きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら

本当に本気で生きてゆきたい。

わたしは社会に適合しなかった

2017-06-18 18:32:58 | 日記
次から次へ


仲間の兄弟が親身に紹介してくれた


仕事をやめらされてしまうのに


兄弟たちは呆れ返った。


わたしは仕事が嫌いだった。


仕事をするまがあれば聖書を研究したかったのだ。


わたしは人生について考えたかった。


仕事が苦痛だった。


仕事により自分から考える時間が奪われることに



激しく憎悪した。


金はなかった。



ガリガリに痩せていた。


たべものがなくとうじ55キロしかなかった。




わたしは自分で社会の不適合者のように感じ



どうしたらお金をもらえる仕事があるのか


不思議で不思議でならなかった。



仕事できるひとをスーパーマンのようにみえたのだ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二番目の仕事 | トップ | 三番目の仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL