berreoy's blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

一分鐘把脈揪隱性房顫

2017-06-20 12:08:17 | 日記

一分鐘把脈揪隱性房顫
出現氣促、心悸、頭暈和胸口痛,可能患上心房顫動(房顫)。心臟專科醫生指出,心房顫動患者的中風機會比一般人高出五倍,惟多數病徵難以察覺,超過半數患者更無任何病徵,令人防不勝防。香港心臟專科學院昨呼籲,長者及高血壓等高危人士,原來平日可以透過一分鐘「把脈」篩查,檢測脈搏跳動規律,找出隱藏的房顫個案。

長者及三高人士可以藉一分鐘把脈,檢查脈搏跳動規律。左為蕭頌華。(關琛詩攝)
心臟專科醫生陳藝賢昨表示,當心房發生顫動時,會形成血塊,血塊隨血管遊走到腦動脈,會造成堵塞,導引中風。房顫患者中風機會高五倍,超過四成病人中風後始發現原來患房顫。隨著年紀愈大,心臟退化程度愈高,患房顫的比例愈高。患糖尿病及高血壓者,因心臟壓力較高,肌肉變得纖維化,容易引起心動顫動,屬高危一族。
倘疑患病 應照心電圖
港大醫學院內科學係臨床教授蕭頌華表示,市民除可 透過照心電 圖等方法檢 測房顫外 ,亦可在 普通科門診,要求醫生進行簡單把脈檢查,或在家自行把脈。方法是將三隻手指平放於拇指下方的手腕位置,或按手臂上的肱動脈,若發現脈搏跳動不規律,或於一分鐘內速度跳動超過一百次,屬懷疑房顫個案。不過,把脈結果僅作初步參考,懷疑患房顫的市民,應盡早求醫,進行照心電圖等詳細檢查。
陳藝賢     運動心電圖可確診心房顫動的情況。(資料圖片)
蕭續指,歐洲多個國家已有指引,建議門診醫生為六十五歲以上人士把脈,檢查脈搏規律。英國早在十多年前亦有研究指出,把脈能檢測到患者的房顫發病率,與照心電圖的效果相若。
專家倡納入業界指引
據本地普查顯示,去年本港市民房顫發病率為百分之零點七,即約五萬多名市民患病。隨著人口老化,估計到二○三○年,患者人數將上升超過五成,至八萬多人。香港心臟專科學院倡議,將把脈篩檢納入業界指引,以盡早找出隱性房顫個案,減低患者中風危機。
原文地址:http://orientaldaily.on.cc/cnt/news/20170620/00176_080.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 準備掘金!跳繩隊加強難度跳... | トップ | 昆明國際花卉展開幕 多國鮮花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。