アマチュア無線局 JH0FHB

25年越しの14MHz SSB無線機の製作

ありがとう 僕らのアイテック電子研究所

2016年06月12日 | アイテック電子研究所

電子工作ファンを支え続けたアイテック電子研究所が、2015年一杯で業務終了となりました。
JA7CRJ 千葉OMには色々なことを教えて頂き誠にありがとうございました。
1980年代に月刊誌「初歩のラジオ」や「ラジオの製作」等に多数の製作記事が掲載され、それらの多くはアイテック電子研究所からビギナー向けの組立キットとして販売されていました。
当時私は50MHzのSSBトランシーバーを製作してみたくなり、キットを購入し多くの壁にぶつかりながら完成させました。
出力は250mWで、乾電池でも動作しますので手軽にロケーションの良い山の上で楽しむ事が可能です。
又、Eスポに対しては出力250mWも有れば十分楽しめます。
【50MHz SSBトランシーバー 出力250mW】
いわゆる「バラキット」を組立たもので別名「ローズキット」とも言われた

また、アイテック電子研究所からは「THE ほうむめいど」と呼ばれる機関紙が発行されており、ビギナー向けの分かりやすい製作記事が満載されていました。
【1983年3月発行のもの】


時代が変わり、部品の入手も困難な現代では電子工作を楽しむ人も減っていると思いますが私のパーツボックスには、まだまだFCZコイルや色々な電子部品が有ります。
机上実験を楽しんだり、簡単な回路で受信機を作ったりとゆっくり楽しんで行きたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50MHz AM/SSB受信機の復活を... | トップ | 50MHz AM/SSB受信機の復活を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。