台湾食材 BETHESDA KASHIWA

美味しい台湾食材をはじめ何だかんだ日々のこと書き綴ります。
クリスチャンファミリー

【夢枕(ゆめまくら)】八月の夢

2017-08-10 17:40:33 | 祈り

【夢枕(ゆめまくら)】八月の夢

茹る(ゆだる)ような暑さの中に蝉の声が
聞こえて目を覚ます朝に・・・
俺の見る夢には よく二人の登場人物が
現れる

一人は 細くてどこか田舎臭い
なまりが強く ロレツが回らない
それていてマシンガントークのように
機関銃トークで 押したたみつけてくる
ように話してくる
説教じみた女性の夢である
その話は 聞き取るには煩いが
時として訝しげ(いぶしげ)な表情から
意味深い意味を読み取ることが出来るので
ある

二人目は
男性で すでに6年前に亡くなった
友人である
俺は クリスチャンで 
「お盆の里帰り」や「お迎え」とかは
あまり信じないが・・・
なぜか あれから
暑さい時期が訪れるたびに 彼もなぜか
現れるのである

八月に入った先週も 彼の夢を見た
彼は 何時もながらのジャージ姿で
ただ違うのは 彼に似つかわしくない
白い上下のジャージ姿で立っていた

眩しい白さて 洗濯洗剤のコマーシャル
では無いけれども
「ホ〇ォルズ」って感じで現れて
いつものニガニガしい口調でシブく 呟いた
「よぉぉ」って
俺がしばらく戸惑い考えて
「お前 死んだんじゃなかった!」って尋ねると
彼は
「冗談だ ょ 冗談・・・」
「お前の そんな顔が見てやりたかったんだょ」と
青い顔に 笑顔を浮かべるのである

俺は そんな姿に 何も言い返せずに
押し黙り
しばらくの間をおいてから
「また 小旅行を一緒にしようなっ」って 
呟きかえしたのである

彼は 寒く悲しそう目で「あぁぁ」って呟き
俺は夢 覚めた

何も出来なかった 脱帽感(だつぼうかん)が
無力感と連結して 今日の気力を奪っていく
この日を憂鬱にする

ストレスゲンの悲しき夢に また朝を迎え
祈りささげる
アーメン

[ボイスプログ]純福音愛隣キリスト教会
「狭い門から入りなさい」「ルカ13章22-30節」
http://bethesda.at.webry.info/201708/article_3.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年8月9日純福音愛隣キリスト... | トップ | 【近くて遠い海】海水浴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

祈り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。