超・B型的生活

わがまま、自己中、マイペース・・・・・・B型を語る言葉は数あれど、所詮人間ってそんなもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

四国ツアー最終回の巻。

2007年05月21日 | Weblog
やっとこさ、旅の終盤戦を書かせていただきます。

何日にも分けて書くのもツラいかな・・・と思って
長めの紀行文っぽい仕立てでやってきたが、
もうそろそろ、記憶のほうが限界に近づきつつある・・・

ではでは、再度気合を入れていこう。


道後温泉からやっとのことで抜け出て、2泊目のネカフェへ。
本日のお宿?はメディアボム パルティ衣山店

地図上では、国道437号線を道なりに西へ走っていると左手に
見えるはず・・・はず・・・ん?ないやん。
決死の覚悟でUターンをしてもう一度、反対車線から探すことに。

こういうときはまたもやコンビニに頼るわたし。
プリントアウトのマップを手に店員さんに道を尋ねるのも
年季がはいってきたなぁ。
「ギンギラギンのパチスロ店のところを曲がってください」
・・・・・・!!ああ、あったねぇ、そんなパチスロらしき建物!よっしゃ!


どうやら、今夜のネカフェはショッピングセンターの中にあるらしい。
シネコンやら居酒屋やらと同じ敷地にあるもんだから、
駐車場がとにかく混んでおります、祝日だもんね。
ぐるぐると10分くらい場内を流して、やっと止められた。
今夜はテレビが見たい気分だったので、テレビ席をチョイス。

さっそくニュースステーションを見ようかいな、とチャンネルを
合わせると
「免許とりたての若者、軽四で事故死」
なかなかハデにぶっ潰れたクルマの映像が、ドーンと映った。
・・・キツい映像。
ここまで無事だったのも何かのご加護か?
明日もあるぜ、安全運転のために早く寝ましょ・・・
とは思ったが、コミックにハマって1時過ぎに就寝。


翌朝、ゆっくりと8時近くにネカフェを出て、ゆるゆるっと
国道196号線に入る。
この国道は、地図上では海岸線に沿って走っているのだが、
これまた「道路特定財源」のおかげで?だろうが
西条バイパスというご立派なバイパスがありまして・・・
松山市~西条市はあんまり楽しくない単調な道が続く。

ほんとうはゆっくりと今治まで北上する予定が、
バイパスのせいで(60Km制限だったもんで)思わずガンガン
走ってしまった。

やっと海が見えてきたところで、道の駅を発見。
風早の郷 風和里

ここで朝食のパンをかじりつつ、九州の友人にTEL。
ちょっと海のほうでも眺めに行ってみますか・・・
やはり高知の太平洋と違って、愛媛の瀬戸内海はほんわりと穏やか。
しばらくしてクルマに戻ろうとすると、なんだか
「動物園」のような異臭があたりを漂っており・・・
数人の人たちが、水を流しながらなにかをデッキブラシでこすっていて・・・

むむっ、なんじゃ?これカメやんか?!



瀬戸内の道の駅に、朝からデカい陸ガメ登場の図。
しかし、カメって、こんなにクサいもんだったのね

カメに未練をのこしつつ?駐車場を出ようとしたら、
係員さんに「松山のほうに行かれるんですか?」と尋ねられる。
???「いいえ、今治のほうへ行きますよ」と応えると
「ああ、よかったです、今さっき松山方向で事故があったみたいですよ」
・・・来るときにはそんな事故なんかなかったから、
休憩してる間に起こったのねー。くわばらくわばら。


左手に海岸線を望みながら、順調に走らせると、あっという間に
今治市に到着。
どどーんと、車線がやたら広く多くなる。
これって、しまなみ海道のおかげなんだろうねぇ。

この旅の最終目的地をいよいよ目指そう。
四国第57番札所 栄福寺

なぜに突然ここでお遍路?と思いきや、こちらのお寺さんには
お若い住職さんがいらっしゃいまして、その方が
「坊さん。」というコンテンツを
「ほぼ日刊イトイ新聞」にて公開していらっしゃるんです。
うちのPCを購入して以来、ずっとこのページを愛読しているもんで、
一度、住職さんのお寺に行ってみたいと思っていた。
およそ5年越しの念願が叶ったことになる。

国道を逸れて、田んぼや畑がのどかに広がる道を走る。
しばらく行くと、狭い横道に看板が。ずんずん進むと
ますます道が狭くなる。なかなかシブいところにありますねー。
最後にせっま~い上り坂を上がって、お寺さんに到着。




境内に入ると、ものすんごく「朗々とした」うまい読経が聞こえた。
お遍路さんの中に、本職のお坊さんが混じっていたのだ。
そりゃ、うまいわな。プロやし

お参りをさせていただいて、お守りでも・・・と売り場らしきところに
行ってみると、どうやら、こちらのご住職がいらっしゃる様子。
本を読んでおられました。想像していたとおり、朴訥そうな方。
おさるさんのマスコットのついたストラップ型お守りを購入。
(「苦難さる」守りらしい。)
ついでに、ちょっとお声がけを・・・

「こんにちは、いつも拝見しております、坊さん。さん、ですよね?」

一瞬、きょとんとしておられたが、こういう声の掛けられ方にも
大分慣れてきていらっしゃるかも?
少しだけ、お話をすることができました


さてさて、これで「見るべきものは見た」ので、帰るとしますか。
帰りは、今治IC~しまなみ海道で尾道へ抜けて、国道2号線。

ま、橋が何本もかかっているから多少は楽しめるが、
基本、高速は好きじゃない。
途中、せっかくだからということで瀬戸田SAに立ち寄る。




柱の字は、こちら瀬戸田の地元の有名人・平山郁夫画伯の筆のようである。
そういや、この先の因島はポルノグラフィティのふるさとだなぁ。
最近、あんまり見ないケド・・・?

SAを出ると、もうノンストップで、とっとと家路につくことに。
本州に到達してすぐの辺り~福山市街地までは、何度か通った経験から
かなりコワい道路なので
(トンネルが連続、合流が多数ありのバイパスなのです)
交通量がなるべく少ないうちに通過してしまいたい。
「無事帰る・・・無事帰る」祈るような気持ちで走る。


午後0時すぎ、無事に我が家に辿り着きました!
総走行距離・およそ630Km。
今回もまた、検問にもかからず、事故にも巻き込まれることなく、
盗難に遭うこともなく、無事に戻ってくることができたことに感謝!
愛車よ、よくぞトラブルなく走ってくれた!

この旅から帰って来て気付いたこと。
「バックで車庫入れが一発できるようになった」
成長したなぁ。ワタシ・・・

ながながとお付き合いいただきまして、どうもありがとー
旅日記、これにておしまい。
次は夏休み。どこに行こうか計画中・・・









ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あこがれの道後温泉 | トップ | 砂の城 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (最強の)
2007-05-21 22:43:12
お疲れ様でした。
ボクのふるさと、因島を通過したんですね。
ちなみにボーカルだったか、岡野って人の写真屋さんはうちの爺ちゃんちの坂下りたところにあります。
未だに「祝!紅白初出場!」の横断幕がかかってます(笑)。
お疲れさん! (nagaise2002)
2007-05-22 00:52:03
一緒に旅している気分だったよ
よく630キロ走り終えましたね、お見事!
いいねえ、愛車との旅、運転っていいよね。
私はまだ怖さがつのって遠出はできないけど

ブログもこれからも続けておくれ、
毎日更新が楽しみだったのよ
文章にすると何でも二度楽しめますよ、
長くなるとときに苦痛もあるけどね・・・

ありがとー! (berryfields1970)
2007-05-22 12:50:12
コメくださった、最強の5番さん、nagaise2002ちゃん、どうもありがとー
これからも、ネタがあって体力もあるときは?更新するからねー

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
お遍路 (今治バリバリリンク集)
54番 近見山・延命寺から、55番 別宮山・南光坊、56番 金輪山・泰山寺、57番 府頭山・栄福寺、58番 作礼山・仙遊寺、59番 金光山・国分寺までが今治市内の札所です。 坊さん。57番札所24歳住職7転8起の日々。 ほぼ日刊イトイ新聞  8つの木の玉 ...