* day by day *

悲喜こもごも。
1リットルの涙と100カンデラの笑顔。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さみしいミカン

2006年02月10日 13時34分05秒 | Weblog
毎年、ミカンを半分に切って木の枝に刺している。冬枯れした山では、野鳥の食べ物もなくなるだろうと、数年前から始めた。メジロやホオアカが枝に刺したミカンをついばむ姿はとても愛らしいものだ。大きなヒヨ鳥が近づくと怖がって飛び立ってしまうが、ヒヨ鳥が去ると、また小さな鳥がやってくる。せっせとミカンの補給をするというのが例年だ。
ところが、ところが、だ。去年11月末から、鳥が1羽もやってこない~~。枝に刺したミカンは食べられることなく、干からびて地面に落ちている。なぜに~~~!
カラス?雑食で頭のキレる凶暴なカラスが大量に増えたせいかも。宅地造成をするために、山が切り開かれ、木は伐採され、寝床をなくしたカラスたちは、木のあるほうへと移動する。寝床を確保したカラスたちは住宅地のゴミ回収日を知っていて(そうとしか思えない!)、住宅地付近の電線に止まって、エサにありつけるのを待っている。ススメがカラスに追いかけられているような光景を見たこともある。今や、住宅地はカラス天国?・・・
カラスはただたくましく生きているだけなんだろうけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある高校では | トップ | Hello Baby »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (でふぁ~)
2006-02-11 15:31:52
雑食だしね。。。

京都の山。。。高雄からまだ先へ行った小さい集落で鷹かトンビだか茶色いのが烏を追っかけているの見た事有るよ。。。

烏に限らないけど鳥って飛ぶ時身体を軽くするのに糞をするから電柱のそばを通る時には上を見てご注意を電柱の下に白い烏の糞を良く見かけるでしょ
共生 (berry)
2006-02-14 13:59:31
カラスだけを悪者にするつもりはないけど、

あの姿を見ると眉をひそめたくなるのは、

カラスにいいイメージがないからかなぁ。

映画とかだと、ホラーやオカルトものに

登場してくる不吉な象徴がカラスだもんね。



♪~からす なぜ鳴くの からすは 山に

  かわいい七つの子があるからよ~~



くらいじゃないのかな、かわいいカラスは。



共生するのって、難しいねぇ。
Unknown (かなっぺ)
2006-02-14 16:51:29
家は鴨川のすぐそばなんだけど、野鳥はよくみますよ。

ゆりかもめも今は来てるし、最近では散歩してると「トンビが襲ってくるので、かわらでの食事には注意してください」との看板がでていました。

それに、信号待ちのときにハトが電線にたくさん止まってるので、糞おとされないか心配...カラスはそれにくらべるとかわいいものです♪鴨もいるし、かわせみもみれるし、暖かくなってきたらうぐいすも鳴く練習をしにくるかなぁ?

家の辺りではやはりハト天国かも・・・
平和の象徴 (berry)
2006-02-25 15:14:31
カワセミが見られるなんて、すごいっ!

子どもが小学生だった頃に、友人数人とPTAの保護者クラブとして『バードウォッチング』クラブをつくったんですよ~。そのときに、カワセミを見たという小さな池(水溜りのデカい版かな)に何度か行ったんだけど、出会わなかった~~、残念!なかなか見られない鳥だと聞いてたのに、かなっぺちゃんは「かわせみも~」って?いいなぁ~~。



ハトは平和の象徴ってことで、カラスよりかは大切にされてるような気もするけど、実際は糞公害に悩まされてるかもね~。どこだったかで、ハトをたくさん飼っていて(住みついたのかな?)、近所の人たちの顰蹙をかってたっていうニュースがあったよね。こうなると、鳥公害の象徴だったりして。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
破壊された山 (湘南のJOHN LENNONの独り言)
謹賀新年 破壊された山 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という 内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られる ソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。 想像以上に山が切り崩され、緑が失われて ...