アドラムの洞窟 Adullam to a cave Ihave loved them (Jehovah)

30年以上エホバの証人の世界にいて、今一歩離れた所からゆったりと見つめている。

the path

2016-10-12 05:47:55 | 日記
エホバの証人では

猫から杓子まで


しんり がとか

しんり よ とか


しんり は


とかしんり 本人の頭では真理と転換され


組織のいうことがみな真理と安易に洗脳されてしまう環境にある



エホバの証人のほとんどが時間とともに変更されてしまう人間の作り出した教理なのだが

真理のひとことで終わってしまう。



エディたちの宗教では真理とは呼ばないで


光 ライト

で全て片付けてしまう。


思考停止させてしまう言葉だ


ひかりはという主語をだされたら


信者たちはまっこうから否定する勇気を失ってしまう。


エホバの証人が真理はといわれたら


否定したら


こちらが真実でなくなるみたいで

難しい事態にたたされてしまうのだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« the path カルとエディの対決 | トップ | 宗教的な忌避 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思考停止ですね (かもめ丸)
2016-10-12 14:46:08
「真理」の一言で片付ける。
簡単で、しかもそれを口に出した人は優越感を感じるのでしょうね。
「霊的」と「肉的」とか「王国第一」とか、状況に応じて自在に使える言葉も豊富です。
聖書を学んで神に「理性による神聖な奉仕」を捧げるより、犬のしつけのように簡単な言葉で行動の基準を植え付け、物を考える暇もないほど「奉仕」で疲弊させて完全に支配下に置く。
つくづくカルトは怖いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL