ヤマハ専門に、25年間2輪業界に在籍、主にVmaxの整備中心です。意見感想は、個人主観です。連絡先はカテゴリに有ります。
PrivateFactory ベイカーズストリート V-max Garagename Right-arm ライトアーム


★2014年2月20日付で、VMG大原は、退職いたしました。

★勤務先:Right-arm 
ホームページアドレス:http://www.right-arm.jp/←※クリックでホームページ出ます。
 〒202−0014 東京都西東京市富士町5−1−17 ←※クリックで地図出ます。
 ℡:070−5553−1966 メールアドレス:right-arm@docomo.ne.jp 

 定休日 毎週月曜日 営業時間:平日(火曜日〜金曜日)AM11:00〜PM20:00 土日祝日 AM10:00〜PM19:00
※月曜日が休日の場合、定休日は、火曜日に振替になります。
※出かける場合は、ツイッターで書き込みます。ページ右側を参照してください。

 作業担当 ヤダ マサオ(矢田 正夫)

★オリジナルパーツ発売中  ★Vmaxデモ車製作日記  ★質問コーナー
 
★Vmaxデモ車仕様諸元  ★新製品企画募集中  ★ユーザーズレビュー
 ★質問コーナー2  ★車検費用及び工賃について  ★質問コーナー3


beycars@jcom.home.ne.jp




最近、気が付くとツナギが汗が乾いた塩で白くなっています。

  

アイドリング不調の車両の続きです。右フロントウインカーは状態に問題はなさそうなので、接触不良かと思います。左後ろウインカーですが、ゴムのステー部分に亀裂が入っています。亀裂が進むとデモ車1号機のように、ある日ウインカーが垂れ下がっています。

  

スパークプラグは、右2気筒が死んでいますので、NGK製JR8Cに交換します。キャブレターが下りている間に各部の配線を直します。ガソリンタンク周りは、メインハーネスのテール部分の通し方を正常に戻しました。プラグコードとキャップが交換されていましたが、純正よりコードが太く、うまく刺さっていませんでしたので、4気筒ともやり直しです。ちなみにプラグキャップは、抵抗無しのタイプですが、なぜこのタイプを選んだのか不明です。プラグコードは、装着しなおしましたが、プラグキャップの角度は仕方がないのでそのままです。また、抵抗無しなので、点火時期に影響があり、通常より若干早く点火すると思います。また、プラグホールの防水性は、ありません。また、リアバンクの上側のプラスチックの遮熱板がありません。エンジン音が大きく聞こえることと、乗っていると熱いです。

キャブレターを組み立てたので、装着し、エンジンオイルとオイルフィルターを交換です。

 

搭載されていた液式バッテリーの点検です。容量は問題無いので、エンジン始動前と始動後(ヘッドライト消灯時)の電圧です。レギュレーターは平気そうです。この後、キャブレターのパイロットスクリューの機能を点検し、作動していたので、同調を行いました。

 

サイドスタンドが重いので見てみるとリンクが一部ありません。使用はできますので、そのままですが、注油してもスプリングが張っていますので、動きが重いです。また、マフラーの先端部分を見るとまくれ上がっていたり、各部のボルトを見ると、現在の純正マフラーは整備時に戻したもののようです。Vブーストコントローラーが装着されて無いので、とりあえず全閉で同調を取り、フルタイム時(全開)でも、アイドリング不調にならないようにしておきました。全閉で、1速でアクセルから手を放してアイドリングでギクシャクしないので、同調は大丈夫立ち思います。また、フルタイム状態で1速2000回転でパーシャルからアクセル全閉からの急開でフロントが上がるので、アクセルのツキは問題ないと思いますが、車体を含め他の状態が付いてこないので、少し危険です。

最終チェックと試乗です。一応、Vブーストのコントローラー(デモ車用)を仮付けし、Vブーストが正常作動することを確認しました。また、一応、6000回転作動、フルタイムの両方で試乗し、問題ないことは確認済みです。今回は、車体の整備は行っていませんが、車体周りの整備とタイヤ交換は行った方が良さそうです。特にタイヤは、リヤのセンターが平らになっており、倒しにくいし、すぐにハンドルが振れます。キャブレター周りの修理は終了ですので、納車可能です。よろしくお願いいたします。

2017.07.14 作業担当 ヤダ(矢田)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 旧型Vmax... 旧型Vmax... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。