きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら

本当に本気で生きてゆきたい。

海を食べて   (スピッツ)

2013-06-30 13:52:00 | 日記
旅先で土地の市場に行き

その土地の新鮮な魚介類や野菜を見るのが好きだ。

大きな岩ガキと

ベニズワイガニをみつけ

その場で買い

そのまま海に持っていき

調味料をつけないで


素材の味をそのまま豪快に楽しむ。


生きてることを実感する。















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バリ島の宗教感

2013-06-27 22:14:42 | 日記
インドネシアの全てが安易にイスラム教になっていったのに

バリ島だけ強いコミュニティが存在し

ヒンズー教的な仏教が残ってしまった。

独自の文化だ。

バリ島のコミュニティは、強くホームレスは、一人もいない。

彼らの哲学は、学べるところがある。

ネガティブを否定しないことだ。

ネガティブは、社会にも人間にもある

それを悪いと否定しない。

同時にポジティブだけも異常で危ない

と感じるらしい。

そねバランスをとるのが

Power オブ スマイル だそうだ。

これをすることで事態が悪化しない

知恵をもっている

ちょうど鳥が飛ぶように

ネガティブ ポジティブを

バランスをもって飛ぶのだ

バリの若者は、写真にあるように

いつもスマイルを欠かせない









エホバの証人もこの異教徒のスマイルのPowerを

見習う必要があるかもしれない。


ネガティブがいけないという教えは

人をおかしくする


ネガティブを認めて断罪しないことだ。


そういえば、クライン兄弟が

私たちは、だれも妬みをもってる

妬みをもっていないふりをしてはいけない


とギレアデで昔話したことがあった。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

銀座のイタリア人の女の子から教わったこと

2013-06-25 18:03:07 | 日記
銀座のイタリアの店に会社の人と

入った

はきはきした日本語を話す

日本に来て四年になる

イタリア北部からきた

女の子が働いていた。

夜はイタリア語の先生になるらしい。

その子が

日本語で頑張りますっていうから

イタリア語で頑張るってなんていうか

聞いてみたら

ありませんって

強いていうなら


フォルツェ フォルツェ

でもそんな風に圧力を他人にかけないらしい。

強いていうなら

チャオ チャオ と気軽にいう

さらに

お疲れさまです。のイタリア語もない

らしい。

文化の違いと言ってたけど

分かれ間際に

頑張ってください。

挨拶に

疲れてないのに

お疲れさまです。

っていう日本の文化は異常だ。

これからは、

チャオ チャオ でゆこう。




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

人に迷惑をかけない人生

2013-06-25 08:13:00 | 日記
飛行機に乗って

隣に上質な鞄が

その隣に白髪の貴婦人が上品に窓をみている。

このフライトの間

最低限人に迷惑をかけないように

座席でお利口さんしなければならない。

迷惑かけないように努力して

この貴婦人と言葉をかわすことなく

羽田で永遠に別れる。

人に迷惑かけない人生とはそうういう


意味だ。

人生になにも起きない

日本人は、この


人に迷惑をかけない信条が遺伝子に

しみついている

日本人のエホバの証人も同じだ

会衆で迷惑かけないように努力しているエホバの証人がどれだけ多いことか

そして、浅い広い人間関係に疲れてる




自分は

いっぱい人に迷惑をかける人生

を生きてゆきたい


真横に見える青い空と

下界をさえぎる暗い雨雲


その下で人に迷惑かけない日本人の社会が蠢いてる。


シベリウスの交響曲

ユージン オーマンディ指揮

フィラデルフィアシンフォニーで聴きながら




考える


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

終わりまで耐え忍ぶ 何を耐え忍ぶ

2013-06-25 05:13:22 | 日記
アンソニーモリスのはなしをきいたひとは、

また、エホバの証人の多くのひとは

マタイ24:13の終わりまで耐え忍んだ人は救われる
のは
次の
14節のよいたよりの伝道と結びつけて

伝道を耐え忍んだ人

イコール

不活発な人にならない

イコール

モリス的には

老人ホームにはいっても

15分は一月に伝道時間を入れろ

的な考えになってる

果たしてイエスは、伝道の業を耐え忍んだ人といいたかったのだろうか?

11 And many false prophets+ will arise and mislead many;+ 12 and because of the increasing of lawlessness+ the love of the greater number will cool off.+ 13 But he that has endured+ to the end* is the one that will be saved.+ 14 And this good news+ of the kingdom+ will be preached* in all the inhabited earth* for a witness* to all the nations;+ and then the end*+ will come.

多くの偽預言者がでて多くのひとを惑わす

偽預言者は、昔から神の民内部の指導者をさしてる

不法が増すため多くの人の愛が冷える

不法は、テサロニケの手紙の不法の人という言葉がさすように

宗教的な不法をさしている

神の民内部の不法が増すため

多くの人

信者の愛が冷えると読めないだろうか?

つまり宗教的な誤導や

信者の中で愛が冷える

そうした状況で

しかし、


終わりまで耐え忍んだ人が救われるとなる

しかし、という接続詞は、前のことを

否定してしかしだ。

だから、終わりまで耐え忍んだ人は、

伝道を耐え忍んだ人でなく

神の民内部の宗教的な誤導や内部の不法行為

内部の冷たい愛

と読んでゆけば

とても元気になれる

そうした神の民内部の冷たい問題を

耐え忍んだ人が救われると

考えてみたら

ヨセフもダビデも

神の民外部の敵でなく

内部の同じエホバを拝んでいた

兄弟たちの不法や愛の欠如に苦しみ


耐え忍んだ人だ。


そして、王国のこのよいたよりが全地で同時進行てきに伝道されている

耐え忍んだ状況に無関係に

イエスは、誰がそれをするか賢明に特定しなかった。

全地で伝道してるのは、

いま


エホバの証人だけでない


モルモン教も
セブンスデーも
ほかのキリスト教団体も全地で伝道
している

そうした一般的な現象をさしてるのでないか?

丁度不法行為をしたヨセフの兄弟たちが通常の牧羊したり

ダビデ以外のイスラエルが通常の軍隊任務についていたように

今日の朝

この理解が得られた




今から東京に飛行機に乗る

今日の10時ころ銀座を歩いている

紅茶を一緒に飲みたい人がいたら

一時間じかんがあります。

グーアドレスに連絡ください。




ダビデ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加