ヤマハ専門に、25年間2輪業界に在籍、主にVmaxの整備中心です。意見感想は、個人主観です。連絡先はカテゴリに有ります。
PrivateFactory ベイカーズストリート V-max Garagename Right-arm ライトアーム


★2014年2月20日付で、VMG大原は、退職いたしました。

★勤務先:Right-arm 
ホームページアドレス:http://www.right-arm.jp/←※クリックでホームページ出ます。
 〒202−0014 東京都西東京市富士町5−1−17 ←※クリックで地図出ます。
 ℡:070−5553−1966 メールアドレス:right-arm@docomo.ne.jp 

 定休日 毎週月曜日 営業時間:平日(火曜日〜金曜日)AM11:00〜PM20:00 土日祝日 AM10:00〜PM19:00
※月曜日が休日の場合、定休日は、火曜日に振替になります。
※出かける場合は、ツイッターで書き込みます。ページ右側を参照してください。

 作業担当 ヤダ マサオ(矢田 正夫)

★オリジナルパーツ発売中  ★Vmaxデモ車製作日記  ★質問コーナー
 
★Vmaxデモ車仕様諸元  ★新製品企画募集中  ★ユーザーズレビュー
 ★質問コーナー2  ★車検費用及び工賃について  ★質問コーナー3


beycars@jcom.home.ne.jp




毎日たくさんのVmaxを見ていますが、新車から見ている車両もあります。今回の車両は、3人目のオーナーの方ですが、過去の2人の時も見ていたので、17年ほど見ています。

  

車検と整備でお預かりです。エアバルブのキャップは装着しておかないとエア漏れの原因になります。旧型Vmaxは、バルブが横型ですが、縦型の場合、遠心力もかかります。また、キャップは、純正、もしくは、純正に準じたゴムや、Oリングが入ったキャップがお勧めです。クーラントは、オイル混入は無さそうなので、全量交換です。

  

スパークプラグは、NGK製JR8Cですので、点検清掃のみです。バッテリーは、ゲルバッテリーですので、今回は、点検のみです。エアクリーナーは、K&N製ですので、洗浄です。

  

キャリパーは、点検清掃のみです。

   

フルードは、フロント及びリアブレーキ、クラッチの3カ所とも交換です。

  

フルードは、吸湿性があり、交換しないと水分で、キャリパーやクラッチレリーズ側が、錆びるので、要注意です。

  

クーラントは、全量交換、エンジンオイル、オイルフィルター交換中です。キャブレターのダイヤフラムは圧入が緩み、回転しますので、今回4個とも交換です。

  

フロントフォークオイル交換中です。オイルシールは平気そうですが、ダストシールはひび割れていますので、交換です。フォークオイルは、1年もしくは、1万キロ以上使用している場合は、劣化していることが多いので、要交換です。ダイヤフラムですが、逆車用と国内仕様用で値段がかなり違い、逆車用が高いので、今回は、国内仕様用を加工して交換しました。

バッテリーについては、現時点では、容量もあり電圧も出ています。また、充電電圧も出ていますので、とりあえず平気そうです。

   

車検は、多摩陸事です。

試乗してから気が付いたのですが、左側のミラーの内部で、部品が外れて、フロントフォークに入力があるたびに振動していました。非分解なので、ミラー部は、交換です。また、2500~3000回転付近で、ダミータンクが共振していましたので、直しておきました。

 

  

カウルを装着する場合は、ホース類や、後付けタコメーターの配置がなかなか難しいです。無事納車になりました。

2017.05.03 作業担当 ヤダ(矢田)

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 旧型Vmax 最... 旧型Vmax 最... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。