アマチュア無線局 JH0FHB

25年越しの14MHz SSB無線機の製作

50MHz AM/SSB受信機の復活を目指して その56

2017年07月23日 | 50MHz AM/SSB受信機

 BFO回路の改造
【2017.07.23】
今回は、基板上で使用しなくなった回路の部品を撤去して、更地化した場所に新たに部品を追加した様子について紹介する。
下の写真は今回の改造前の写真で、部品がごちゃごちゃと付いているが写真中央付近の幾つかの部品には電気が通わない様にしてあり、現在では不要なものだ。

電気的には働いていないとは言え、無用な部品が付いているのは気持ちが悪い。
そこで今回は水晶発振子、トランジスタとその周辺部品を撤去して、新たにコネクタとソケットを取り付ける改造作業に取り掛かった。
<改造後の基板>

ところで私は、高校の普通科卒で電気回路については殆どが独学である。
オームの法則も知らない12歳の時に、鉱石ラジオを製作したところがスタート地点だから、ここに至るまで45年かかっている。
この先がどうなるのか、やっている本人にも全く分からないのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50MHz AM/SSB受信機の復活を... | トップ | 50MHz AM/SSB受信機の復活を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。