fantasia*diapsida

とりとめのないメモの山

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

kame-chan love:

2010-06-01 00:00:00 | bookren@

最近購入した本で
『カメが好き! かめ亀KAME図鑑』 みのじ:著 (ブルース・インターアクションズ, 2009)
がお気に入りである。

先日の
ぶりくら感謝祭で購入したものであるが、
本自体は数か月前にジュンク堂で発掘して良さげだったので買おうかどうか迷っていたのだ。
そいだら奇妙な巡り合わせにより、
ぶりくらにて知り合いを通じ、著者みのじさんご本人から購入することになる。

うちでは多くの動物とともにカメも研究しているが、
お陰さまでscientificな資料は集まるものの、
ついついもうちょっと違ったベクトルのカメ好きの書籍などは後手後手にされてしまう傾向がある。
そもそもの興味の方向が
脊椎動物の解剖学だぁ進化だぁだから仕方ないんだけれど…
スッポンの骨格標本とか作ってるだけじゃなくって、ね。

  
内容はカメ好きのカメ好きによるカメ好きのための本。
極めてマニアックだが可愛い❤
scientificにwhat is ~、飼い方がHow to ~、というコンテンツはほぼ皆無だけれども、
そういう本はこれまでだっていくらでもあったんだし、
逆にこういう本は全然なかったんだから、これで良いのである。
というか、これ立派なカメ文化研究書です。
研究室にこれ見よがしに置いておくと、
やはり特に女性陣がかなり惹かれるようで、好評でした。


ちなみに、
個人的にこの人の絵にはかなりお世話になったんだよな(笑)。
 
引っ越してきてから、くーた君に会えないのが寂しいです…


<<weblog内関連記事LINKS>>

 ・23rd. birthday, and:
 『Narn i Chîn Húrin』"フーリンの子ら"
 autumn of reading: 第18回 神保町ブックフェス

 ・
palaeo-skeletalis: 『大恐竜展 知られざる南半球の支配者』 @ 大阪市立自然史博物館



ποστ σχριπτ:20100704

みのじさんより『カメが好き』紹介記事の紹介記事に載せていただきましたのでHAPPYであるが故に記事紹介。

 ・みのじネットさん(到首页LINK会在左侧边栏)
  
http://minokame.seesaa.net/article/155351935.html

こうして無限ループが形成されてゆくのか。
どうもありがとうございます。

 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ  にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ


『本』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« palaeo-skeletalis: | TOP | hamontyu: »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (みのじ)
2010-07-04 01:33:49
ご紹介感謝です!!!
骨亀との素敵なお写真、嬉しいです。
これもご自身で作られたんでしょうか。
骨格標本亀を作ってみる。なーんてコーナーも作りたかったですが、マニアック過ぎるので止めました。

クータくんを活用して下さっていたとは、嬉しいですー。
こちらの記事、ブログからリンクさせて頂きました。よろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます☆ (LOKI:(fantasia*diapsida))
2010-07-04 14:47:43
いや~良い本は布教しないと(笑)。
この記事の写真にある骨はすべて本物から自分で取り出したものです。
一方は鍋の食べ残しから、一方は外来種駆除から。
一度は両方とも全身組立標本だったのですが、かなりスペースをとるので今はバラバラです。
確かにカメ骨格標本作製計画はこの本には合わないかも…?(汗)

だってクータくん可愛いじゃないですか☆
現地では人気でしたよ♡
せっかくなのでこちらからも紹介記事LINKさせていただきます。よろしくお願いします。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL