水の門

背景をながれるもの。ことば。音楽。スピリット。

もまゆきゅ、教会バザーに登場!

2016-10-11 10:12:43 | ライヴに寄せて
昨日は私の通っている教会で年一回のバザーがありました。
今回のバザーは、5年前に教会の第一回チャペルコンサートに演奏にお越しいただいた【Monkeymind You Cube Band】改め【Singing Monkeymind】(シンギング・モンキーマインド)に再びお声をおかけしました。
前回は12月半ばの金曜の夜というクリスマスコンサート、方や今回は大勢の人でごった返す日中のバザーの会場内のコンサート。どんなことになるかな〜と少しヤキモキしながら、当日を迎えました。
10時前から30分ほどリハーサル。その際ギターのたにぴさんがカポを忘れてきてしまったことが判明。でも牧師先生に近隣にお住まいの対バンの方にご連絡していただき、カポを借りる手筈を整えていただきました。ホッ…!リハのちょっとした隙に、お二人が矢野顕子の「電話線」をぽろっと演じてくれて、私は「あ、演るんですか?」と目を輝かせましたが、これはリハ内の私へのサービスとのこと。「とどさんも歌いますか?」と訊かれましたが、ご遠慮させていただきました(苦笑)。10:40から《讃美歌と唱歌を歌う会》のリハーサルがありました。当初一曲目「森へ行きましょう」はHymn Organで伴奏されていたのですが、歌のヴォリュームに負けるということで、パイプオルガンでいくことに。パイプオルガンの前をぶらぶら歩き回りながら「森へ行きましょう」を歌うTシャツ姿の牧師を、ゆーこさんがiPhoneで写真に撮っていらっしゃいました(笑)。
バザー前の教会の入り口にはマラソン大会のスタート間際のようにテープが張られていて、狭い道に今か今かと沢山のお客様が詰めかけていました。さてバザー開始。大物パッチワークキルトがあっという間に売れたり、会場は大盛況。もまゆきゅのお二人も「こんなに本格的なバザーなんだ…!」とちょっと圧倒されていました。
コンサート開演前、たにぴさんが自ら「間もなくコンサートが始まります!」と声を張り上げ、お客様を誘導する場面も。

もまゆきゅのお二人が演奏してくださったのは、
  sheep nocturne(新曲)
  双子姉妹の歌[ミシェル・ルグラン作曲]
  object
  チャンス・オペレーション
  Ain't No Mountain High Enough(天使にラブソングを…)[ニコラス・アシュフォード&ヴァレリー・シンプソン]
  夢が叶った夜

でした。

「sheep nocturne」は旋律が美しいだけでなく、聴いたところholyな歌詞のよう。すっかり惹き込まれました。「双子姉妹の歌」は、映画『ロシュフォールの恋人たち』の双子姉妹よろしくたっぷりの振り付けがチャーミング。黄色い大きな花をあしらった麦わら帽子をゆーこさんが取り出すと、客席から(可愛い!!)というような軽いざわめきが起こりました。たにぴさんのサッチモを模した口ラッパによるソロも楽しかった!1stの懐かしい「object」にしばししんみり。カポを借りられたことで無事演奏できた「チャンス・オペレーション」は、やっぱり迫力がありました。「Ain't No Mountain High Enough」は難曲。「どこにいたってどんなに離れていたってただ僕の名前を呼んでくれればすぐ駆けつけるよ」というメッセージが私に向けられたもののようで、ジワッときました。「夢が叶った夜」も礼拝堂に綺麗に響いていました。

次にチェロで登場した牧師先生も「不思議な世界で惹き込まれました」と仰り、続いて行う自分の演奏に対し俄に緊張が高まったかのご様子。終演後、ご来場のお客様からも「素敵だった」「教会の雰囲気に合っていた」「山梨ではなかなか聴けない」「また来てください」など心のこもったご感想を聞くことができました。

後でお茶した時に、たにぴさんが一時はパソコンのキーボードを打つのさえできないほど手の具合が悪かったと伺い、どれだけ大変なところを演奏してくださったのか、想像力の欠けていた自分を恥じました。
夢のような時間は瞬く間に過ぎ、帰宅して二時間ほど呆然。それから慌ててTwitterでリプライを送りました。

*今回のメインの曲「チャンス・オペレーション」(Singing Monkeymind)のPVです。


ダウンロードは、iTunes、またはAmazonから。(150円です)
『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 確かにねぇ… | トップ | 冬篭りの。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。