香香部落格

充実した生活が楽しみ

いる時代は終わ

2017-04-13 12:14:41 | 康泰旅行團


 やがてわれわれのもとへ別の名前を告げるささやきが伝わりはじめた。その名のささやきはしだいに明瞭になり、その子の誕生の日、そのささやきは大きな叫びとなった。〈神をほふる者〉ベ

ルガリオンがついにあらわれたのである。
 こうして出来事は歩調を早め、恐るべき対決めざして、天の書のページがぼやけて読めぬほどの早さで進んだ。そして人々が世界が創造された日として祝う日に、力の石がベルガリオンに引き

わたされた。かれの手がそれにふれた刹那、天の書は大いなる光にあふれ、ベルガリオンの名がもっとも遠くの星からひびいてきた。
 われわれはベルガリオンが力の石を持ってマロリーへ向かうのを感じ、トラクの長い眠りが浅くなりだしたことを感じた。そしてついにあの恐るべき夜がやってきた。なすすべもなくわれわれ

が見守る中、天の書のぶあついページが目にもとまらぬ速度でめくれた。それが止まったとき、われわれは〝トラクは殺される〟という恐怖の一行を読みとった。天の書はおののき、すべての創

造物のすべての光が消えた。そのぞっとするような闇と静寂の瞬間、第四の時代は終わり、第五の時代がはじまった。
 第五の時代がはじまったとき、われわれは天の書の中にひとつの謎を発見した。以前は、いっさいがベルガリオンとトラクの対決へ向けて動いていたが、いまやものごとは別の対決へ向けて動

いていたのである。星々を見ると、運命は選ばれたが、最後の遭遇におけるその他の局面はまだ未選択であるという兆しがあらわれていた。われわれはそれらの存在の動きを感じることができた

が、それらがだれなのか、なんなのかはわからなかった。偉大なる書物のページが暗く、あいまいだったからである。だが、われわれは闇の衣をまといベールをつけた存在を感じた。それは人々

の営みの中をすりぬけていった。月がはっきりとわれわれに助言したのは、その暗い存在が女であるということだった。
 天の書をおおう大いなる混乱のただ中で、われわれはひとつのものを見た。人間の時代は、ひとつの時代ごとに短くなり、ふたつの運命の対決を示す〈出来事〉がしだいしだいに近くまでやっ

てきているということである。のんびりと考えてったのだ。いまやわれわれは最後の〈出来事〉をうかつに見過ごすことのないように、急がねばならない。
 その最後の〈出来事〉の参加者が、定められたときに約束の場所にそろってあらわれるように、われわれはかれらを刺激し、もしくはあざむかねばならないと判断した。
 そこでわれわれは〈選択をしなければならぬ女〉の影を、ベールをかぶった闇の存在と、〈神をほふる者〉ベルガリオンのもとへ送った。こうして彼女はわれわれの選んだ場所へ最終的に通じ

る道に、ふたりを配した。
 これでわれわれの用意はすべて終わり、果たされるべきことを残すのみとなった。われわれはこの〈出来事〉ですべてが終わることを知っていた。天地の分裂はあまりにも長きにわたっていた



希薄なひんやりした空中に、濃い緑色の葉をびっしりつけて樹脂を隅々にゆきわたらせた木木の匂いが濃厚にたちこめていた。雪原を行く一行の頭上にまばゆい日差しがふりそそぎ、急な水音

が絶えまなくひびいている。岩だらけの川床を騒がしくくだっていく水が、何リーグも下方

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆれて行くあいだ

2017-03-16 11:12:38 | 康泰旅行團

「それはすこし危険だぞ、リセル」ベルガラスが反対した。「あの荷馬車の馬がおどろきで

もしたら、おまえさんは鞍からふりおとされて荷馬車の下敷になってしまう」
「わたしが落馬するのをこれまでごらんになったことがありまして、長老? ご心配なく、

わたしFoodwise紅酒なら絶対だいじょうぶですわ」ヴェルヴェットは荷馬車の馬に自分の馬を近づけると

、手綱をつかんだ。ゆっくりと歩きだし、だんだんスピードをあげていった。ポルガラが荷

馬車のわきを走り、セ・ネドラは集中力をあらわすしわを眉間にちょっぴりよせて、首に鎖

でさげた護符を片手でつかんだ。
「どう?」ポルガラがたずねた。
「いっぱい話し声が聞こえるわ、レディ・ポルガラ」小柄な王妃は答えた。「あっちにはす

ごくたくさん人間がいるの。ちょっと待って、ナハズをつきとめたような気がするわ。そう

簡単に忘れられる声じゃないもの」眉間のしわが深まった。「ウルヴォンの将軍たちに話し

かけているところらしいわ。猟犬たちを放したところを見ると、象たちがやってくるのを知

っているんだわ」
「またウルヴォンたちのところへ戻れるかね?」ベルガラスがたずねた。
「ええ、できると思いますわ。いったんだれかを見つければ、すぐまたウルヴォンをつきと

められるんです」
「いいぞ。ウルヴォンがすぐ前方優纖美容にいることをダーシヴァ軍の将軍たちが知っているかどう

かみきわめてくれんか。戦いがはじまりそうなら、どこで戦闘開始になるか、正確な場所を

知りたいのだ」
 セ・ネドラは護符を固くにぎりしめたまま、わずかに体の向きを変え、目をとじた。少し

してから、目を開き、やきもきしたように言った。「静かにしててくれないかしら」
「だれが?」シルクがきいた。
「象使いたちよ。おばあさんたちよりもっとおしゃべりなの。待って。ああわかった。つか

まえたわ」荷馬車がでこぼこ道を、セ・ネドラはしばらく耳をかたむけた

。「ダーシヴァの士官たちはすごく心配してるわ」と報告した。「ウルヴォンの軍が山のど

こかにいることは知っているけれど、正確な位置を知らないのよ。偵察兵もひとりも戻って

こなかったの」
「たぶん猟犬のえじきになったんだな」とシルク。
「ダーシヴァ軍はなにを計画している?」ベルガラスがたずねた。
「まだ決めかねてますわ。慎重にこのまま進んで、もっと偵察兵を送り出すつもりね」
「なるほど。ではナハズに戻れるかどうかやってみてくれ」
「やってみますわ」セ・ネドラはまた目をつぶった。「まあ、ひどい!」すぐに彼女は叫ん

だ。
「どうしたの、ディア?」ポルガラがたずねた。
楊婉儀幼稚園 拖數カランド人が細い峡谷を発見したのよ。そこへ象たち

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

るのではないでし

2017-02-23 10:48:48 | 康泰旅行團

「せいぜい二日です、ご主人さま」
「では行くがよい。象たちをわたしの将軍たちの指揮下においたら、わたしの後を追ってケルにくるのだ。わたしはヘミルへ戻り、オトラスとベルガリオンのがきを連れてくる。予言者たちの聖なる山の陰でおまえを待っている」
「ウルヴォンが甲狀腺手術魔神のナハズとその手下どもを連れていたというのは本当ですか、ご主人さま?」
「連れていたよ。だが、もはやそれはわたしたちのおそれるところではない。悪魔を呼びおこすのはさほど困難ではないし、地獄の魔神はナハズひとりではないからね。魔神のモージャがかれの家来とともにわたしたちに加勢することに同意したのだよ。モージャとナハズのあいだには昔から敵意がくすぶっているのさ。かれらはいまや戦いあっているよ、並の兵力など物の数ではない力でね」
「ご主人さま!」ナラダスは叫んだ。「まさかそのような悪魔とつきあっておられょうね!」
「地獄の大王自身とでもつきあうさ、〈もはや存在しない場所〉で勝利をおさめるためならね。モージャは逃亡を装ってナハズを戦場からおびきだした。おまえの獣たちをそこへ連れておゆき。そうすればウルヴォンの軍勢を蹴散らせるだろう。ナハズとかれの手下どもはそこにいないから、おまえの足をひっぱることもない。だから、ありったけのスピードでケルへくるのだよ」
「はい、ご主人さま」ナダラスはおとなしく約束した。
 ガリオンの中に怒りがゆっくりと蓄積されていた。息子の誘拐者はかれから数秒と離れぬ場所にいる。かれ太子鐘錶の牙がその体に食い込む前に、ザンドラマスが意志の力を集められるわけがないことは明白だ。たとえ、集められても手遅れだろう。ガリオンはぞっとするような歯をむきだして、首筋の毛をさかだて這うようにして一度に一歩ずつ、そろそろと近づいていった。かれは血に飢えていた。憎悪が頭の中で火のように燃えさかっている。おそるべき期待にふるえながら、かれは筋肉に力をこめた。低いうなり声が喉に充満した。
 結局、ガリオンを現実に引き戻したのはそのうなり声だった。かれの頭をまひさせていた思考は、狼の思考だった。狼は目前のことしか考えない。本当にザンドラマスが二、三歩で飛びかかれそうなところに立っているなら、悲鳴のこだまが近くの丘からはねかえってくる前に、肉を裂き、彼女の立っている道端の草むらに血しぶきをとばすこともできるだろう。しかし、白目のナラダスの前に立っている姿が実体のない投影にすぎないとしたら、湾曲したかれの牙は空をかみくだき、ダーシヴァの魔女はアシャバでやったように、再度かれの復讐から逃れることになる。
 ザンドラマスを警戒させたのは、ガリオンの頭の中で燃えていた思考だったのかもしれない。あるいは、ポルガラがしばしばやったように、ザンドラマスもまた意識で周囲を調べ、別の意識の存在をつきとめたのかもしれない。それがなんだったにせよ、魔女は突然ぎくりとして低い声をあげた。「あぶない!」白目の手下にすばやく言った。そのあと、ザンドラマスは冷酷で陰気な微高麗蔘笑を浮かべた。「だがわたしはアローンの魔術に動じない形態を持っているのだよ」ザンドラマスは身をひきしめた。と、姿がぼやけて、とほうもなく大きなドラゴンの姿が突然すくみあがった象たちの前に出現した。ドラゴンはばかでかい翼を広げて、湿った夜気の中へ舞い上がり、甲高いうなり声と赤黒い火で闇を満たした。
「ポルおばさん!」ガリオンの思念が飛び出した。「ドラゴンがくる!」
「なんですって?」ポルガラの思念が返ってきた。
「ザンドラマスが変身した! そっちへ飛んでいくんだ!」
「ここへ戻ってくるのよ!」ポルガラはてきぱきと命令した。「いますぐに!」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪な眺めであった

2017-02-10 10:43:28 | 康泰旅行團

つずつ、探険しはじめた。どの入口をくぐっても、そのさきは、石造の天井を持った部屋になっている。どれもみな中ぐらいの広さで、邪悪な用途にあてられていたのが搬屋公司收費 明らかだった。それぞれに、暖炉が据えつけてあり、煙突の上部がどこへ通じ、どのような構造で煙を処理しているかは、工学上の興味ある問題だった。備えつけてある器具(器具らしい品というべきか)にしても、かつて見たこともない形状のものばかりで、それが百五十年にわたる埃の堆積と蜘蛛の巣のあいだから、ぼうっと浮き出ているところは、なんともいえず奇怪な眺めであった。しかもそれが、口碑《こうひ》に伝わる襲撃によって、破壊されたままに残されている。大部分の部屋が、新しく足を踏み入れた形跡がなく、ジョゼフ・カーウィンが実験に従事した時代の状態が、そのまま廃物化した姿とみるのが至当だった。そして最後に、ようやく、近代風の調度を備えた小室に行きあたった。これだけは、最近まで使用されていたとみてまちがいなかった。石油ストーブ、書棚、テーブル、椅子、キャビネット、デスク、どれもみなわれわれの時代の品であり、デスクの上には、新旧さまざまな書類が積んであった。燭台と石油ランプが数個所に据えてある。そして、マッチ箱が一個。これはまるで、ウィレットの使用を待ち受けているようであった。医師はさっそく、マッチをすった。
 ゆたかな輝きがみなぎり、部屋の内部が明るく浮かびあがると、チャールズ・ウォードの書斎と実験室そっくりのものになった。事実、調度品のほとんどが、プロスペクト街のウォード氏邸から運んできてあり、ウィレットの見馴れた品も少なくなく、いっきに親密感が湧きあがることとなり、さしも不快な号泣の声も、医師の念頭から半ば消劉芷欣醫生え去ったかたちだったが、事実は例の不快な号泣が、石段を降りているときよりも、はるかに明瞭に聞きとれていたのだ。
 この部屋をつきとめて、ウィレット医師は、当初の計画どおりの仕事にとりかかった。その目的は、重要性のありそうな文書を探し出し、カバンに詰めて運び出すことにあった。とくに、オルニー・コートのカーウィンの旧居で、壁絵のうしろからチャールズが発見した邪悪な記録を確保しておきたかった。しかし、捜査を開始するや、この目的を達するのには、途方もない時間と努力を必要とすることを認識させられた。なぜかというに、デスクの上に積みあげてある文書の束のひとつひとつが、怪奇な文字をつらねた異様に古体な文章の連続であり、これを解読し、整理するには、数ヵ月はおろか、数年を費やす仕事量とわかったからである。ただ、そのひとつに、プラハおよびラクスからの書翰を大きな束にしたものがあって、筆跡からして、オーンとハッチンソンが書いたものと見てとれた。そこで、その全部をカバンにおさめ、持ち帰ることで満足した。
 しかし、ようやく最後に、やはりウォード邸で見かけたことのあるマホガニー製のキャビネットを発見した。鍵を下ろしてあるのは、重要書類をおさめてあるにちがいない。こじあけてみると、はたしてそこに、ウィレット医師の希望する髮線後移カーウィン自筆の古文書を見出すことができた。数年以前、チャールズがいやいやながら瞥見させてくれたので、医師の記憶にはっきり残っていたものである。青年がこれを、発見当時のまま、周到な配慮のもとに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りとは聞きとれな

2017-01-16 11:09:59 | 康泰旅行團

 五分ののち、冷たい風が吹きこんできて、胸をむかつかせる悪臭が、室内いっぱいにみなぎった。海浜に待機する隊員なり、ポートゥックストの村民のうちいまだにねむらずにいる人々なりが

、この臭気に気づかずにいたのは、海からの強烈な塩風が妨げてくれたからであろう。フェナー一楊婉儀幼稚園 拖數家の者の鼻を襲ったこの臭いははじめて嗅ぐ種類のもので、墓地や納骨室のそれともちがった定

形の恐怖を呼び起こした。そのすぐあとに、さらに無気味な声がつづいた。耳にした者には生涯忘られぬ声が、最後の審判の日のそれのように、天井から聞こえてきて、そのこだまの消え去るま

で、窓の全部が震えていた。深みがあり、音楽的で、バス・オルガンを思わせる力強い響きであるが、そこにまた、アラビア人の手になる禁断の書にも似た邪悪な感じが漂っていた。未知の言語

であるだけに、意味はだれにも理解できなかった悪魔めいたこの響きを、ルーク・フェナーがそのまま書き写しておいた。 DEESMEES ―― JESHET ―― BONEDOSEFEDUVEMA ―― ENTENMOSS.

これを言語学的知識に関連させて考える者は、一九一九年にいたるまであらわれなかった。この難問に最初の鍬《くわ》を入れたのが、ほかならぬチャールズ・ウォードであるのだが、その契機

となったのは、黒い魔法の呪文のうち、もっとも根源的なものがこれであるとして、ミランダが拒《しりぞ》けた事実を知ったからである。
 カーウィンの農場からこの邪悪の声がひびきわたると柏傲灣、それに応《こた》えるかのように、甲高い悲鳴が聞こえてきた。これは明らかに人間の声で、しかも、大勢声をそろえて泣き叫んでいる

。それと同時に、例の異様な悪臭に、また新しく、不快な臭気がくわわって、いっそう複雑さを増すのだった。やがて、甲高い悲鳴が、異質のものに変わった。これは、嘆き哀しむ弱々しい泣き

声で、あるいは高く、あるいは低く、尾をひいてながれてくる。ときどき、言葉らしい響きになるが、なんの意味か、はっきい。そしてそれが一転して、悪魔的な、けたたまし

い哄笑に変わったかと思うと、最後に、多数の人間の喉の奥から絞り出されたような、恐怖と狂気の叫びがあがった。そのあとは、暗黒と沈黙とが天地を支配した。炎は見えぬが、喉に痛い煙が

渦巻きながら立ち昇り、星の光を掻き消して、建物はみな焼け落ちたのか、ひとつとして見られなかった。
 夜の明けがた、怖れおののいている二名の隊員が、フェナー家のドアを叩いた。その服装になんともいえぬ異様な臭気を漂わせている。使いの趣旨は、ラム酒の一瓶を頷《わ》けてくれという

にあって、代金はじゅうぶんなものを支払っていった。そのさい、使者の一人が、フェナー家の者に語ったところでは、ジョゼフ・カーウィンの事件は万事終結をみたそうで、今後、この夜の出

来事を、いっさい口外せぬようにというのだった。この警告は、強圧的な命令とひびいたが、それを告げる二人の様子が、あまりにも異常に見受けられたので、反発心より恐怖がさきに立った。

その夜の模様をコネチカットの身内の者に報《し》らせてやったルーク・フェナーの手紙にも、読了後は焼き棄てるようにと記してあった。しかし、その注意が無視されて、手紙が保存してあっ

たため、事件は神の慈悲である忘却の恵みに浴すことがなくて終わった。チャールズ・ウォードは長期にわたって、ポートゥックストの住民たちのあいだに、その古い言い伝えを聞き歩いた結果

、ひとつだけ新しく知り得た事実があった。チャールズ・スローカムという老人が、祖父から聞いたと語ったことだが、ジョゼフ・カーウィンの死が発表された一週間後、村はずれの野原に、焼

け焦げた死体が発見された。その噂がたちまちひろまって、だれもが口にするようになった理由は、焼けただれて、正体もわからぬほど変形してはいるものの、その死体が明らかに人間のもので

なく、そしてまた、ポートゥックストの人々がかつて見聞きしたどのような獣類にも属Unique Beauty 好唔好していないことにあった。
 
 カーウィン農場の襲撃に参加した人々は、その後、口をかたく閉ざして、その夜の模様を語ろうとしなかった。漠然と伝えられている断片的な事実にしても、これを洩《も》らしたのは、直接

的な戦闘の圏外にあった隊員たちで、第三者には不可解なことであったが、戦闘現場にのぞんだ者はみな、話が事件に触れるのを避けて、あらゆる資料を抹殺しようと努めていた。
 八名の船員が戦死しているが、遺族には死体も見せずに、税関吏との衝突事件によるものと説明して納得させた。負傷者の場合も同様で、家族たちにはなにも知らさず、負傷の手当にしても、

襲撃の同志ジェイベズ・ボウエン医師ひとりがこれにあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加