脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

息子よ

2017-06-14 23:50:33 | 家族
私が脊髄腫瘍だと分かり、手術を終えた後、

生きてりゃいいよ、と言ってくれた息子ですが、

やはり車椅子になった私をなかなか受け入れることが出来ないのだろうか。

家の事はほとんど手伝ってくれない。

男の子だし、娘ほど頼りになるとは思っていないし、大学3年で部活もやり、教職課程も専攻していて夜勤のバイト。

忙しいのかもしれないけれど、夜遅くに帰ってきてもご飯が出来ていること、

お弁当が作ってあること、

部活のユニフォームが洗濯されていること、

それを身体の不自由な私がやっていること、

もう少しわかってほしい。

もう少し、家族のことを考えられる優しい子だと思っていたのに、

私からは、自分中心に世界が回ってるような人間にしか見えない。

家族の愚痴を書くのは本当にお恥ずかしいのですが、親として情けない気持ちでいっぱいです。

もしも、その原因が私が障害者になった事だとすれば切ないです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体調日記 | トップ | 車椅子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (k・I)
2017-06-15 10:08:00
過呼吸かぁ~ 思いもよらなかったです。
これからは突然きても慌てず対処できそうです。
ありがとうございました。

娘は優しい言葉や行動で示してくれるけど息子が高・大学生の頃はやはり難しかったです。
口を開いたかと思えば、「ご飯、お金」
でも大震災の時は1番先に駆けつけてくれたっけ。
社会人になったら普通に心配してくれて車いすも押してくれました。
息子さん、今は青春真っ盛りで気持ちが外に向いているし素直に言えない照れもあるのでは。
この間ベリーさんが話していたみたいに、ちょっとした事でも満面の笑顔で「ありがとう」ってかえしてみたらどうかな、コツコツと。
必ず心に響くと思う。
Re:こんにちは (ベリー)
2017-06-16 13:13:49
k・lさん、ありがとうございます。
もう大学生なんだからしっかりして欲しいと思ってしまうんですよね。
なんか男の子って心配です。あ、うちの子だけかもしれませんが 笑。

いざという時は少しくらい頼りになるのかしら。
Unknown (Takarabito)
2017-06-17 01:54:48
そんなことないですよ。私も20才そこそこの時はそうでした。親にどれほど大事に育ててもらっていたのか。気づいたのは自分が親になってからです。ちゃんと気づいてくれるその時まであとちょっと。社会人として巣立っていくまで見届けましょ。
Re:Unknown (ベリー)
2017-06-18 22:22:59
Takarabitoさん、コメントありがとうございます。
もう20歳。まだ20歳。
手の離しどころが難しいですね。
そうですね。気づくのは今すぐにではなくてもいいかもですね。
なんかちょっと楽になりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL