ヤマハ専門に、25年間2輪業界に在籍、主にVmaxの整備中心です。意見感想は、個人主観です。連絡先はカテゴリに有ります。
PrivateFactory ベイカーズストリート V-max Garagename Right-arm ライトアーム


★2014年2月20日付で、VMG大原は、退職いたしました。

★勤務先:Right-arm 
ホームページアドレス:http://www.right-arm.jp/←※クリックでホームページ出ます。
 〒202−0014 東京都西東京市富士町5−1−17 ←※クリックで地図出ます。
 ℡:070−5553−1966 メールアドレス:right-arm@docomo.ne.jp 

 定休日 毎週月曜日 営業時間:平日(火曜日〜金曜日)AM11:00〜PM20:00 土日祝日 AM10:00〜PM19:00
※月曜日が休日の場合、定休日は、火曜日に振替になります。
※出かける場合は、ツイッターで書き込みます。ページ右側を参照してください。

 作業担当 ヤダ マサオ(矢田 正夫)

★オリジナルパーツ発売中  ★Vmaxデモ車製作日記  ★質問コーナー
 
★Vmaxデモ車仕様諸元  ★新製品企画募集中  ★ユーザーズレビュー
 ★質問コーナー2  ★車検費用及び工賃について  ★質問コーナー3


beycars@jcom.home.ne.jp




最近、夜でも暑いので、ちょっと熱ダレしています。

  

水回りの修理の続きです。最初にクーラントを全量抜きます。リザーブタンクのキャップですが、たまに割れています。ここは締めすぎると割れることが多いです。すぐわきにオーバーフローのパイプがあり、ここから漏れる前に外に出てしまいますので、ここは緩まない程度に締めれば大丈夫です。

  

ラジエターキャップのベース下のOリングが劣化すると隙間から漏れますので、交換です。ポンプのオーバーホールです。

 

メカニカルシールのセラミック部分が割れていました。インペラ―シャフトも錆が酷いので、交換です。クーラントですが、水道水と混ぜるタイプは、水道水に不純物が混じっているので、錆が出ることが多いです。混ぜる場合は、精製水を使うか、スペクトロ製のように、既に混合されているクーラントを使用すると錆が出にくいです。

 

配線周りを少し整理しました。バッテリー交換の際に、イグニッションコイルとプラグコードは抜かない方が良いです。ここは抜き差しするようにはできていないので、抜いてしまった場合は、プラグコードを少し切り、奥まで差し込んだうえでゴムとキャップでテーパー嵌合させます。接触不良が起きると失火の原因となります。

  

クーラントにエンジンオイルが混入し始めていましたので、セパレーターのガスケットの交換です。組み付け後、エンジンを掛ける前にセルモーターのみを回し、オイル点検口からエンジンオイルが出ることを確認しないと、最悪、シリンダーヘッドにオイルが回らないので、注意が必要です。

セパレーターの修理の場合、エアクリーナーボックス、キャブレター、Vブーストバルブ周りを外しますが、ジョイントが切れていた場合は、交換が必要です。今回は、Vブーストバルブのジョイントを4個交換、硬くなっていたブリーザーホースを交換しました。

最終チェックと試乗です。まずエンジンを始動し、各油脂類の漏れチェックをし、試乗して再度漏れがないことを確認して終了です。納車可能ですので、よろしくお願いいたします。

2017.07.14 作業担当 ヤダ(矢田)

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 旧型Vmax... 旧型Vmax 最... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。