幻の我が家

趣味で撮った写真を公開しつつ日記も書けたらいいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴーヤとバラとミニトマト

2013-08-02 19:34:24 | 園芸
8月になってゴーヤは実も順調に成長し
心配していたアップルゴーヤも
やっと緑のカーテンの役割を果たせるようになったので
実を育て始めたので順次収穫可能なサイズまで大きくなってきているけれど
アップルと銘打っているだけあって丸々と膨れた実がなり
長細く実のなるゴーヤとしては独特な感じ
見た目と名前のインパクトはあるけれど…
味は白ゴーヤの割には苦味が普通の緑のゴーヤと変わらない印象

定番のゴーヤチャンプルは豚肉多めにして島豆腐でなんとか食べられるかな
食べても食べても次々と食べごろになる上に
今年初めてのエコゴーヤは葉が小さいけれど実も小さくて
いつが食べ頃かわからないので

気を抜くと熟して破裂しちゃっているんだよね(汗)
見た目は綺麗なオレンジで一見美味しそうなのに
まったく甘みがなく実もボソボソで不味いのが残念

バラは病気にもならずに良い感じに育ち
かなの葉が増えて風通しが悪くなってきたので
剪定して少しさっぱりさせたら
ここのところの梅雨のような天候のせいなのか黒星病が発生
慌てて最近撒いていなかった薬を散布
日差しのない日に散布できたのはよかったけれど
うまく収まってくれるといいんだけれど…

ミニトマトは毎日数個ずつ食べ頃の実ができ
毎日の食卓で使えるので良い感じ
見た目は悪くないし味も美味しいけど
皮が固めで売り物のようには育たないものね
水やりを抑えて甘さが増すように育ててみたかったけど
ここまで暑い日が多いと乾燥しすぎて枯らせてしまいそうで
TVで見たような乾燥させてギリギリの水分で育てて
甘味を増したトマトに育てるのはさすがに素人にはできなさそう
それと、実の底が黒くなって腐ったようになってしまう症状が
ビギナーズトマトで蔓延して
せっかく赤く熟しても黒く腐ったようになってしまい
食べる気がおきない状況
葉にも日焼けしたようなシミが多く出て
病気かな?と心配になって調べたら尻腐れ病らしく
他の葉に出ている症状も踏まえると過肥料ぽい
トマト用の培養土で育てつつ実が生りだした時に
追肥で固形の化学肥料を撒いて
さらに初めの実が色づき出した時に液肥を撒いたので
固形肥料と液体肥料を撒いた時期が近すぎたのか
培養土説明をしっかり読まなかったので
もしかしたら追肥は必要なかったのかもな~
ただ、並べて育てているビギナーズは症状が酷く
食べられないくらいになってしまっているけど
トゥインクルの方は一部に尻腐れ病が出てはいても
食べられる実もあるから
同じ場所で育てているのに
症状にかなり違いが出ているのが気になる
撒いてしまった肥料をどう回収するかも悩みどころ
ビギナーズの実が早く食べられるようになると良いんだけどね~
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーヤとホテイ草とミニトマト | トップ | ゴーヤとバラとミニトマト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

園芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

アップルゴーヤ 食べ方 (年間トレンドまとめと最新ニュースチャンネル)
年間トレンドまとめと最新ニュースチャンネル