ライターの脳みそ

不定期に更新する思いつきブログ

法事の宴

2017-07-17 19:21:57 | 脳みその料理
先週末は親父の三回忌とお袋の十七回忌の法要を行ないました。出席者は家族だけなので、いわゆる精進落としは自宅で。その全景はこちら。



本来の精進料理は肉や魚を使用してはいけないのですが、近年では一般の料亭や仕出し弁当などではそのルールはかなり曖昧になっています。ですが、我が家ではできるだけ肉や魚をしない方向で考えてみました。タケノコのゆず味噌炒め、かぼちゃとサツマイモの天ぷらはまあフツーとして…。

団子風揚げ出し豆腐です。これは水を切った絹豆腐を一度潰して、そこに刻んだ人参、ネギ、椎茸、エビを混ぜてから団子にします。それを油で揚げ、とろみをつけたあんをかけて出来上がり。ただ、これね、ちょっと水切りが甘かった。事前のイメージではもっと丸っこくなるはずだったんですけどね。そのうち再チャレンジします。



これは以前も作ったことのある高野豆腐の煮物です。詰め物は上の揚げ出し豆腐とほとんど同じ。違うのはエビをすり身にしてマヨネーズを混ぜたことくらい。薄味の醤油と出汁で煮るので見た目以上に上品な味になります。



近年は法事も家族だけの小規模のものになりつつあるようです。精進料理は店に注文すれば確かにそれなりのものが出てきます。作らないで済むのですからラクではあるでしょう。でも、少人数で故人を偲ぶのであれば、たとえそこそこの味であっても自宅で気楽に供養できるのではないでしょうか。ワシはそう思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕例会 | トップ | 盛夏の例会 with 研修医君 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koya)
2017-08-04 01:23:22
私も丁度同じぐらいの時に
義父の13回忌の法事で三重に帰ってましたよ
家族だけなので普通の食事をして
酒を飲みかわし思い出話で花を咲かせてました
来年は義母の法事 ときひが経つのも早いもので
いつのまにか自分も年をとりました。

コメントを投稿

脳みその料理」カテゴリの最新記事