台湾食材 BETHESDA KASHIWA

美味しい台湾食材をはじめ何だかんだ日々のこと書き綴ります。
クリスチャンファミリー

【夏休みの証2016】息子の証し

2016-10-12 08:37:55 | 祈り

【夏休みの証2016】息子の証し

2の○○○○です。今日は自分が救われた理由についてまた、神様がどのように自分に働いているかについて話そうと思います。

私は、生まれた時すでに家族は教会に通いはじめていました。ですから物心がついた時から神様の存在を知っていましたし信じていました。ですので私がいつ救われたのかは正直自分にも分かりませんというのも救われた実感がないのです。クリスチャンホームに生まれた方なら多くの人が同じ気持ちだと思います。私は、救われた実感はなくとも生まれた時から神様を知っていたことがとても大きな恵みだと思っています。親が教会に通い始めてなかったら自分が救われてなかったかもしれないからです。そこで親がなぜ教会に通い始めたのかについて少し語りたいと思います。親はもともと神様のことは一切知りませんでした。しかし、私には2人の姉がいてその一人が知的障碍を持って生まれてきたため親は姉の成長に対して母は大変に不安や恐怖等を抱いていたようです。そのときに知り合いが教会の家庭集会に連れて行って下さり、次第に神の愛に触れ癒される経験をしたそうです。まだその当時、神様をまだ必要としていませんでした父親の会社が倒産する出来事が起こり両親共に教会に通い始めたと聞いています。そして数々の奇跡が現れました。そのためもあって神様の救いを信じたそうです。ローマ人への手紙828ではこうかいてあります。神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを私たちは知っています私は両親の話を聞く中でまたこの箇所でも書いてある通り人の思いで絶対に悪い結果だと想像しても神様は決して悪い結果で終わらさない益として下さる神様です。それが私たちの神様を求めるきっかけにもなるのだなと思いました。また、このようにして両親が神様を信じたため今の自分があるのだと思います。次に今自分がここまでどう導かれたのかについて話したいと思います。どこから、話せば よいかよく解るりませんが とりあえず小さいときのことから話します。私は先ほども言った通り生まれた頃から教会に行っていました。なので ただ純粋に神様を信じ求めていました。しかし、その純粋な信仰がのちにくずれていきます。小学校3,4年生の頃 私は学校でとても怒りっぽくあれていました。しかし、私は3.11の地震の後に海外に行くことになりました。その中で私は忍耐力を身に着けることができました。そして、自分の性格が変えられていきました。これも神様の計画のうちだったのだと思います。私は3年を海外で過ごして日本に帰って来ました。 中学校3年頃から日本の学校に通い始めましたが、帰国後の1年は私にとって一番つらい時期でした。というのも日本で全然勉強してないのに高校受験があり勉強や他の生活ことでとてもストレス等を感じても悩みを打ち明けるクリスチャンの友達が周りにいなかったからです。また、神様の存在や聖書にもいろんな疑問を持つようになりました。そのため、いつも神様に怒っては海外に行ったことを悔やんでばかりいました。それから、高校受験が、無事に終わり神様が用意してくれた高校に入ることができました。しかし、高校に入った後も勉強や自分の罪また神様に対する疑問等でとても悩まされました。また、相変わらずその悩みを打ち明ける信仰の友もいませんでした。そしてそのまま、高校1年生の1学期が終わり夏休みに入りました。教会の勧めで横浜にある華僑教会のキャンプに参加しました。それは、アメリカの宣教チームがきて行うキャンプでした。今思えばそれは、自分が一番いい意味で変わった時だと思います。何故ならそのキャンプでは英語の通訳として用いられまた自分の神様に対する疑問をしっかり話すことができたからです。また、聖書のダニエルのことを学びダニエルが殺されそうになった時でも神様を信頼しまたその信頼に神様が答えるのを見てとても感動を覚えダニエルのように神様を信頼したいと思いました。その宣教チームの牧師さんとは今もいろんな悩みを聞いてもらったりしています。そのキャンプで自分の信仰がとても成長しました。それからというものやはり悩みや大変なことはありましたが。前よりは良くなりました。また私の信仰の成長をもっと促すものも見つけました。それが、Hi-baです。Hi-baには今年の冬から通い始めましたが今までいなかった同世代の信仰の友が与えられ同じ問題を共有できることにとても喜びと感謝を覚えています。そして、Hi-baの春のキャンプに行くことが与えられ今年の夏は 4つのキャンプに行くことができています。その一つ一つのキャンプの中で神様が私にたくさんの恵みと教えを与えて下さっていることを感謝します。最近のキャンプで教えられたことを話すと長くなるのでやめときますが、もし、聞きたいことがあれば個人的に聞いてもらえば答えるのでよろしくお願いします!これから私はいつも神様により頼み、喜んで神様に仕えていきたいと思います。また、信仰の友と共に もっといろんな交わりができればいいなと思っています。最後に御言葉を二か所読んで終わりたいと思います。エレミヤ29:11わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

ピリピ4:6-7 何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと 
願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。 
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いとを
キリスト・イエスにあって守ってくれます。

ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今高一紀牧師2016.10.9. 「い... | トップ | 【永遠なる慕情】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。