ヤマハ専門に、25年間2輪業界に在籍、主にVmaxの整備中心です。意見感想は、個人主観です。連絡先はカテゴリに有ります。
PrivateFactory ベイカーズストリート V-max Garagename Right-arm ライトアーム


★2014年2月20日付で、VMG大原は、退職いたしました。

★勤務先:Right-arm 
ホームページアドレス:http://www.right-arm.jp/←※クリックでホームページ出ます。
 〒202−0014 東京都西東京市富士町5−1−17 ←※クリックで地図出ます。
 ℡:070−5553−1966 メールアドレス:right-arm@docomo.ne.jp 

 定休日 毎週月曜日 営業時間:平日(火曜日〜金曜日)AM11:00〜PM20:00 土日祝日 AM10:00〜PM19:00
※月曜日が休日の場合、定休日は、火曜日に振替になります。
※出かける場合は、ツイッターで書き込みます。ページ右側を参照してください。

 作業担当 ヤダ マサオ(矢田 正夫)

★オリジナルパーツ発売中  ★Vmaxデモ車製作日記  ★質問コーナー
 
★Vmaxデモ車仕様諸元  ★新製品企画募集中  ★ユーザーズレビュー
 ★質問コーナー2  ★車検費用及び工賃について  ★質問コーナー3


beycars@jcom.home.ne.jp




梅雨に入っていますが、比較的雨が少なく、気温がそれほど高くないので、仕事はやりやすいです。

  

約半年前から、少しづつ直しています。今回は、お預かりして予算内で優先順位で修理予定で始めたのですが、その際の点検で要修理個所が出てきたので、追加修理になりました。順を追っていきます。

エアクリーナーは、ヤマハ純正ですので、点検清掃のみです。スパークプラグは、純正でサビもありましたので、NGK製JR8Cに交換しました。

  

パイロットスクリュー部に圧入栓が入ったままでしたので、抜いて、機能するか点検後、キャブレター調整及び同調を行い、ゴムキャップを装着しました。

  

  

フロントブレーキキャリパーは点検清掃とフルード交換、リアブレーキは、前回パッド交換を行っているので、フルードのみ交換です。

ここで、一旦、試乗チェックを行ったのですが、3カ所ほど不具合カ所がありましたので、オーナーに連絡し、今後の修理課題とするかどうかを確認したら、今回まとめて行うことになりました。追加部分ですが、ストロークしないフロントフォークと異音が出始めているスタータークラッチ、高回転で滑り始めているクラッチ板です。

  

クーラントへのオイル混入や、漏れ(前回修理済)は無いので、全量抜き、前後ヘッドカバーガスケット交換です。

  

ヘッドカバーガスケット修理後、エンジンオイルを抜き、オイルフィルターを交換し、オイルを入れる前に、スタータークラッチ交換です。

  

ボルトが3本とも緩んでおり、本体もカシメが外れて回転していました。次は、フロントフォークの分解です。

  

社外品のローダウンキットが組んでありました。スプリングが固い上に、リターン側のスプリングが合計3組組んであり、ストロークしないようになっていました。分解したら、オイルシールやクリップも錆びており、ダストシールも割れていましたので、交換しました。中身を一旦純正に戻し、イニシャル用のカラーをカットして、ストロークを殺さずローダウンする方法に変更しました。クラッチ板も摩耗している上に焼けていましたので、全交換です。クラッチスプリングを押えるワッシャーは、いつも通り2枚にしておきました。この後にエンジンオイルを入れました。

 

フロンとブレーキスイッチがダメでしたので、交換。ホーンスイッチは接点が焼けていましたので、分解して修正です。

最終チェックと試乗です。問題点はほぼ、修理し、フロントフォークもストロークするので、乗りやすくなりました。キャブレターも調整と同調済みですので、使いやすいと思います。納車可能ですので、よろしくお願いいたします。

2017.06.14 作業担当 ヤダ(矢田)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 旧型Vmax... 旧型Vmax... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。