水の門

背景をながれるもの。ことば。音楽。スピリット。

ひときわ大きな。

2017-04-25 17:21:19 | 旅に寄せて
「三陸産です」と店主の指し示す桜海老あり大袋にて
(とど)

2012年12月31日 作歌、2017年3月上旬 改作。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今はせいせいしてるみたい。

2017-04-24 16:19:12 | 人(またはその作品)に寄せて
我儘を貫く父に「早く罰当たればいい」と吐き捨てる母
(とど)

2010年3月20日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図太いねぇ…

2017-04-20 16:08:10 | 人(またはその作品)に寄せて
礼拝のさ中に歌を詠む友を脇目に詰(なじ)るわれには眠気
(とど)

2010年5月3日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今はNHK短歌が師匠。

2017-04-16 07:15:15 | 人(またはその作品)に寄せて
年配の危うき歌を読むにつけ添削の入る今に打ち込む
(とど)

2011年2月18日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩くきっかけに。

2017-04-10 18:17:44 | 気分・体調にあわせて
投稿をやめてめっきり籠ってる iPhone持って歩いてみるか
(とど)

2013年9月21日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復帰しないこともあるそうです。

2017-04-06 13:17:09 | 気分・体調にあわせて
白髪染めできるくらいに伸びてきたわが頭髪におかえりと云う
(とど)

2013年3月21日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

代理の電話では受け付けてくれず。

2017-04-04 20:06:40 | 持病に寄せて
ひと月で戻った家に郵便が届くようにと一筆を書く
(とど)

2011年4月23日 作歌、2017年1月下旬 改訂。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#通読 2017年3月分まとめ

2017-03-31 06:28:09 | 聖書通読
◆3月5日
出エジプト32:1〜4。山からずっと下りて来ぬモーセに焦れ「我々に先立って進む神々を造ってください」と懇願した民へのアロンの応答に驚愕。彼自身が金の耳輪を集めることを決め、鑿を取り、牛の鋳造を造り「これこそ神だ」と宣言。民の不安にここまでずれてしまうとは

◆3月7日
出エジプト35:21「心動かされ、進んで心からする者は皆…主への献納物を携えて来た」。教会だけでなく献金を求められることがある。FEBC、日本聖書協会、出身大学、福祉団体など。限られた収入の中、全てにいい顔はできない。祈りを以ってできることをしようと思う

◆3月9日
ルカ5:2〜。網を洗って片付け中だったのに舟に乗り込んだ主。「網を降ろし、漁をしなさい」と言われてシモンらは面倒だったろう。それが思わぬ大漁に「わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」とシモン。内心イエスを厄介者に感じていたのを恥じての告白か

◆3月10日
ルカ6:6〜11。安息日、律法学者やファリサイ派の人々は、会堂で右手が萎えた人を見かけたイエスが安息日を守るか注目していた。彼らの企みを見抜いた主は「手を伸ばしなさい」と手の萎えた人に仰った。主の言葉は律法の範囲に留まりつつ病を癒すものだった。ハレルヤ!

◆3月11日
出エジプト39:8〜14。アロンの祭服の胸当てに付けられた12種の宝石はイスラエルの12人の子らを表し、各宝石に彼ら一人一人の名が彫りつけられたという。これは、神様がご自分の民の一人一人を、それぞれ個性的で貴重な宝石のようにご覧になっている象徴ではないか

◆3月14日
息子を亡くした寡婦を憐れむ主。NIVルカ7:13はhis heart went out to herと表現。長血の女に触れられ“power has gone out from me”と主(同ルカ8:46)。思いを寄せるにも癒すにも自らより出て来て下さる主

◆3月22日
新改訳レビ14:6〜7。湧き水の上で屠った小鳥の血の中に、もう一羽の生きている小鳥と所定の植物を浸し、ツァラアトから浄められる者にそれを振りかけた上で、生きた小鳥を野に放す…残忍だ。でも私が生かされたのは屠られたイエスがいらしたから。その重みを想起させる

◆3月23日
ルカ15章。貰った財産を使い尽くして帰宅した息子のために宴を催した父に、真面目な兄は食ってかかり、弟のことを「あなたのあの息子」呼ばわりする(30節)。そんな兄に父は「お前のあの弟は…」と説く。父なる神は、私達が切り捨てた関係の間に入って仲立ちして下さる

◆3月24日
ルカ16:9「不正にまみれた富で友達を作りなさい」は長いこと違和感があったが、New Living Translation〈Use your worldly resources to benefit others and make friends〉で納得

◆3月30日
新改訳レビ24:16「主の御名を冒涜する者は必ず殺されなければならない」。旧約の時代はこうだったのだ。けれどイエスは「人はどんな罪も冒涜も赦していただけます。しかし、御霊に逆らう冒涜は赦されません」と(マタイ12:31)。どれ程赦されて生きていることか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根掘り葉掘り。

2017-03-29 17:08:03 | 人(またはその作品)に寄せて
「どんな本?」「齢は?」「男か?」「全盲か?」四囲が興味を持つプライバシー
(とど)

2016年2月17日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朦朧としながら。

2017-03-28 17:05:10 | 持病に寄せて
幻聴の顕ちては消える速さもて検索かける午睡のiPhone
(とど)

2015年6月30日 作歌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加