ココロのストレッチしませんか?

あなたらしさを見つけ、はぐくみ、楽しむために

ココロのストレッチ-伝えたいこと、知りたくなる仕掛け

2017-05-22 00:25:41 | 日記

こんにちは。

今日のタイトルは、今私がやりたいと考えていることについて、です。

 

温めていた企画申請が通らなかったこともあり、

これからどのようにしようかと試行錯誤、模索中です。

 

そんな中、数名の同志で、勉強会を立ち上げようと考えています。

科学コミュニケーションに関わる想いを持つ、まずは身近な仲間からスタートの予定です。

 

JSTの科学コミュニケーションのシンポジウムもとても面白かったので、

吉川弘之先生と8名の研究者との対談の本をじっくり読みました。

「科学と社会の対話」

オススメですので、良かったら読んでみてください。

8名の方それぞれとの対話の中に、

気になるキーワードがたくさんありました。

 

その中で、心にとどめていること。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、

「伝えたい」という想いだけではうまく行かない。

受け手の「知りたい」と言う気持ちをどう引出し、うまく乗せられるか、

教育のセオリーとも併せて、良いアプローチを生み出したいです。

 

東大電気系の苗村先生の研究では、

鉛筆を使って書くその音を大きく(増幅)すると、

書く時間が長くなることが明らかだったそうです。

 

確かに、やっている感が欲しくなる気もち、

学生時代に感じていたことを思い出します。

本が黒くなっていったり、マーカーの色がついていったり・・・

一人でする勉強だからこそ、何か自分をエンカレッジするものが欲しいのかもしれません。

 

科学の面白さをもっと伝えて、社会とつながるといいなと想うその気持ち。

どう実現させるのか、少しずつ、楽しみながら考えていきたいと思っています。

 

今日の写真は今を盛りのコクテイル。

私の大好きなバラです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロのストレッチ-母の日の想い

2017-05-14 23:48:57 | 日記

こんにちは。今日は母の日でしたね。

母が亡くなって3年半、早いものです。

妹夫婦と一緒に、お墓参りに行ってきました。

 短い時間でしたけれど。

 

毎年、プレゼントを忘れずにくれる娘から、

今年はフラワーアレンジをもらいました。

 

見本はガーベラとかが入っていてもっとかわいかったらしいのですが・・

ちょっと色目が渋いカーネーションのアレンジでした。

でも、もらってから徐々にユリが咲いて来たり、

やっぱり、ちゃんとアレンジされている様子。

(私が自分で作るのとはやっぱり違うみたい)

 

なかなかうまく行かないこともある中で、

メッセージ付きの花は心に沁みました。

 ありがとう・・・

 

孫の顔を見るのは当分なさそうだけど、

娘も息子もそれぞれの道をそれぞれに歩んでくれています。

もう、見守ることしかできない感じだけれど、

彼らのさらなる成長を願っています。

 

家族のふれあい、改めて感じた一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロのストレッチ-宝塚の世界

2017-05-07 23:28:52 | 日記

こんにちは。

東大さつき会のご縁で、宝塚のスカーレットピンパーネルを楽しんできました♪ 

 

隣の研究室の秘書さんが、熱烈ファンで、奨められていたものの、

あるいは、小学生のころに大ファンだった漫画「ベルサイユのばら」の公演を見たいと思っていたものの、

高校の同級生が入団していたものの・・

 初めての観劇でした。

 やっぱり圧巻。日本ならではのエンターテインメントと、とってもナットクしました。

 

私も女子校育ち。小学校から高校まで12年間は女子の園で育ちました。

宝塚は、演ずる人はもちろん、観衆も9割は女性。

着物で楽しんでいる人も、普段着っぽい人も色々でしたが、

あの「女の園」の世界、何だか懐かしいような不思議な感覚を覚えました。

 

そして、歌と踊りのパフォーマンスがやっぱり素敵。

辛口評価の人は、うまい下手も口にするけれど、

訓練の大変さを思うと、私は感嘆するばかり。

 

宝塚ならではのお約束の群舞や派手な衣装、階段での舞。

非日常空間のひとときを、演出してくださる舞台は

私自身のリセット感がありました。

 

終了後、宝塚関係の著作も多い中本千晶さんもご一緒に

和気あいあいの懇親会。

普段あまり交わる機会のない方々に、

沢山のことを教わり、

新たな輪も広がり・・

  ありがとうございました!

 

今日の写真は、我が家で今週盛りを迎えたボタン。

その華麗なイメージが私の中で宝塚と重なりました。

 ボタンは、また来年。。。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロのストレッチ-クマガイソウのご縁

2017-04-30 23:01:39 | 日記

こんにちは。

先週に引き続いて、旅行中のこぼれ話を致します。

 

養老渓谷の宿に泊まった朝、

恒例のお散歩に出かけようとした私。

宿から出ないうちに、同じような散歩風情のオジサマとお話することに。

 

「これ、クマガイソウって言うんですよ。かわいいでしょ」

「・・・。正直言うと、ちょっとグロテスクかな。食虫植物みたいなところもありますよね。」

「絶滅危惧種なんですよ。山で見つけてきて、増やしてるんです。もう10年くらいかな。」

「そうなんですか。。」

「人工肥料じゃなくて、枯葉の自然の肥料が良いみたいです」

「なるほど・・」

 

どうも、宿泊客じゃなくて、宿のオーナーさんだったようで。。

 

数年前に放したホタルが増えて、6月にはホタルの舞もみられるそう。

こちらも、クレソンとモンシロチョウ、カワニナ、と自然の組み合わせで生まれる循環が

生きものたちに力を与えている様子。

あちこちで、こうした努力が積み重なっている感じがしますよね。

 

植物が結んだ、朝の瞬間のご縁。

でも、なんだかちょっとうれしくなりました。

 また、ホタルの季節に行きたいな。

 

ちなみに、Wikipediaによれば、

和名の由来は、アツモリソウともに、膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、源平合戦の熊谷直実(くまがい なおざね)と、平敦盛(たいら の あつもり)にあてたものである。

とのこと。

 

もちろん、今日の写真はクマガイソウ。

確かに、北海道礼文島のガイドにあった レブンアツモリソウにもちょっと似ているかも。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロのリフレッシュ-三春の滝桜と那須温泉神社

2017-04-23 23:35:28 | 日記

このところ、年2回春と秋、2泊ほどの旅行を企画しています。

今年は、一度は見ておきたかった三春の滝桜、

ちょうど満開の時期に当たりました。

 平日の昼間、駐車場にはいるのに30分以上待ちましたが、

 樹齢1000年とも言われる大木、花だけでないその幹の姿は圧巻。

 

ライトアップも見たかったけれど、

ちょっと離れたところに泊まることにしちゃったので、

ライトアップ桜はまたの機会に。

 

那須の温泉神社も工事中だったけど、良かったです。

 シニアの方々も杖を突きながら、歩いていらっしゃいました。

キツネやナスの伝説や昔語り、

ゆっくり見たのは初めてだったかも。

 太古の昔に思いを馳せて、ゆったりとした大人の時間(?)を過ごしました。

 

今日のところは、まずはフォトチャンネルでお楽しみいただければ。

 やっぱり、日本は素敵!!

 

三春の滝桜と那須温泉神社

最後の方の写真は、那須の道の駅に隣接した花畑。菜の花、レンギョウ、雪柳でしょうか。キレイでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加