徘徊老人旅日記

水に流して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眉山再び

2017年08月05日 20時45分15秒 | 旅行
人生は誤りの連続であり、旅人は新しい土地に行くので、より多くの誤りを犯していると思う。今回泊まった東横イン徳島駅眉山口は、徳島駅に眉山口がありその近くにホテルがあるものと思っていた。徳島駅に立ち寄ってから城山に登ろうと出かける。徳島駅には出入口は1つである。何や、ワシの田舎と同じやんか。「徳島駅眉山口」と言うのは「徳島駅から出て眉山ロープウェーの近く」ということらしい。ホテルから駅まで約800mでホテルはシャトルバスを用意している。
駅の反対側に行くには踏み切りを渡る。城山は標高約60mと低く、城郭しかないが、周囲が公園としてよく整備されている。緑が豊富で、木の上に巣があり、賑やかに鳴いている。水辺で子供が大きな蟹を取っていた。広場で学生が阿波踊りの練習をしている。濠の一部をなす助任(すけとう)川は河床に石が多く、多くの蟹がいた。風の通る木陰は涼しいが、日向に出ると暑い。36°くらいになっているらしい。
一休みしてから、眉山に登る。「とくしま観光ガイド」の中に阿波おどり会館横の天神社から眉山に登れると書いてあったので試してみることにした。案内板はなかったが長い階段が天神社から続いていた。今日もよく晴れていて、眉山からの景色は素晴らしい。

阿波おどりからくり時計
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 眉山(びざん) | トップ | 剣山(つるぎさん) »
最近の画像もっと見る