きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら

本当に本気で生きてゆきたい。

外注の嵐に晒される ベテルと一般信者

2016-09-15 06:05:49 | 日記
検索で



depositphotos


と検索してみよう。















するとこのいちばん上をクリックする









検索を動画にする









検索の言葉 バイオリン 少女 といれてみる









そうしたら地区大会で泣いたあの動画がでてくる




























音楽はこちらから










こうしてあのときに感動した涙が



世の人によって作られた映像と音楽に乗せられた


安っぽい涙だったことに気がつくのだ。




もはやエホバの証人の信仰の根幹のひとつの




楽園も世の人のイマジネーションを借りなければ


感動的になれないエホバの証人の信じ方




そこまで脳なしになっている


現代の映像見るだけクリスチャン



いったい何処にゆくのだろう。



ベテル奉仕者はいま外注の嵐についてゆくのが


たいへんなようだ。



映像によってふりまわされる一般信者はどうなるんだろう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想像がつく信者がいますか | トップ | 散歩で出逢って »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (folia)
2016-09-15 17:31:10
こんにちは。

2012年位?
エホバの証人 ― 信仰を実践する人々,第1部: 闇から光へ



大会の帰りのバスで
発表ほやほやのそのDVD
を兄弟が流していました。

私は、きらっきらの目で見ていました。

その後、離れてから
テレビで深夜に映画を観ました。
魔法を扱うもので、
当時、未だ罪悪感を持って観ていたのを
覚えています。

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

流れている曲を聴いて
ショックを受けました。

あの時のDVDと同じ曲だと思いました。

DVDの中の
「光を輝かせる新しい手段」
の部分
(残り25分位からの部分)


似ていただけかなと
思いましたが、
今回、この記事を機に
DVDを、jw orgで見ました。
そして、
確認する、調べてみる
ことをする程度には、
jwに関係するものに触れるのに
抵抗を感じないのだと
自分自身の変化に
気がつきました(^_^)


http://youtu.be/1kXQgV1cEwE




Re:Unknown (bereshit007)
2016-09-15 18:26:50
それは初耳です。

曲のサイトがわかりますか?
Unknown (folia)
2016-09-15 22:45:17
こんばんは。

長編のビデオです。

jw orgのビデオライブラリーで
すべてのビデオから
エホバの証人の組織を選択します。


映像の背後に流れている曲と

先に貼った2007年のアメリカ映画
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
のサントラ、酷似。

エホバの証人が
見るはずのない魔法の映画。

耳に自信のある方聴き比べてみてください。
わたしの個人的な感想かも
しれませんから。









コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL