アマチュア無線局 JH0FHB

25年越しの14MHz SSB無線機の製作

50MHz AM/SSB受信機の復活を目指して その55

2017年07月16日 | 50MHz AM/SSB受信機

<立ちはだかるBFO回路の壁>
【2017.07.16】
午前5:00に起床。
涼しい朝のうちに、気になっていた回路検証を開始した。
この受信機の課題の一つに、BFOを働かせると無信号でもSメーターが振れてしまうと言う問題が有る。
実験ノートの記録を見ると、昨年の7月24日にもこの問題について対応策を検討していた。
もうすぐ1年が経過するが、いまだにこの壁を打ち破れないままだ。
今回、下記の事項について確認した。

①現状把握:BFO回路を働かせた時に勝手に触れるメーターの指示値の確認。
②フィルターの出力側の同軸ケーブルを抜くと、メーターの振れは止まる。
③フィルターの入力側の同軸ケーブルを抜くと、メーターの振れは少なくなる。
④IF AMPのLA1201を取り外すと、メーターの振れは止まる。
⑤BFOの発振周波数の調整ボリュームによる、周波数可変幅は約500Hz。
⑥フィルターを通さずにスルー回路にすると、中間周波回路の同調点が10.7MHz⇒10.2514MHzに
ずれる。

今回の確認の中で、④の結果は昨年の実験結果と180°異なる結果となった。
昨年の7月24日の実験では、LA1201を取り外してもメーターは振れていたのだ。
但し、当時は今の回路とは異なっており、今回改めて調べてみて良かった。
こういう事があるから、電気回路は難しい。
昨年の実験結果も、今回の実験結果も明白な事実である。

さて、今回は動作試験をしている様子を動画でアップすることとした。
試験方法は、送信機にダミーロード(疑似負荷)を接続して無線電信でテスト信号を送信する。
テスト信号は「V V V DE JH0FHB」でその信号を、受信機で受ける。
無線電信の「V V V」は無線電話で言うところの「本日は晴天なり」で、「DE」は「こちらは」
を意味し、最後の符号は筆者のコールサインである。
この無線電信の信号を音にするための回路がBFOで、この回路を動作させないと音にならない。
動画の最初は音がほとんど聞こえないが、途中でスイッチを入れると音が出るのはこの為である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕刻の「稲の葉露」 | トップ | 50MHz AM/SSB受信機の復活を... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます (jj6vxy)
2017-07-18 11:37:22
本日コメント投稿に気が付きました、返信が大変遅くなりました。
返信ありがとうございます (bhf0hj)
2017-07-20 18:08:59
jj6vxy/qrpさん

返信ありがとうございます。

貴局のブログを拝読し、28MHzと50MHzを時々ワッチしていますが、時間帯が合わない為か未だ聞こえた事はありません。

机上実験をやりながら、またワッチしてみます。

御身体に気を付けてご活躍ください。  

DE JH0FHB 73



コメントを投稿

50MHz AM/SSB受信機」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。