bhfdrra

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「投資の神様」バフェット流投資で買う「儲かる日本株」とは?

2017-06-19 17:32:42 | 日記





 先行きに明るさが見えてきた日本株。「投資の神様」「オマハの賢人」と称される米著名投資家、ウォーレン?バフェット氏(83)は(1)「企業の価値」より株価が割安(2)成長性がある(3)ビジネスが理解しやすい(4)生活に必要不可欠(5)ブランド力がある(6)配当など株主還元が充実という6つを投資のポイントに置き、氏が経営する世界最大級の投資会社バークシャー?ハサウェイの株価を48年間でなんと1万3千倍にした。

 では、バフェット流で何を買えばいいのか。前述の投資ポイントを基本にして、株式アナリストの今北洋氏、著名個人投資家の夕凪氏、資産運用アドバイザーの尾藤峰男氏に銘柄を選んでもらった。

 今北氏が特に注目するのは、(4)「生活に必要不可欠」(6)「株主還元」の企業だ。

 通信事業大手のKDDIは13期連続の増配見通し。また、おむつなどがアジアで好調なユニ?チャームやピジョンも前期に増配となった。さらに、「じゃがりこ」などのヒットで7期連続増益見通しのカルビーも増配に積極的だ。オリエンタルランドが経営する東京ディズニーランドは増税なのに客足は好調だという。

 バモンスタービーツェット流は「ネット企業のように理解できないビジネスには投資しない」主義だが、今北氏は、そうした企業も推す。

「ネットと言っても、ヤフーはポータルサイト、カカクコムはグルメサイトと、事業内容がわかりやすく、将来性もある。ジェネリック(後発)医薬品はこれから需要が伸びてくると思いますので、沢井製薬もいいでしょう」(今北氏)

 沢井製薬は、7期連続の増益見通しだ。

 個人投資家の夕凪氏がポイントとして注目するのは、(3)「ビジネスが理解しやすい」(4)「生活に必要不可欠」(6)「株主還元」の三つ。中でも株主優待に積極的な内需系の企業を推す。

 銘柄を見ると、食品メーカーのダイショー(東証2部)、飲食業を展開するゼットン(名証セントレックス)、豆腐を使った懐石料理店を全国展開する梅の花(東証2部)、九州を中心にファミレスを展開するジョイフル(福証)など、東証1部以外に上場する企業ばかり。なぜか。

「現在の株価が、企業の実力や潜在的な成長力よりも低いものを選びました。東証2部や地方の証券取引所から東証1部に上場を果たすことで、本来の市場価値を取り戻す。株価はグンと上がるでしょう」(夕凪氏)

 そして、こう続ける。「株主優待に積極的なのも重要。投資家を惹きつける材料になります」(同)。100株以上で6千円相当の自社製品がもらえる健康コーポレーションなどに注目だ。

尾藤氏は、(6)「株主還元」に注目。中でも、増配を継続する企業を薦める。(5)「ブランド力」もポイントだ。

 尾藤氏の薦める日本たばこ産業、セブン&アイ?ホールディングス、花王、JR東日本、セコムはすべて、長年にわたり増配を続けている株主意識の高い企業だ。14年3月期の一株当たりの年間配当は日本たばこ産業が96円、JR東日本が120円。また、花王は25期連続で増配予定だ。

「今後も増配を続けるかどうかはもちろんわかりません。ただ、儲けた利益を株主に還元する姿勢は変わらないと思います。他を上回るブランド力もあるので、期待できます」(尾藤氏)

 バフェット流の神髄は「株を買う」というより、「ビジネスを評価して応援する」というスタンス。目先の利益にとらわれず長期投資することが、成功の秘訣だろう。

※週刊朝日  2014年6月20日号より抜粋





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <民間船>有事の隊員輸送 ... | トップ | 「十匙一飯」の精神でグリー... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。