徘徊老人旅日記

水に流して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

荒島岳

2017年07月23日 18時53分34秒 | 旅行
郡上八幡を朝5時に出たが、荒島岳登山口を見つけるのに手間取ってしまった。簡単に見つかると思いナビを使用しなかったのが失敗だったか、かなり通り越して戻ることになった。
7時半に登山を開始。往復6時間の予定なので普通なら楽勝である。かなり急なブナ林の中を進む。やがて雨が降り出す。一時かなり激しく降っていたが、頂上に着くころには止んだ。途中元気な老人に会った。76歳でトレイルランニングの靴を履いて、すいすいと歩いている。歳だから走らないというが、話を聞いてみると非常に速い。山頂にはかなりの登山者がいた。景色が見えないのはしかたがない。
降りだすと、また雨が降り出した。登山道は川となり、茶色の水が濁流となっている。それでも、雨の中を駐車場に着く。
午後2時には雨の中を走りだす。窓が曇る。3時過ぎには白山の登山口に近い白峯温泉の宿に着く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 郡上踊り | トップ | 白山室堂 »
最近の画像もっと見る