Microsoft office Professional 2016 日本語 ダウンロード版をこちらでご購入できます

ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!購入するお客様はみんな100%、大満足

「Windows Server 2016」、3度目のプレビュー版が公開

2017-01-12 14:56:14 | 日記

マイクロソフトは米国時間8月19日、「Windows Server 2016 Technical Preview 3」をダウンロード公開した。

 今回のビルドでは、Microsoftが同製品に組み込もうとしているコンテナの一種がサポートされている。アプリケーションを他の運用環境から切り離して実行することを可能にするMicrosoftの「Windows Server Container」が、このビルドに搭載された。Windows Server Containerは、「Docker」オープンソースプロジェクトの一部だ。これらのコンテナは、「PowerShell」かDockerクライアントを使って展開および管理することができる。

「Windows Server 2003」、ウェブサーバシステム60.9万件で依然稼働
「Windows Server 2003」、ウェブサーバシステム60.9万件で依然稼働

 しかし、今後公開予定の「Hyper-V Container」はまだこのプレビュー版に搭載されていない。Microsoft関係者は、Hyper-V Containerは将来のプレビュービルドに組み込まれると述べたが、具体的な日程は明言しなかった。

 またMicrosoftは19日、「Visual Studio」と「Visual Studio Online」のアップデートを公開し、新プレビュービルドのWindows Server Containerをサポートした。ユーザーは、「Microsoft Azure」でWindows Server Containerホストを作成して、「ASP.NET」ウェブまたはコンソールアプリをコンテナにパブリッシュし、アプリをコンテナホストに展開できるようになる。

 今回の新プレビュービルドには、「Nano Server」関連機能のアップデートも含まれる。Nano Serverコンソールから直接ネットワーク構成を確認して修正する機能をユーザーに提供する「Emergency Management Console」や、「Nano Azure」仮想マシンの作成を可能にする新しいPowerShellスクリプトが用意されている。

 Nano Serverは、簡素化した軽量のWindows Serverを実行できるオプションをWindows Serverユーザーに提供する。Nano Serverは「Windows Server Core」の約20分の1のサイズで、必要不可欠なコンポーネント(「Hyper-V」、クラスタ、ネットワーク、ストレージ、「.Net」、「CoreCLR」)だけで構成される。ユーザーインターフェースは備えない。

 新プレビュービルドには、拡張性の高いネットワークコントローラと、ソフトウェアによる負荷分散機能も追加されている。

 「System Center 2016 Technical Preview 3」も19日に公開された。

 Microsoftによると、Windows Server 2016とSystem Center 2016は2016年に一般発売される予定で、それまでは今後も両製品のプレビュー版を提供していくという。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマートフィット機能を使ってみる

2017-01-06 16:53:07 | 日記

次は、スマートフィット機能である。これは、動画を再生するデバイスに合わせ、最適な設定で変換する機能である。デバイスによっては、解像度、ビットレートなどが異なる。もちろん、自分で設定してもいいのだが、やはりむずかしいMicrosoft Office 2016ダウンロード。そんなときに、この機能を使えばよいだろう。図1から、メディアコンバータを選ぶ。

図10 メディアコンバータ

ここでは[動画をモバイルデバイスへ]を選び、動画変換を行う。変換したい動画を選び、下のペインへドラッグ&ドロップする。

図11 動画をモバイルデバイスへ

[次へ]をクリックすると、出力先の設定となる。ここでモバイルデバイスを接続すると、自動的に検出される。もし、されない場合は[自動検出]をクリックするか、手動でブランドやモデルを設定するOffice 2010 ダウンロード版

 

図12 出力先

動画の状況によっては、動画画質補正もやっておきたい。AutoLightは、明るさやコントラストを調整する。Denoiseは、ノイズの調整を行う。HDは、画質をよりシャープにし、ノイズを減らして高解像度で再生する。iOS系ならば自動でiTunesのライブラリに登録することもできる。[変換]をクリックすると、変換が行われる。

図13 変換中

あとは、適切にモバイルデバイスと同期をとればよい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleお役立ちテクニック - Gmailをオフラインで利用する

2016-12-27 16:40:33 | 日記

Gmailは便利ですが、インターネットへの接続がないと利用できません。ノートPCでメールをチェックしたいときなど、インターネットへの接続を確保しなければならないのが面倒なこともあります。

そんなときに便利なのが、Google Chromeブラウザ用のアプリ「オフラインGmail」です。インターネットに接続していなくても、過去に受け取ったGmailのメールの閲覧や、返信の作成、メールの検索を行うことができます。スマホが使えないときなどの備えとしても安心です。

「オフラインGmail」をインストールするMicrosoft Office 2016ダウンロード

オフラインGmailは、Chromeウェブストアでインストールできます。ChromeブラウザからGmailの「設定」を開いて、「オフライン」タブにある「オフラインGmailをインストール」をクリックすると、Chromeウェブストアの該当ページを表示できます。

(図1)(図2)Gmailの「設定」を開いて、「オフライン」タブにある「オフラインGmailをインストール」をクリックします。

(図3)Chrome ウェブストアの該当ページが表示されます。「Chromeに追加」をクリックします。

(図4)「アプリを追加」をクリックします。

(図5)「オフラインGmail」をタップします。

 

(図6)「オフラインメールを許可する」を選択して、「保存」をタップします。

(図7)オフラインGmailが起動して、メールの同期が開始されます。

オフラインGmailを起動するMicrosoft Office 2010 価格

インターネットにつながっていない状態でオフラインGmailを起動するには、Chromeアプリの画面を表示して、「オフラインGmail」を起動します。過去に受け取ったメールが表示されます。この状態でもメールを作成したり、返信を書いたりでき、作成したメールはオンラインの状態になったときに送信されます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Adobe Flash Playerに脆弱性 - 悪用した攻撃を既に確認

2016-11-15 16:11:43 | 日記

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月27日、Adobe SystemsからAdobe Flash Playerに関する脆弱性の情報 (APSB16-36)が公開されたと発表した。

この脆弱性を悪用したコンテンツをユーザーが開いた場合、リモートからの攻撃によって Adobe Flash Player が不正終了したり、任意のコードが実行されたりする恐れがあるという。

Adobe Systemsによると、今回のアップデートで修正される脆弱性 (CVE-2016-7855) を悪用する、限定的な標的型攻撃を Windows versions 7、8.1、10で確認しているという。

脆弱性が存在するプロダクトおよびバージョンは、以下のとおり。

  • Adobe Flash Player Desktop Runtime (23.0.0.185) およびそれ以前 (Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
  • Adobe Flash Player for Google Chrome (23.0.0.185) およびそれ以前* Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (23.0.0.185) およびそれ以前 (Windows 10 および Windows 8.1)

以下の最新バージョンに更新することで、対策をとることが可能。

  • Adobe Flash Player Desktop Runtime (23.0.0.205) (Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
  • Adobe Flash Player for Google Chrome (23.0.0.205)

JPCERT/CCでは、 Internet Explorer以外のブラウザを使用している場合も、Microsoft Office のように、Internet Explorer 用にインストールされているAdobe Flash Player を使用するソフトウェアがあるので、Internet Explorer 用の Adobe Flash Player も更新するよう呼びかけている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米MS、iPhone用「Office Mobile」リリース - Office 365ユーザー向け

2016-10-12 16:14:54 | 日記

米Microsoftは6月14日(現地時間)、iPhone用アプリ「Office Mobile for Office 365」のリリースを発表した。対応デバイスはiPhone 5、iPhone 4S/4、iPod touch (第5世代)。Office 365 Home PremiumおよびOffice 365 ProPlusの契約者向けのモバイルアプリで、iPhoneからSkyDrive、SkyDrive ProまたはSharePointに収めたWord/Excel/PowerPointドキュメントにアクセスし、編集することも可能。米国のApp Storeで配信されており、価格は無料。

左からWord、Excel、PowerPoint

iPhone用のOffice Mobile for Office 365は、iPhoneのスクリーンサイズに最適化されており、片手でも操作しやすく、ドキュメントを読みやすい。オフライン編集も可能。WordとExcelでは、iPhoneから新規ドキュメントを作成できる。Microsoftが提供する公式Officeアプリなので、Windows Phone向けのOffice Mobileと同じように、表示・編集・コメント追加などでドキュメントのフォーマットやレイアウトが崩れることはない。チャートやアニメーション、SmartArtグラフィックスなどもサポートする。Microsoft Office 2013を所有していれば、SkyDriveまたはSkyDrive Proを通じてWordドキュメントの途中まで読んでいた場所を自動的にPCと同期するResume Readingを利用できる。

6月10日~6月16日までの1週間に発表された、PC関連の注目ニュースをダイジェストでお届けする。先週は11日深夜(日本時間)、アップルの開発者向けイベント「WWDC」が開催。iOS 7やHaswell搭載Macbook Air、次期Mac向けOS「OS X Mavericks」、円筒形PC「Mac Pro」などが発表された。

ほか、ソニーが10日、約770gという驚異の軽量Ultrabook「VAIO Pro」(11.6型)など、Haswell搭載夏モデルを発表。その情熱を真紅のカラーで表した"red edition"も話題に。

閉幕を迎えたCOMPUTEXの後半戦レポートは本稿下部にまとめた。なお、前半戦レポートは前回の「先週の注目ニュース」下部に掲載。ASUSのデュアルOS変形PC、10日に発表した「VAIO Pro」試作機、ガラス張りのフルタワーケース「tou」など、興味深い新製品・新技術が並んでいる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加