キリンがかわいいの。」と、ゴキゲンを満面の笑みで表した顔がまぶしかった。
美也は、年上の彩夏をかわいく感じた。まるで、女子高生が修学旅行に来ている時の様な雰囲気さえあったのだ。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢田彩夏からのメール・・・ | トップ | ホワイトデー、返すあてなく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。