徘徊老人旅日記

水に流して

旅行の意義

2017年07月13日 14時37分03秒 | 日記
日本は旅行のブームで、宿泊施設が足りないことが問題になっている。でも、増えているのは海外からの旅行者で、日本人の旅行者の数は減少傾向にある。
これまで旅行に行けなかった中国等の人たちが、金持ちになって旅行に行く気持ちはよくわかる。日本人にとって海外旅行が憧れのときもあった。海外に行って、お勧めの観光地を見て、写真を取って、ブログに載せて楽しむ旅がいつまで続くことか。
テレビが進歩して、自分の眼で直に見るよりも素晴らしい映像を見せてくれ、その土地の人や習慣やイベントを詳しく描いてくれるので、実際に行くよりも多くのものを学ぶことができる。旅行先で異性と知り合い恋に落ちたり、新しい経験をして人間的に成長するのは物語の世界の話のようで、現実にはそういうことは起こりにくくなっているように感じる。
旅行することの意味は、単に「実際に経験した」と自分で納得することの中にあるように思える。旅の時間やコストや面倒を考えると、実際の旅行より、バーチャルリアリティによる疑似体験を選び人が増えてきそうである。

三宅島、流れ出た溶岩
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 古希の風景 | トップ | エアコン故障 »
最近の画像もっと見る