ヤマハ専門に、25年間2輪業界に在籍、主にVmaxの整備中心です。意見感想は、個人主観です。連絡先はカテゴリに有ります。
PrivateFactory ベイカーズストリート V-max Garagename Right-arm ライトアーム


★2014年2月20日付で、VMG大原は、退職いたしました。

★勤務先:Right-arm 
ホームページアドレス:http://www.right-arm.jp/←※クリックでホームページ出ます。
 〒202−0014 東京都西東京市富士町5−1−17 ←※クリックで地図出ます。
 ℡:070−5553−1966 メールアドレス:right-arm@docomo.ne.jp 

 定休日 毎週月曜日 営業時間:平日(火曜日〜金曜日)AM11:00〜PM20:00 土日祝日 AM10:00〜PM19:00
※月曜日が休日の場合、定休日は、火曜日に振替になります。
※出かける場合は、ツイッターで書き込みます。ページ右側を参照してください。

 作業担当 ヤダ マサオ(矢田 正夫)

★オリジナルパーツ発売中  ★Vmaxデモ車製作日記  ★質問コーナー
 
★Vmaxデモ車仕様諸元  ★新製品企画募集中  ★ユーザーズレビュー
 ★質問コーナー2  ★車検費用及び工賃について  ★質問コーナー3


beycars@jcom.home.ne.jp




個人所有部品で、使わない部品をヤフオク出品中(クリックするとヤフオクにリンクします)です。

  

HARD製ブーストポイントコントローラーの中古です。両面テープやタイラップ、取説は付属しません。逆輸入車の純正の場合、Vブーストは6000回転から作動しますが、ポイントコントローラーを装着すると、フルタイム(常時作動)、オフ、任意の回転数からの作動の3パターンに切り替えが可能になります。基本的にボルトオンですので、加工はございません。取説無。スイッチは、左ハンドルスイッチの下側に張り付け、LEDランプは任意の場所に貼り付け、本体は、純正のVブーストコントローラーとメインハーネスの間に割り込ませます。スイッチの切り替えですが、上側がフルタイム、真ん中がオフ、下側が任意回転数作動(オートポイント)です。現在は、動作確認のため、2000回転に設定してあります。作動するとLEDランプが赤く光ります。設定方法ですが、車両に組み付け、エンジンを始動します。ポイントコントローラー本体のボタンを押すとLEDランプが赤く点滅しますので、エンジン回転数を作動させたい回転数に保ちます。エンジン回転数を維持したまま再度ボタンを押すと点滅が消灯します。確認のため、切り替えスイッチを下側のオートポイントにし、設定した回転数まで、エンジン回転数を上げ、LEDが点灯することを確認してください。LEDが点灯するとVブーストが作動します。

  

オリジナルエアダクトの中古品です。基本的にボルトオンですので、加工はございません。簡単な説明書付属。中古品ですので、装着傷等ありますが、使用には問題ありません。吸入口面積を約25%増加させているため、純正マフラー以上の排気効率の良いマフラーと組み合わせてください。組み合わせる部品及び車両の整備状況によっては、効果が出ない場合もあります。

 

ゲイルスピード製のアルミトルクロッドの新品未使用です。撮影のため開封いたしました。個人車(デモ車2号機)用にゲイルスピードのホイールを購入しましたが、ホイールセンター出しの際、ピロボールで作り直すため、使用しませんので出品です。基本的にボルトオンですので、加工はございません。付属品は、ボルト2本とスぺーサーです。取説無。スペーサーは純正スイングアームの取付け部隙間に入れてください。入れないとトルクロッド側が破損しますので、要注意です。

上記3点の部品をヤフオク出品中です。オークション出品ですので、店頭販売はありません。また、HARD製のブーストポイントコントローラーは廃番になってかなり立ちますので、中古品でも珍しいと思います。オリジナルエアダクトは、最近作っている時間がないので、新品在庫がありません。手持ちで中古ですが、安値出品いたしました。

よろしくお願いいたします。

2017.06.21 担当 ヤダ

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 旧型Vmax... 旧型Vmax... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。