きょうを生きて living in a moment

毎日 死ぬ直前までひとは生きている。

どうせ死んでおわる人生なら

本当に本気で生きてゆきたい。

ドレミの歌の歌詞の悲しい背景

2017-07-14 12:29:24 | 日記
いま徹子の部屋で知ったこどが


ペギー葉山のインタビューで


広島の戦争の貧しかった時代をはなしていた。


学校の先生が


餓えていた小学生にいま食べたいものを書きなさい


と言って


たいていの子供はおむすびの絵を描いたが


ペギー葉山はドーナツの🍩の絵を描いたよう。


お母さんが作ってくれたもので1番食べたかったものだそうだ。


それが後にドレミの歌で



ドはドーナツのドになったそうだ。


それは戦争のひもじさから生まれた憧れの


ドだった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 哀しみのアダージョ | トップ | T'en vas pas »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL