きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら

本当に本気で生きてゆきたい。

高校の頃の昼食

2012-10-31 21:09:03 | 日記
まだ、エホバの証人という団体を知らなかった高校一年生のとき、1人でいまが終わりの日だという独善的な結論に孤独な苦しみをかかえていた。

科学に信頼がおけないように感じて、
高校の昼休みには、聖書を只管読んでいた。

終わりの日だというのに、悠長に食事をすることにも罪意識を感じて

学校に、お弁当をもってゆかず
椎の実を15粒ひらい、それを剥いて

ゆっくり甘みを噛み締めながら

終わりの日をどのように生きてゆくべきか悩んでいました。

秋になり、椎の実を見ると、あのときの気持ちを思い出します。



写真は、ドングリです。椎の実ではありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボロはきててもこころは、

2012-10-31 05:19:17 | 日記
10代のころ、聖書を読んで
クリスチャンとは、外見でなく
こころが清い人だというイメージを
勝手に強くもっていました。

だから歌謡曲にある

ボロは着てても

こころはぁ~にしきぃ~

という歌詞に烈しく励まされていました。

イエスは、外見でなく内面を見ていて
くれる…。その知識だけで充分だったのです。


地域監督とかに会うときは、

地域監督がイエスと同じ見方ができるか試すために、わざと醤油のついた折れ目のないズボンを履いて会いにゆき、眉をしかめるか観察するという極端な行動にでてました。

そんな自分でしたので、奉仕の僕の推薦状が二回も十代のころ、出されましたが二回とも却下されました。

だんだん組織は、こころの状態を真摯にみる姿勢でなく、外見をかなり判断材料にしてることがわかってきました。

そうした、悪い文化を作ってきたのが

日本支部にもあると思います。

田舎者の巡回監督が支部事務所にゆき、
お金のないはずのベテルの職員が
ブランドの靴、ネクタイ、スーツ、カバンなどに身を固めていることをしります。

そして、地方の兄弟たちが、そうしたものに頓着しないのを見て、ベテルでは、決して安物を身につけていない
ブランドを買ってるというのを食事招待の時にコッソリと話す。

それをきいたその思考を持った人が、正当化してしまう…

かれらが、自分たちのブランド思考を
正当化する唯一の根拠となる聖句が
イエスの内衣は、兵士たちが、くじでわけなければいけないほど高価だったことを一応に示してゆく。

ボロはきててもこころは錦の

地域監督や巡回監督は、本当に数えるくらいしかいないと思います。


支部委員の調整者の

池畑兄弟は、ボロは着ててもこころは

錦の類の兄弟だと思います。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ギュンター クンツ兄弟の日本支部へのアドバイス

2012-10-30 21:16:41 | 日記
yuraさんのコメントにドイツ支部委員で20年近く前に地帯訪問したクンツ兄弟の懐かしい名前を見ました。
yuraさんが、感動してましたようにみつかいの存在に洞察を与えるあっと驚くような話です。

そのクンツ兄弟の日本支部委員へのアドバイスのひとつに、日本の兄弟は、話し方の点で進歩しているように見えますが、仲間の真似をして進歩してるよう錯覚してるのでは、ないかという
洞察力のあるアドバイスでした。

そのアドバイスに、感動して地元の会衆に巡回監督が訪問してる週の奉仕会の発表で、支部でクンツ兄弟がアドバイスした内容を会衆に余話として話してしまいました。

おまけに

真似をしてという表現の前に

サルをつけて


さる真似といってしまったのです。

そのときの巡回監督がカチカチ山の意地悪猿そっくりの容貌の

上に諂い下に厳しくいうタイプの巡回監督だったもんだから、その猿みたいな顔のわらじのような脂ぎた禿げ頭がみるみる猿のお尻みたいに真っ赤になり劣化のごとく怒りはじめた。

日本人の兄弟は、猿真似で進歩し、

自分の内面からの主体性がないことに。


大会でも二世の子達がどのように話したら用いられるか、理解してるので
猿真似金太郎飴状態の一見やさしそうな言葉使いの中身のない話し手が
広まったように思います。


それにしても、ヨーロッパの兄弟たちは、キリスト教の歴史に深く根ざしたエホバの証人でも、アメリカにない素晴らしいセンスがあるように思います。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ハリケーン サンディ ニューヨーク直撃

2012-10-29 22:14:49 | 日記
ハリケーン サンディのニュースが報じられていますが、避難勧告の37万人の地域が丁度ブルックリン本部も含まれています。ブルックリン本部職員も避難勧告に従って避難したのだろうか?

あの辺りは、海のすぐそばだから高潮になれば、コロンビアハイツの事務棟が危ないと思います。

ニュース経過が気になります。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

日本のエホバの証人 研究生の問題

2012-10-29 15:00:14 | 日記
これも、また王国宣教学校で取り上げられた話題だけど

研究司会者と研究生という

縦社会が異常なのが、日本のエホバの証人の実態だ。

司会者が研究生にとって絶対の存在になってしまう。

司会者の良心が善悪の基準になってしまい組織ぐ明言していない分野の口伝伝承が地方に広まってしまう。

集会も司会者の隣に座らされ、他の兄弟姉妹から囲ってしまう。

王国宣教学校では、一旦集会にきたら
司会者と研究生という考えでなく
会衆全体で育ててゆく考えが強調されていてその通りだと思います。

それに、研究生という呼び方事態が

差別用語になっている。

⭕⭕さんと呼んだ関係が望ましい。

いずれにしても、司会者が司会している人の人生を全部決めるかのような、傲慢な接し方は、感心しない。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加